ペンシルベニア大通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンシルベニア大通りを西から東へ見る
カナダ大使館
ホワイトハウス:ペンシルベニア大通り1600号

ペンシルベニア大通り(ペンシルベニアおおどおり、英語: Pennsylvania Avenue)は、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.の街路で、この都市のメインストリートである。合衆国議会議事堂ホワイトハウスを結んでいて、国民のパレード、あるいはデモなどでなじみの街路である。

道路[編集]

ペンシルベニア大通りは首都・ワシントンD.C.にあるメインストリートで、全長9.7km(6マイル)である。ただし議事堂からホワイトハウスは1.9km(1.2マイル)で、東へメリーランド州、西へヴァージニア州へも続いている。

短史[編集]

ペンシルベニア大通りはピエール・シャルル・ランファンの首都建設計画の中でも、最も早く建設された通りのひとつだった。なぜ「ペンシルベニア」という名称かについては、首都はもともとペンシルベニア州フィラデルフィアにあったのを取り上げたので、その代償にこの名を使ったという説がある。

1832年にマカダム(砕石の上にタールを敷く方式)で舗装して、その後敷石、木のブロックといろいろ試されたが、1876年にアスファルト舗装になった。最近ではバラク・オバマ大統領の2回目の大統領就任式前の2012年11月に、再舗装されている。

通りに添って[編集]

東から西へ向かって、次のような建物、広場などを通過する: [1]

パレードとデモ[編集]

アメリカ合衆国を代表する道路として、大統領就任式後のパレード、世の中に注視してもらいたい賛成・反対のデモなどがペンシルベニア大通りで行われる。

参照項目[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯38度53分37秒 西経77度01分26秒 / 北緯38.893738度 西経77.023901度 / 38.893738; -77.023901