ジャベリン (対戦車ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FGM-148 ジャベリン
Army-fgm148.jpg
発射されたFGM-148 ジャベリン
種類 対戦車ミサイル
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製造 マーティン・マリエッタテキサス・インスツルメンツ
(現在はロッキード・マーティンレイセオン
性能諸元
ミサイル直径 127mm(ミサイル)、142mm(LTA)
ミサイル全長 1.1m(ミサイル)、1.2m(LTA)
ミサイル重量 22.3kg
(6.4kg(CLU)+4.1kg(LTA)+11.8kg(ミサイル)
弾頭 8.4kgタンデム成形炸薬弾頭
射程 65(ダイレクトアタック)/150(トップアタック)-2,000m[1]
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線画像(IIR)・自律誘導
テンプレートを表示

FGM-148 ジャベリン英語: FGM-148 Javelin)は、アメリカ合衆国ドラゴン対戦車ミサイルの後継として開発された歩兵携行式多目的ミサイル


概要[編集]

FGM-148のバックブラスト(発射時の後方への爆炎)
弾着の様子

主な目標は装甲戦闘車両であるが、建築物野戦築城、さらには低空を飛行するヘリコプターへの攻撃能力も備える。完全な「撃ちっ放し」(ファイア・アンド・フォーゲット)機能、発射前のロックオン・自律誘導能力、バックブラストを抑え室内などからでも発射できる能力などを特長とする。

ミサイル弾道は、装甲車両に対して装甲の薄い上部を狙うトップアタックモードと、建築物などに直撃させるためのダイレクトアタックモードの2つを選択できる。トップアタックモードでは高度150m、ダイレクトアタックモードでは高度50mを飛翔する。ミサイルは、画像赤外線シーカーと内蔵コンピュータによって事前に捕捉した目標に向かって自律誘導される。メーカー発表によれば、講習直後のオペレーターでも94%の命中率を持つという。

弾頭は、タンデム成形炸薬を備えている。これは、メイン弾頭の前に、より小さなサブ弾頭を配置したもので、サブ弾頭により爆発反応装甲などの増加装甲を無力化した後にメイン弾頭が主装甲を貫通するように設計されている。

FGM-148は、CLU(Command Launch Unit)と呼ばれる発射指揮装置の部分と、弾薬の部分(LTA(Launch Tube Assembly)と呼ばれる発射筒体と、発射筒に収められたミサイル本体)から構成されている。総重量は22キログラム。発射されたミサイルは圧縮[気体|ガス]]によって発射筒から押し出され、数m飛翔した後に安定翼が開き、同時にロケットモーターが点火される(コールドローンチ方式)。これにより、バックブラストによって射手の位置が露見する可能性を抑え、後方が塞がっている室内などからも安全に発射することができる。ミサイルは完全自律誘導のため、射手は速やかに退避することができる。

運用は1名でも可能であるが、通常は射手と弾薬手の2名で行う。弾薬手は、発射時の周囲警戒も担当する。

開発・配備[編集]

FGM-148を携帯し行軍するアメリカ海兵隊員(アフガニスタン
訓練にて発射されるFGM-148

1983年より開発構想が検討され、1991年に初の試射が行われた。アメリカ軍への配備開始は1996年のことである。

FGM-148の開発・製造はレイセオン社・ロッキード・マーティン社の合弁企業であるJAVELINによって行われ、これまでに20,000基以上のミサイル本体と、3,000基以上のCLU(Command Launch Unit, 分離可能な発射機と照準器のセットで、これによりFGM-148は安全な場所から目標を狙い、離れた場所にある発射機からミサイルを発射するといった運用が可能になる)が納入されている。

2002年には、台湾中華民国)に360基のミサイルと40基の発射機・トレーニング機器・兵站サポート、そして、トレーニングプログラムまでを包括的提供する契約が3,900万USドルで締結された。これは、ミサイル1基あたりにつき10万USドルに相当する。

2001年には、日本の国産対戦車誘導弾として陸上自衛隊01式軽対戦車誘導弾が正式採用された。この新世代の対戦車誘導弾は基本的に中華民国と同様に山地の多い国土に対応するため各種改良が施されているが、基本的にはFGM-148に準ずる性能を持っている。NATOなどとの海外共同演習では、国産ながらその性能の高さが西側各国に賞賛されている。

2003年1月には、イギリス国防省が軽誘導対戦車兵器(Light Forces Anti-Tank Guided Weapon System, LFATGWS)トライアルにおいてFGM-148を採用することを決定した。2005年から旧式のミランからの転換が進んでいる。

歩兵の携行装備の中でも大変高価な装備であるため、世界の軍隊の中でも実射訓練の多いアメリカ陸軍でも訓練にはシミュレーターを使用する。このシミュレーターにおいて好成績を残した者のみが実機での実射訓練を行える[2]

2003年のイラク侵攻作戦(イラク戦争)において初めて実戦使用された。

採用国[編集]

性能[編集]

  • 装甲貫徹力:RHA換算600mm以上
  • 所要時間:発射準備30秒以下、再装填20秒以下
  • 発射指揮装置(CLU)
  • パッシブ目標捕捉・諸元入力
  • 内蔵熱源暗視装置 - 4倍率(昼間)、4倍率または9倍率(夜間)
  • バッテリー有効時間 - 4時間
  • 価格:40,000USドル(ミサイル本体)
    125,000USドル(CLU)

類似のシステム[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FM3-22-37
  2. ^ Lock N' Load -Rockets (ガニー軍曹のミリタリー大百科 ロケット砲)より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]