リトアニア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リトアニア軍(リトアニアぐん、リトアニア語: Lietuvos ginkluotosios pajėgos)は、リトアニアの国軍。

歴史と防衛戦略[編集]

リトアニア独立革命後に再建され、1993年にはロシア連邦軍が撤退。2004年3月、リトアニアは他のバルト三国と同時に北大西洋条約機構(NATO)に加盟した[1]。他のバルト三国と同様、ロシアと近接しながら国土面積や人口、経済規模が小さいため、NATOとの協力を重視している。NATOが防空を担っているほか、2014年以降のロシアのクリミア侵攻東部ウクライナ紛争を受けて、ドイツ軍を主体とするNATO多国籍地上部隊が1000人規模で駐留するようになった。2017年2月7日の式典でグリバウスカイテ大統領は「我々はカリーニングラード州での活発な軍事化に直面している。部隊は適切な時期に適切な場所に到着した」と歓迎した[2]

自国の防衛力も強化しており、徴兵制を再導入。ロシアの情報活動を通報するホットラインを設けるとともに、2016年10月にはロシアからの侵攻に備えた民間防衛の手引書を配布した。さらに、西隣にあるロシア領カリーニングラード州との国境130kmに高さ2mのフェンスを設置することも計画している。有事に際しては、カリーニングラード州とロシア寄りのベラルーシに挟まれたポーランド国境(スバルキ・ギャップ)でNATO諸国との連絡線維持を図る戦略である[3]

機構[編集]

四軍[編集]

リトアニア軍は、陸軍、空軍、海軍、特殊作戦部隊の四軍種から成る。

統制機関[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]