ザ・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・タウン
The Town
監督 ベン・アフレック
脚本 ベン・アフレック
ピーター・クレイグ
アーロン・ストッカード
原作 チャック・ホーガン
『強盗こそ、われらが宿命』
製作 グレアム・キング
ベイジル・イヴァニク
製作総指揮 デヴィッド・クロケット
ジョン・ジャッシニ
出演者 ベン・アフレック
レベッカ・ホール
ジョン・ハム
ジェレミー・レナー
ブレイク・ライヴリー
タイタス・ウェリヴァー
スレイン
ピート・ポスルスウェイト
クリス・クーパー
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
デヴィッド・バックリー
主題歌 レイ・ラモンターニュ 『Jolene』(エンディング・テーマ)
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 ディラン・ティチェナー
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
GKフィルムズ
サンダー・ロード・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イタリアの旗 2010年9月8日VIFF
アメリカ合衆国の旗 2010年9月17日
日本の旗 2010年10月31日TIFF
日本の旗 2011年2月5日
上映時間 124分(劇場公開版)
150分(エクステンデッド・バージョン)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $37,000,000[1]
興行収入 $154,026,136[1]
2億3000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ザ・タウン』(The Town)は、2010年公開のアメリカ映画チャック・ホーガンの小説『強盗こそ、われらが宿命』を原作とした犯罪スリラー作品で、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』以来2本目となるベン・アフレック監督作品である。

第67回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション外で上映された。第23回東京国際映画祭で特別招待作品のクロージング作品として上映された。

ストーリー[編集]

広大なアメリカのどこよりも強盗が多発する街。それが、ボストンの北東部に位置するチャールズタウン。そこに暮らす者たちは、愛と憎しみを込めて、その街を“タウン”と呼んでいた。ダグ(ベン・アフレック)は、強盗を親から子へと家業のように引き継がれてゆくこの街から抜け出そうとしていた。しかし、その思いとは裏腹に、今では強盗一味のリーダーに収まり、狭い街角で家族のように血と骨を分け合って育った3人の仲間たちと、ひとつの証拠も残さない完全犯罪に命を張っていた。

その日も綿密な計画に従って銀行を襲撃。だが、逃走するまでの間、予定外の人質を取る羽目になる。人質となった支店長のクレア(レベッカ・ホール)がタウンの住民だと知ったダグは、何を見たのかを確認するため、正体を隠して彼女に近づく。決して交わるはずのなかった2人の出会いは、やがてタウンの人々の運命をも変えてゆく。激しい恋に落ちたクレアとの新しい人生を願うダグ。

だが、FBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)は執拗な追求で一味を追いつめる。一方、タウンを出ていこうとするダグを許さない仲間のジェム(ジェレミー・レナー)。そして、クレアに忍び寄る裏社会の掟。仲間を裏切るか、愛という名の希望を失うのか……。ダグは大リーグスタジアムの襲撃という最も危険な最後の仕事へと向かう。人は生まれ持った宿命から逃れ、人生を変えることが出来るのか・・・?

キャスト[編集]

ダグ・マクレイ
演 - ベン・アフレック、日本語吹替 - 土田大
強盗団のリーダー。元アイスホッケー選手。
クレア・キージー
演 - レベッカ・ホール、日本語吹替 - よのひかり
ダグらが襲った銀行の支店長。
アダム・フローリーFBI捜査官
演 - ジョン・ハム、日本語吹替 - 藤真秀
ダグらの起こした事件の捜査を担当。
ジェームズ・“ジェム”・コフリン
演 - ジェレミー・レナー、日本語吹替 - 阪口周平
ダグとは兄弟同然の幼なじみで強盗仲間。荒っぽい性格で人殺しも辞さない。
クリスタ・コフリン
演 - ブレイク・ライヴリー、日本語吹替 - 花村さやか
ジェムの妹。ダグの元恋人。幼い娘を抱えている。
アルバート・“グロンジー”・マグローン
演 - スレイン、日本語吹替 - 奈良徹
ダグの強盗仲間。運転手。大柄。
デズモンド・“デズ”・エルデン
演 - オーウェン・バーク
ダグの強盗仲間。電気系統担当。
ディノ・シャンパ刑事
演 - タイタス・ウェリヴァー、日本語吹替 - 浦山迅
ボストン警察の刑事。地元出身でダグとは旧知の仲。
ダグからは裏切り者扱いされている。
ファーガス・“ファーギー”・コルム
演 - ピート・ポスルスウェイト、日本語吹替 - 中博史
表向きは花屋。ダグらの親の代から地元を仕切っているボス。
スティーヴン・マクレイ
演 - クリス・クーパー、日本語吹替 - 小川真司
ダグの父親。服役中。

製作[編集]

2008年9月、ワーナー・ブラザースが小説を映画化する為にベン・アフレックと交渉中であることが報じられた[3]。2009年8月末にマサチューセッツ州ボストンで撮影が始まった[4][5]

評価[編集]

北米では公開初週末3日間で2380万8032ドルを稼いで初登場1位となり[6]、また、それだけでベン・アフレック監督の前作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』の累計興行収入を上回った[7]

Rotten Tomatoesによると、94%(191名中180名)の評論家が本作に肯定的な評価を下し、また平均点は10点満点で7.7点となった[8]

第83回アカデミー賞ジェレミー・レナーが助演男優賞にノミネートされた。

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより発売。

  • ザ・タウン ブルーレイ&DVDセット<エクステンデッド・バージョン>(2枚組、2011年7月20日発売・初回限定生産)
    • ディスク1:本編Blu-ray
      • 本編:劇場公開版本編と未公開シーンを追加した本編エクステンデッド・バージョンの2種類を収録
      • 映像特典
        • フォーカス・ポイント
          • 銀行強盗事件の再現
          • チャールズタウン:強盗の温床
          • ノースエンドでの銃撃戦
          • “タウン”に生きる人々
          • 監督/主演 ベン・アフレック
          • ボストンの“大聖堂”フェンウェイ・パーク
        • フォーカス・ポイント機能付き本編(劇場公開版本編のみ、フォーカス・ポイントのアイコン表示箇所でリモコンの決定ボタンを押すと再生可能)
        • 未公開マーク付き本編(本編エクステンデッド・バージョンのみ、劇場公開版と異なるシーンで未公開マークを表示可能)
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督・脚本・出演:ベン・アフレック / 劇場公開版本編、及び本編エクステンデッド・バージョンの両方に収録)
    • ディスク2:本編DVD
      • 本編:劇場公開版本編を収録
      • 映像特典
        • “タウン”に生きる人々
        • 監督/主演 ベン・アフレック
    • 封入特典
      • オリジナルブックレット
  • ザ・タウン ブルーレイ<エクステンデッド・バージョン>(1枚組、2012年4月25日発売)
    • 映像・音声特典:ブルーレイ&DVDセット・ディスク1と同様
  • ザ・タウン DVD(1枚組、2012年4月25日発売)
    • 映像特典:ブルーレイ&DVDセット・ディスク2と同様
  • ザ・タウン <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組、2016年12月21日発売)
    • ディスク1:本編4K ULTRA HD Blu-ray
      • 本編:劇場公開版本編を収録
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督・脚本・出演:ベン・アフレック)
    • ディスク2:本編Blu-ray(既発版と共通)
    • 特製スリーブケース付き

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The Town (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月23日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 211頁
  3. ^ ベン・アフレック、監督次回作決定か?”. シネマトゥデイ (2008年9月19日). 2010年9月16日閲覧。
  4. ^ Gayle, Fee; Raposa, Laura (2009年9月1日). “Ben Affleck, Blake Lively are the talk of ‘The Town’” (英語). Boston Herald. http://news.bostonherald.com/track/inside_track/view.bg?articleid=1194574 2009年9月5日閲覧。 
  5. ^ PopSugar (2009年9月1日). “Blake Gets a Baby Welcome to Ben's Town” (英語). PopSugar. 2009年9月5日閲覧。
  6. ^ Weekend Box Office Results for September 17-19, 2010 - Box Office Mojo” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月30日閲覧。
  7. ^ Ben Affleck Movie Box Office Results” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月30日閲覧。
  8. ^ The Town Movie Reviews, Pictures” (英語). Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2010年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]