S.W.A.T. (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S.W.A.T.
ジャンル 犯罪
サスペンス
アクション
原案 アーロン・ラサーン・トーマス
ショーン・ライアン
出演者 シェマー・ムーア
アレックス・ラッセル
ジェイ・ハリントン英語版
ステファニー・シグマン英語版
ケニー・ジョンソン
リナ・エスコ英語版
デヴィッド・リム英語版
ピーター・オノラティ英語版
作曲 ロバート・ダンカン
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 4
話数 84(各話リスト)
各話の長さ 60分
製作
製作総指揮 ニール・H・モリッツ
アーロン・ラサーン・トーマス
ショーン・ライアン
ジャスティン・リン
ダニエル・ウッドロー
製作 ソニー・ピクチャーズ テレビジョン
CBS Studios
放送
放送チャンネルCBS
放送期間2017年11月2日 (2017-11-02) - 現在
公式ウェブサイト(日本語)
テンプレートを表示

S.W.A.T.』は、2017年11月2日からCBSで放送がスタートしたアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズ。1975年にABCで放送されたTVドラマ『特別狙撃隊S.W.A.T.』のリブート版である。多発する凶悪事件に立ち向かうロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.チームの活躍を描いたポリスアクション。2018年にシーズン2、2019年にシーズン3が放送された[1]

日本ではスーパー!ドラマTVでシーズン1が2018年6月22日から放送された。シーズン2は同じくスーパードラマTVで2019年6月28日から放送が開始された。なお、シーズン3第13話では日本が舞台となる。

あらすじ[編集]

シーズン1[編集]

サウス・ロサンゼルスで銃撃事件が発生し、出動要請を受けた特殊武装戦術部隊S.W.A.T.が現場へ駆けつけるが、チームリーダーのバックが事件とは無関係の黒人の高校生を誤って撃ってしまう。バックは懲戒免職となり、後任として地元で育って住民からの信頼を集める“ホンドー”ダニエル・ハレルソン(シェマー・ムーア)がリーダーに抜擢される。 さらにロングビーチ市警察から新たに配属されたストリート(アレックス・ラッセル)も加わり、新生S.W.A.T.はあらゆる凶悪事件に立ち向かっていく。

キャスト[編集]

メイン[編集]

“ホンドー”ダニエル・ハレルソン
演 - シェマー・ムーア、日本語吹替 - 咲野俊介
元海兵隊の優秀なS.W.A.T隊員。階級は巡査部長。黒人が多く住むサウス・ロサンゼルス生まれで地元の住民から信頼されている。次のボスと目されていたディーコンを抜いて、バックの後任としてS.W.A.T.チームのリーダーに昇進する。当初は本人も戸惑うが、次第にチームリーダーとしての自覚をもつようになる。上司のジェシカと密かに付き合っている。
ジム・ストリート
演 - アレックス・ラッセル、日本語吹替 - 相葉裕樹
バックの推薦でロングビーチ市警察から引き抜かれてロサンゼルス市警察のS.W.A.T.チームに加わる。運転技術は凄腕で有能だが、自信過剰で向こう見ずな性格で、ホンドーやチームメイトたちをハラハラさせる。虐待していた父親を射殺した母カレンは現在服役中で、時々面会に行っている。シーズン1第22話で一旦チームを追われ制服組に戻る。
“ディーコン”デヴィッド・ケイ
演 - ジェイ・ハリントン英語版、日本語吹替 - 加藤和樹
チームメイトから信頼を寄せられている冷静沈着なベテランS.W.A.T.隊員。次期チームリーダーと目されていたが、ホンドーにその座を奪われる。最初は失望を隠せないが、次第に事実を受け止めホンドーの良き相談相手となる。3人の子どもの良き父親で愛妻家でもある。
ジェシカ・コルテス
演 - ステファニー・シグマン英語版、日本語吹替 - 本田貴子
警察署長の下でS.W.A.T.に指令を出すS.W.A.T.隊員の直属の上司。階級は警部。メキシコ移民ながらも若くして警部に出世したキャリアウーマンで時に非情な決断も下す。ホンドーとは密かに交際しており、上司と部下との恋愛は公表すべきだと理解してはいるが、2人の関係が公になるとどちらかがS.W.A.T.チームを辞めねばならなくなるため思い悩む。
ドミニク・ルカ
演 - ケニー・ジョンソン、日本語吹替 - 西村太佑
祖父の代からS.W.A.T.チームの一員という筋金入りのベテラン隊員。ロサンゼルス市警察の腕相撲チャンピオンで、自信過剰の新入りストリートを簡単に倒した。韓国語を少し話せるなど意外な一面も見せる。
“クリス”クリスティーナ・アロンゾ
演 - リナ・エスコ英語版、日本語吹替 - 種市桃子
S.W.A.T.チームの紅一点。屈強なチームメイトの中では小柄だが、実地訓練でも好成績を出すなど、チームメイトに決して引けを取らない実力の持ち主。警察犬も担当している。第1シリーズの終盤で犯人が浴びせたVXガスを浴びて生死をさまようが駆けつけた仲間により事なきを得る。
ヴィクター・タン
演 - デヴィッド・リム英語版、日本語吹替 - 手塚ヒロミチ
3年前にハリウッド地区の麻薬課から転属になったS.W.A.T.隊員。麻薬課勤務時代に培った情報提供者とのコネを活かして現在の捜査にも役立てている。
ジェフ・マムフォード
演 - ピーター・オノラティ英語版、日本語吹替 - 白熊寛嗣
ロサンゼルス市警察のもうひとつのS.W.A.T.チームのリーダー。ホンドー率いるチームを何かとライバル視しており、ことあるごとに対立する。
ロバート・ヒックス
演 -パトリック・セント・エスプリト英語版、日本語吹替 - 上田燿司
ロサンゼルス市警特殊作戦局の上級官。階級は警視。
パイパー・リンチ
演 - エイミー・ファリントン英語版
ロサンゼルス市長室付きの警察官。階級は警部補。S3-1まではハリウッド署に属しており以前ヴィクター・タンの上司だった。最初はSWATのメンバーとは険悪の関係であったが徐々に関係は良好となっていく。

S.W.A.Tメンバーの装備 (S1)[編集]

ホンドー・チームはヘッケラー&コッホ社のHK416(10インチ)をメインにM1911(コルト・ガバメント)をキンバー社がカスタムしたキンバーカスタムTLE / RL IIをサイドアームとして装備する。

ルカとマムフォードのチームはHK MP5A3

ハレルソン

【メインアーム】

HK416:10インチバレル

マグプル CTRストック、マグプル PMAG、DBAL D2レーザー、フラッシュライト、Trijicon ACOGスコープ、マグプル AFGグリップ

【サイドアーム】

キンバーカスタムTLE / RL II

ストリート

【メインアーム】

HK416:10インチバレル

マグプル CTRストック、マグプル PMAG、DBAL D2レーザー、フラッシュライト、Trijicon MROサイト、マグプル RVGグリップ

【サイドアーム】

キンバーカスタムTLE / RL II

ケイ

【メインアーム】

HK416:10インチバレル

マグプル CTRストック、マグプル PMAG、DBAL D2レーザー、フラッシュライト、Trijicon MROサイト、マグプル RVGグリップ

【サイドアーム】

キンバーカスタムTLE / RL II

タン

【メインアーム】

HK416:10インチバレル

マグプル CTRストック、マグプル PMAG、DBAL D2レーザー、フラッシュライト、EoTech 552(Trijicon SRSサイト)、マグプル RVGグリップ

【サイドアーム】

キンバーカスタムTLE / RL II

アロンゾ

【メインアーム】

HK416:10インチバレル

マグプル CTRストック、マグプル PMAG、DBAL D2レーザー、フラッシュライト、Trijicon MROサイト、マグプル RVGグリップ

【サイドアーム】

キンバーカスタムTLE / RL II

ルカ

【メインアーム】

HK MP5A3 : RIS

DBAL D2レーザー、フラッシュライト、Trijicon MROサイト、マグプル AFGグリップ

【サイドアーム】

キンバーカスタムTLE / RL II

エピソード一覧[編集]

シーズン一覧[編集]

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
1 22 2017年11月2日 (2017-11-02) 2018年5月17日 (2018-5-17)
2 23 2018年9月27日 (2018-09-27) 2019年5月16日 (2019-5-16)
3 21 2019年10月2日 (2019-10-02) 2020年5月20日 (2020-5-20)
4 18 2020年11月11日 (2020-11-11) 2021年5月26日 (2021-5-26)

シーズン1 (2017年 - 2018年)[編集]

  • 日本初放送日:2018年6月22日 -
通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 1 S.W.A.T. 緊急出動! Pilot ジャスティン・リン 2017年11月2日 (2017-11-02) 674[2]
サウス・ロサンゼルスで起きた銃撃事件の応援要請を受けてバック率いるS.W.A.T.チームが出動する。犯人の1人を追いかけたバックは、誤って黒人少年を撃ってしまう。バックの部下ホンドーは、撃たれた少年を自ら病院に運び、少年は一命をとりとめる。翌日、S.W.A.T.チームの責任者ヒックスはバックを懲戒免職処分とし、ホンドーを新たなリーダーに任命すると記者会見で発表する。
2 2 クチーヨ Cuchillo ビリー・ギアハート 2017年11月9日 (2017-11-09) 659[3]
裁判所に護送された4人の犯罪者が、保安官代理になりすました男の手引きで脱走した。4人の中の1人はスペイン語で「ナイフ」を意味する「クチーヨ」と呼ばれる凶悪犯で、手引きをしたのは従弟ラモンだった。ホンドーとマムフォードのチームは、競い合うながら脱走犯たちを追い詰めるが…。
3 3 パミリヤ Pamilya ビリー・ギアハート 2017年11月16日 (2017-11-16) 626[4]
ヘロイン取引の情報が入り、麻薬組織のアジトに踏み込んだS.W.A.Tチームは、体内にヘロインを飲み込んで閉じ込められているフィリピンからの移民を発見する。発見直後にその中の1人が泡を吹いて危篤状態に陥る。一方、ストリートは刑務所に入っている母のカレン( シェリリン・フェン)から電話を受ける。彼女はストリートの父を殺した罪で服役していた。
4 4 アメリカ育ちのテロリスト Radical グレッグ・ビーマン 2017年11月23日 (2017-11-23) 584[5]
爆発事件が発生し、出動要請を受けたホンドーたちは現場に駆け付ける。爆破現場はアパートの2階が吹っ飛び、マヤという女性ががれきの下敷きになったが無事救出される。発見された遺体は、爆弾を作っていたと見られるアダム・ジャレットという男子学生。現場では爆弾製造に必要な材料が大量に見つかり。アダムがジハード系のWebサイトを閲覧していたことからテロリストの可能性が高まる。
5 5 制服を着た犯罪者 Imposters ガイ・ファーランド 2017年11月30日 (2017-11-30) 671[6]
高級住宅街にあるワトソン家の豪邸にS.W.A.Tを装った4人組の強盗が侵入する。犯人が逃走した後、父親はホンドー・チームを犯人と間違えてゴルフクラブで殴りかかってきた。被害に遭ったのは、ワトソン夫妻と高校生の娘デジレー。ホンドーは彼らが何かを隠していると感じる。
6 6 潜入捜査 Octane イーグル・エギルッソン 2017年12月7日 (2017-12-07) 625[7]
ロングビーチ署時代に潜入捜査をしていたジムは、高級車を狙う窃盗団に偽名を使って再び潜入捜査を開始し、窃盗団の取引相手がユルゲン・リクターであることを突き止める。リクターはスピリチュアル系でカルトを信奉する男だったが、ジムは、死んだ母と交信していると嘘を言って信用させて、取引をまとめる。ジムはホンドーたちが待機する取引場所に向かうが、そこで別のギャングに襲われ、リクターのアジトに連れ去られてしまう
7 7 家族の絆 Homecoming ジョン・ショウォルター 2017年12月14日 (2017-12-14) 645[8]
ホンドーの地元で銃撃事件が発生し、ギャングのメンバー3人が射殺される。一方、ホンドーは、服役中の元ギャングのボス、リロイから呼び出される。疎遠になっている息子のダリルがギャングの殺害現場を目撃したことを知ったリロイは、旧知の仲のホンドーに息子を守って欲しいと依頼する。ホンドーとディーコンがダリルに会いに行くが、ダリルは反抗的な態度をとる。
8 8 ミラクル Miracle ホリー・デイル 2017年12月21日 (2017-12-21) 628[9]
クリスマスを前ににぎわいを見せるロス市警では、小児医療センター建設のための募金パーティー開催中に違法なバーで銃撃戦が発生したという知らせが入る。チームが休暇に入っているため、マムフォードのチームに加わったホンドーは、S.W.A.T.の仕事ぶりを自分の目でみたいと言う警察委員長のプランクに同行して、現場へ向かうのだが…。
9 9 死角 Blindspots ビリー・ギアハート 2018年1月4日 (2018-01-04) 621[10]
モトクロス・バイクに乗った3人組が、合法ドラッグ店を襲う強盗事件が発生、居合わせた客2人が殺害される。かつて、似たような手口を扱ったことのあるタンは、当時の情報屋で恋人でもあったアリーに連絡をとる。一方、ホンドーは見ず知らずの男から暴行されたと訴えられ捜査から外される。
10 10 プリズン・パニック Seizure ラリー・テン 2018年1月11日 (2018-01-11) 638[11]
民営の刑務所で暴動が発生する。3つのギャングが3つのブロックを占拠。刑務所を訪れていた作業員たちや、カウンセリング目的で訪問していたシスターと神父たちが人質に取られ、ホンドー・チームも3組に分かれて対応に当たる。看守や受刑者たちと接触していく中で、ある事実が明らかになる。
11 11 コリアタウン K-Town オマール・マダ 2018年1月18日 (2018-01-18) 602[12]
ギャング「ゴールデン・ボーイズ」の大ボスをあぶり出すため、ホンドーたちは、DEAと合同捜査を行い、ホンドー・チームが強盗のふりをしてコリアタウンにある麻薬密造所を襲撃、1キロあたり50万ドルもするフェンタニルを50キロ盗み出す。DEA捜査官KCは、ホンドーとは旧知の仲だった。強奪に動揺するギャングたちの電話を傍受したことで銀行の頭取エディ・リーという男が浮かび上がるが、リーの死体が発見される。
12 12 化学テロ Contamination エロディ・キーン 2018年2月1日 (2018-02-01) 623[13]
ホンドー・チームは、港で密輸の摘発を行い、シアン化合物を発見する。荷を受け取る予定だった2人組の男は、押収の様子を遠くから見ていたが、その場を車で立ち去る。しばらくして2人組は車のナンバー切れを理由に女性警官のドナから職務質問を受けるが、助手席の男が発砲しドナは大怪我を負ってしまう。彼女はクリスの友人で過去にS.W.A.T.の試験に落ちた経験があった。
13 13 高い壁 Fences アレックス・グレイヴス 2018年3月1日 (2018-03-01) 532[14]
ホンドー・チームは、ギャングのトロ・オチョアを捕らえる為、移民局と協力してアパートを捜索する。ストリートは、現場から逃走した男カルロスを捕らえるが、カルロスのIDを移民局の連邦職員に渡す場面を動画に撮られてしまう。動画は拡散され、カルロスの妹がTVに出演して不当逮捕だと抗議する。一方、ホンドーはコルテスと抱き合っているところをプランクに見られてしまう。
14 14 死んだはずの男 Ghosts ジョン・ショウォルター 2018年3月8日 (2018-03-08) 557[15]
非番のルカは公園で2年前死んだと思われていた連続殺人犯「美形キラー」らしき男を見かける。ルカは間違いなく殺人鬼だと主張し、当時救出した被害者の女優ケリを保護する。ホンドー・チームは再調査を開始し、ルカが見たものが「亡霊」ではないことを突き止める。
15 15 ピットクルー Crews ハネル・M・カルペッパー 2018年3月29日 (2018-03-29) 526[16]
SWATとFBIのタスクフォースが捕らえようとしている強盗の情報を捜査している間、ホンドーの親友で情報提供者のクレイグが謎の死を遂げる。コルテスはタスクフォースの指揮を執るFBI捜査官デュボアの判断力に疑問を覚え、彼女が鎮痛剤依存になっているのではないかと推察し調査を始める。
16 16 復讐 Payback ビリー・ギアハート 2018年4月5日 (2018-04-05) 505[17]
資産家の娘ジュリエットがボディーガードの目の前で誘拐される。元海兵隊のボディガードも彼女を守るために負傷するが、容疑者としても疑いをかけられる。ホンドー・チームが捜査を進めていく中、容疑者がボディガードと同じ民間セキュリティー会社のメンバーであることを突き止める。
17 17 武器庫 Armory ロブ・J・グリーンリー 2018年4月12日 (2018-04-12) 531[18]
SWATチームは家族を人質にとった元ギャングの構成員ルセロを逮捕するが、彼は一瞬の隙をついて逃走。コルテスとプランクを人質に取り、SWATの武器庫内で籠城してしまう。彼の要求は妹を見つけ、身柄を確保することだった…
18 18 パトロール Patrol ノルベルト・バーバ 2018年4月19日 (2018-04-19) 532[19]
チームは日常業務であるパトロールに励んでいた。ホンドーと妹は病気の父をLAに移住するよう説得し、クリスとマンフォードは銃乱射事件を追い、タンとストリートは盗まれた警察無線を探し、ディーコンとルカは心身に悩みを抱える子どもたちの施設見学を案内する。ルカは見学者の癇癪持ちの女の子が「失読症」であると見抜いたのだった。
19 19 情報源 Source ダグ・アーニオコスキー 2018年4月26日 (2018-04-26) 522[20]
内部告発者からの情報提供を元に様々な企業や人物の暗部を暴いているロシアの女性ジャーナリストを保護するようチームは命じられる。行動の自由を盾にチームの隙をついて、情報提供者とのコンタクトを取ろうとした彼女だったが、意図しなかった暗殺団との市街戦に巻き込まれけが人を出してしまう。捜査を進めていく中で、彼女を狙う集団がVXガスによるバイオテロを目論んでいることを突き止める。
20 20 報復 Vendetta ビリー・ギアハート 2018年5月3日 (2018-05-03) 509[21]
EP11「コリアタウン」の続編。エピソードの最後に登場したジェ・キムをホンドーは元麻薬取締官のKCとともに調査を続けていた。市の職員との密会している現場をとらえ、フェンタニルの摘発で資金繰りの苦しくなったジェ・キムが、市の職員を買収し、土地の評価額を不正に上げ、銀行から2500万ドルの融資を受けたことを知る。
21 21 山狩り Hunted ニーナ・ロペス=コラード 2018年5月10日 (2018-05-10) 554[22]
バイカー族「マークス」が対立するライバルを立て続けに襲撃する事件が発生した。ディーコンはパトロール警官時代の先輩ホーキンスを訪ねる。ホーキンスは「マークス」に潜入捜査をしていた経験があり、現在は引退して山奥に引きこもっているが、キャビンには彼の姿はなく、兵士姿の男達からホンドー・チームは突然の襲撃を受ける。
22 22 ヘイトクライム Hoax ビリー・ギアハート 2018年5月17日 (2018-05-17) 603[23]
人質立てこもりの通報を受け、ホンドー・チームが現場へ急行。遅れてきたジムは、初出勤を迎えた母カレンを送りに行ったために遅れたと言い訳する。チームは家に踏み込むが、通報はイタズラだったことがわかる。だが部屋の中から爆弾の材料が見つかり、時間との戦いを強いられる。コルテズもプランクが州知事に立候補したことをテレビ放送で知る事になる。

シーズン2 (2018年 - 2019年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
23 1 揺れる街 Shaky Town ビリー・ギアハート 2018年9月27日 (2018-09-27) 470[24]
24 2 ドラム缶 Gasoline Drum ジョン・ショーウォルター 2018年10月4日 (2018-10-04) 521[25]
25 3 炎上 Fire and Smoke ビリー・ギアハート 2018年10月11日 (2018-10-11) 540[26]
26 4 同胞の罪 Saving Face ビル・ロー 2018年10月18日 (2018-10-18) 549[27]
27 5 SOS S.O.S. ラリー・テン 2018年10月25日 (2018-10-25) 536[28]
28 6 ネバー・アゲイン Never Again マーク・ロスキン 2018年11月1日 (2018-11-01) 522[29]
29 7 遺産 Inheritance ロメオ・ティローン 2018年11月8日 (2018-11-08) 513[30]
30 8 ティファニー・エクスペリエンス The Tiffany Experience ガイ・ファーランド 2018年11月15日 (2018-11-15) 513[31]
31 9 休日 Day Off レクシー・アレクサンダー 2018年11月29日 (2018-11-29) 520[32]
32 10 クリスマスの明暗 1000 Joules デヴィッド・ロドリゲス 2018年12月6日 (2018-12-06) 534[33]
33 11 学校 School ビリー・ギアハート 2019年1月3日 (2019-01-03) 599[34]
34 12 メキシコ潜入 Los Huesos アレックス・カリムニオス 2019年1月10日 (2019-01-10) 591[35]
35 13 アンコール Encore ロブ・グリーンリー 2019年1月31日 (2019-01-31) 568[36]
36 14 Bチーム The B-Team マヤ・ヴルヴィロ 2019年2月7日 (2019-02-07) 496[37]
37 15 腐敗 Fallen ガイ・ファーランド 2019年2月14日 (2019-02-14) 559[38]
38 16 プライド Pride ニーナ・ロペス=コラード 2019年2月21日 (2019-02-21) 547[39]
39 17 カージャック Jack デニス・スミス 2019年3月7日 (2019-03-07) 558[40]
40 18 誘惑 Cash Flow ビリー・ギアハート 2019年4月4日 (2019-04-04) 473[41]
41 19 地元の絆 Invisible ジョン・ターレスキー 2019年4月18日 (2019-04-18) 509[42]
42 20 ロケット燃料 Rocket Fuel ローラ・ベルシー 2019年4月25日 (2019-04-25) 501[43]
43 21 暗鬱な日 Day of Dread アルリック・ライリー 2019年5月2日 (2019-05-02) 500[44]
44 22 絶望の果てに Trigger Creep オズ・スコット 2019年5月9日 (2019-05-09) 502[45]
45 23 人民裁判 Kangaroo ビリー・ギアハート 2019年5月16日 (2019-05-16) 575[46]

シーズン3 (2019年 - 2020年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
46 1 空からの脅威 Fire in the Sky ビリー・ギアハート 2019年10月2日 (2019-10-02) 403[47]
47 2 妄信 Bad Faith マーク・ロスキン 2019年10月9日 (2019-10-09) 373[48]
48 3 偽札 Funny Money アルリック・ライリー 2019年10月16日 (2019-10-16) 356[49]
49 4 免責 Immunity ジャン・ターナー 2019年10月23日 (2019-10-23) 376[50]
50 5 ロングビーチ The LBC リン・オーディング 2019年10月30日 (2019-10-30) 343[51]
51 6 フリーダム Kingdom デヴィッド・ロドリゲス 2019年11月6日 (2019-11-06) 384[52]
52 7 サーキット Track バタン・シルバ 2019年11月13日 (2019-11-13) 309[53]
53 8 身代わり Lion's Den ビリー・ギアハート 2019年11月20日 (2019-11-20) 376[54]
54 9 人身売買 Sea Legs グレッグ・ビーマン 2019年11月27日 (2019-11-27) 523[55]
55 10 モンスター Monster ガイ・ファーランド 2019年12月11日 (2019-12-11) 481[56]
56 11 バッド・コップ Bad Cop ベン・ヘルナンデス・ブレイ 2020年1月15日 (2020-01-15) 366[57]
57 12 グッド・コップ Good Cop ガイ・ファーランド 2020年1月22日 (2020-01-22) 339[58]
58 13 液体らしく Ekitai Rashiku ビリー・ギアハート 2020年1月29日 (2020-01-29) 445[59]
59 14 憎悪 Animus ハネル・M・カルペッパー 2020年3月4日 (2020-03-04) 347[60]
60 15 ノックアウト Knockout ビリー・ギアハート 2020年3月11日 (2020-03-11) 419[61]
61 16 父と息子 Gunpowder Treason ポール・バーナード 2020年3月18日 (2020-03-18) 401[62]
62 17 ホテルLA Hotel L.A. ローラ・ベルシー 2020年3月25日 (2020-03-25) 382[63]
63 18 汚名 Stigma ビリー・ギアハート 2020年4月8日 (2020-04-08) 385[64]
64 19 風紀課 Vice オズ・スコット 2020年4月22日 (2020-04-22) 476[65]
65 20 賞金稼ぎ Wild Ones シェリー・ドヴォラック 2020年4月29日 (2020-04-29) 503[66]
66 21 ディアブロ Diablo ダグ・アーニオコスキー 2020年5月20日 (2020-05-20) 482[67]

シーズン4 (2020年 - 2021年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
67 1 3世代の17歳 3 Seventeen Year Olds ビリー・ギアハート 2020年11月11日 (2020-11-11) 275[68]
68 2 監視 Stakeout ビリー・ギアハート 256[68]
69 3 非情なる組織 The Black Hand Man ダグ・アーニオコスキー 2020年11月18日 (2020-11-18) 225[69]
70 4 逆恨み Memento Mori ダグ・アーニオコスキー 2020年11月25日 (2020-11-25) 339[70]
71 5 砕け散った心 Fracture オズ・スコット 2020年12月9日 (2020-12-09) 388[71]
72 6 偽りの神の声 Hopeless Sinner チャーリー・ヴォラック 2020年12月16日 (2020-12-16) 406[72]
73 7 復讐の炎 Under Fire ジャン・ターナー 2021年1月13日 (2021-01-13) 328[73]
74 8 聖戦 Crusade ビリー・ギアハート 2021年1月27日 (2021-01-27) 308[74]
75 9 残された者たち Next of Kin チャーリー・ヴォラック 2021年2月17日 (2021-02-17) 299[75]
76 10 執着 Buried ポール・バーナード 2021年3月3日 (2021-03-03) 362[76]
77 11 ポジティブ・シンキング Positive Thinking ガイ・ファーランド 2021年3月10日 (2021-03-10) 284[77]
78 12 家族の闇 U-Turn ラリー・テン 2021年3月24日 (2021-03-24) 371[78]
79 13 罪深き父親たち Sins of the Fathers ガイ・ファーランド 2021年4月7日 (2021-04-07) 310[79]
80 14 報い Reckoning マヤ・ヴィルヴィロ 2021年4月21日 (2021-04-21) 306[80]
81 15 正義の味方 Local Heroes ジャン・ターナー 2021年5月5日 (2021-05-05) 311[81]
82 16 立てこもり Lockdown マヤ・ヴィルヴィロ 2021年5月12日 (2021-05-12) 296[82]
83 17 それぞれの選択 Whistleblower チャーリー・ヴォラック 2021年5月19日 (2021-05-19) 313[83]
84 18 真実は勝つ Veritas Vincit ビリー・ギアハート 2021年5月26日 (2021-05-26) 317[84]

日本語版スタッフ[編集]

  • 翻訳 - 杉田朋子、岸田恵子、大野万紀
  • 演出 - 依田孝利
  • 調整 - 山本隆行
  • 日本語版制作 - 東北新社

批評[編集]

Rotten Tomatoesによれば、シーズン1の評価は48%であり、27のレビューの平均得点は10点中4.59点である。同サイトの総評としては、「シェマー・ムーアの威厳と愛嬌を兼ね備えた演技があってもなお、S.W.A.T.は依然としてお決まりのパターンの単純かつ機械的な繰り返しに留まっている」とのことである[85]Metacriticにおいては、12件のレビューの加重平均で100点満点中45点である[86]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『クリマイ』シェマー・ムーア主演、『S.W.A.T.』がシーズン2へ更新決定!” (2018年3月19日). 2018年3月19日閲覧。
  2. ^ Porter, Rick (2017年11月3日). “'Will & Grace' adjusts up, 'Sheldon' and other CBS shows adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月3日閲覧。
  3. ^ Porter, Rick (2017年11月10日). “'Big Bang Theory' and 'Thursday Night Football' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月10日閲覧。
  4. ^ Porter, Rick (2017年11月17日). “'Supernatural' and NFL adjust up, 'Young Sheldon' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月17日閲覧。
  5. ^ Porter, Rick (2017年11月28日). “Primetime NFL adjusts up on Thanksgiving: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  6. ^ Porter, Rick (2017年12月4日). “'Supernatural,' 'Big Bang Theory' and NFL adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月4日閲覧。
  7. ^ Porter, Rick (2017年12月8日). “'Supernatural' and NFL adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月8日閲覧。
  8. ^ Porter, Rick (2017年12月15日). “'Thursday Night Football' adjusts up, still at season low: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  9. ^ Porter, Rick (2017年12月22日). “'Young Sheldon,' 'Great News,' 'SNL Christmas' adjust up, 'S.W.A.T' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。
  10. ^ Porter, Rick (2018年1月8日). “'The Four,' 'Will & Grace,' everything else unchanged: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月8日閲覧。
  11. ^ Porter, Rick (2018年1月12日). “'Big Bang Theory,' 'Young Sheldon' and 'The Four' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月12日閲覧。
  12. ^ Porter, Rick (2018年1月22日). “'Grey's Anatomy' adjusts up, 'The Four,' 'Scandal' and 'Great News' down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月22日閲覧。
  13. ^ Porter, Rick (2018年2月2日). “'Big Bang Theory,' 'The Four' adjust up, 'Mom' and 'AP Bio' adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  14. ^ Porter, Rick (2018年3月2日). “'Superstore,' 'S.W.A.T,' 'Scandal' and 'AP Bio' adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月2日閲覧。
  15. ^ Porter, Rick (2018年3月9日). “'Young Sheldon,' 'S.W.A.T,' all NBC shows adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  16. ^ Porter, Rick (2018年3月30日). “'Big Bang Theory,' 'Grey's Anatomy' and 'Chicago Fire' adjust up, 'S.W.A.T' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月30日閲覧。
  17. ^ Porter, Rick (2018年4月6日). “'Big Bang Theory,' 'Grey's Anatomy' adjust up, 'Mom,' 'Supernatural,' 'Arrow' down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月6日閲覧。
  18. ^ Porter, Rick (2018年4月13日). “'Big Bang Theory,' 'Grey's Anatomy' and 'Superstore' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月13日閲覧。
  19. ^ Porter, Rick (2018年4月20日). “'Grey's Anatomy' adjusts up, 'S.W.A.T,' 'Supernatural' & 'Arrow' adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月20日閲覧。
  20. ^ Porter, Rick (2018年4月27日). “'Grey's Anatomy,' 'Big Bang Theory,' 'Young Sheldon' and 'Supernatural' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月27日閲覧。
  21. ^ Porter, Rick (2018年5月4日). “'Gotham' and 'Big Bang Theory' adjust up, 'Life in Pieces,' 'Showtime at the Apollo' and 'Station 19' adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月4日閲覧。
  22. ^ Porter, Rick (2018年5月11日). “'Grey's Anatomy,' 'Big Bang Theory,' 'Young Sheldon' adjust up, 'Supernatural' & 'Arrow' down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月11日閲覧。
  23. ^ Porter, Rick (2018年5月18日). “'S.W.A.T' and 'Arrow' finales adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月18日閲覧。
  24. ^ Welch, Alex (2018年9月28日). “'Grey's Anatomy,' 'Big Bang Theory,' and 'Thursday Night Football' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月28日閲覧。
  25. ^ Welch, Alex (2018年10月5日). “'Thursday Night Football' adjusts up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月5日閲覧。
  26. ^ Welch, Alex (2018年10月12日). “'Big Bang Theory' and 'Thursday Night Football' adjust up, 'I Feel Bad' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月12日閲覧。
  27. ^ Welch, Alex (2018年10月19日). “'Big Bang Theory,' 'Superstore,' and 'Thursday Night Football' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月19日閲覧。
  28. ^ Welch, Alex (2018年10月26日). “'Big Bang Theory,' 'Supernatural,' and 'Thursday Night Football' adjust up, 'Will & Grace' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月26日閲覧。
  29. ^ Welch, Alex (2018年11月2日). “'Grey's Anatomy,' 'Superstore,' and more adjust up, 'I Feel Bad' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月2日閲覧。
  30. ^ Welch, Alex (2018年11月9日). “'Thursday Night Football' adjusts up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月9日閲覧。
  31. ^ Welch, Alex (2018年11月16日). “'Thursday Night Football' adjusts up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  32. ^ Welch, Alex (2018年12月3日). “'S.W.A.T' and 'Thursday Night Football' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年12月3日閲覧。
  33. ^ Welch, Alex (2018年12月7日). “'Thursday Night Football' adjusts up, 'Mom' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2018年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月7日閲覧。
  34. ^ Welch, Alex (2019年1月7日). “'The Blacklist,' 'The Orville,' 'Gotham,' everything else unchanged: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月7日閲覧。
  35. ^ Welch, Alex (2019年1月11日). “'Mom' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月11日閲覧。
  36. ^ Rejent, Joseph (2019年2月1日). “'Young Sheldon' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月1日閲覧。
  37. ^ Rejent, Joseph (2019年2月8日). “'The Big Bang Theory,' 'Grey’s Anatomy,' 'Brooklyn Nine-Nine,' all others unchanged: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  38. ^ Rejent, Joseph (2019年2月15日). “'Grey's Anatomy,' 'Mom,' 'S.W.A.T.,' all others unchanged: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  39. ^ Welch, Alex (2019年2月25日). “'S.W.A.T.' and 'The Orville' adjust up, 'Young Sheldon' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月25日閲覧。
  40. ^ Rejent, Joseph (2019年3月8日). “'Station 19,' 'For the People' adjust down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年3月8日閲覧。
  41. ^ Rejent, Joseph (2019年4月5日). “'The Big Bang Theory,' 'Young Sheldon' adjust up, 'For the People' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月5日閲覧。
  42. ^ Rejent, Joseph (2019年4月19日). “'Grey’s Anatomy,' 'The Big Bang Theory' adjust up, 'Supernatural' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年4月19日閲覧。
  43. ^ Rejent, Joseph (2019年4月26日). “'The Big Bang Theory' adjusts up, NFL Draft adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月26日閲覧。
  44. ^ Rejent, Joseph (2019年5月3日). “'The Big Bang Theory,' 'Young Sheldon' adjust up: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧。
  45. ^ Rejent, Joseph (2019年5月10日). “'Grey's Anatomy,' 'The Big Bang Theory' adjust up, 'In the Dark' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月10日閲覧。
  46. ^ Rejent, Joseph (2019年5月17日). “'Paradise Hotel,' 'The Big Bang Theory' finale adjust up, 'Young Sheldon' adjusts down: Thursday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。
  47. ^ Welch, Alex (2019年10月3日). “'Chicago Med,' 'The Masked Singer' adjust up, 'Single Parents,' 'Almost Family' adjust down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月3日閲覧。
  48. ^ Welch, Alex (2019年10月10日). “'Survivor' and 'S.W.A.T.' adjust up, 'SEAL Team' and 'Almost Family' adjust down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  49. ^ Welch, Alex (2019年10月17日). “'Chicago Med,' 'The Masked Singer' adjust up, 'SEAL Team,' 'Chicago P.D.,' 'Almost Family' adjust down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月17日閲覧。
  50. ^ Welch, Alex (2019年10月24日). “'SEAL Team' adjusts down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月24日閲覧。
  51. ^ Welch, Alex (2019年10月31日). “World Series, 'Survivor,' 'Chicago Fire' adjust up, 'Single Parents,' 'SEAL Team' adjust down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月31日閲覧。
  52. ^ Welch, Alex (2019年11月7日). “'Chicago Fire' adjusts up, 'Nancy Drew' adjusts down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月7日閲覧。
  53. ^ Welch, Alex (2019年11月14日). “'Survivor,' 'The Masked Singer,' all others hold: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月14日閲覧。
  54. ^ Welch, Alex (2019年11月21日). “'Chicago Med,' 'Survivor,' everything else unchanged: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月21日閲覧。
  55. ^ Welch, Alex (2019年12月2日). “'Almost Family' adjusts down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月2日閲覧。
  56. ^ Welch, Alex (2019年12月12日). “'Nancy Drew' adjusts down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2019年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月12日閲覧。
  57. ^ Welch, Alex (2020年1月16日). “'The Goldbergs,' 'Criminal Minds,' everything else unchanged: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2020年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  58. ^ Welch, Alex (2020年1月24日). “'Chicago Med,' 'Criminal Minds,' all others hold: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2020年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月24日閲覧。
  59. ^ Welch, Alex (2020年1月30日). “'S.W.A.T.' adjusts down: Wednesday final ratings”. TV by the Numbers. 2020年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月30日閲覧。
  60. ^ Metcalf, Mitch (2020年3月5日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.4.2020”. Showbuzz Daily. 2020年3月5日閲覧。
  61. ^ Metcalf, Mitch (2020年3月12日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.11.2020”. Showbuzz Daily. 2020年3月12日閲覧。
  62. ^ Metcalf, Mitch (2020年3月19日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.18.2020”. Showbuzz Daily. 2020年3月19日閲覧。
  63. ^ Metcalf, Mitch (2020年3月26日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.25.2020”. Showbuzz Daily. 2020年3月26日閲覧。
  64. ^ Metcalf, Mitch (2020年4月9日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.8.2020”. Showbuzz Daily. 2020年4月9日閲覧。
  65. ^ Metcalf, Mitch (2020年4月23日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.22.2020”. Showbuzz Daily. 2020年4月23日閲覧。
  66. ^ Metcalf, Mitch (2020年4月30日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.29.2020”. Showbuzz Daily. 2020年4月30日閲覧。
  67. ^ Metcalf, Mitch (2020年5月21日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.20.2020”. Showbuzz Daily. 2020年5月21日閲覧。
  68. ^ a b Metcalf, Mitch (2020年11月12日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 11.11.2020”. Showbuzz Daily. 2020年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月12日閲覧。
  69. ^ Metcalf, Mitch (2020年11月19日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 11.18.2020”. Showbuzz Daily. 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月19日閲覧。
  70. ^ Metcalf, Mitch (2020年11月30日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 11.25.2020”. Showbuzz Daily. 2020年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月30日閲覧。
  71. ^ Metcalf, Mitch (2020年12月10日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 12.9.2020”. Showbuzz Daily. 2020年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  72. ^ Metcalf, Mitch (2020年12月17日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 12.16.2020”. Showbuzz Daily. 2020年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月17日閲覧。
  73. ^ Metcalf, Mitch (2020年1月14日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 1.13.2021”. Showbuzz Daily. 2021年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月14日閲覧。
  74. ^ Metcalf, Mitch (2021年1月28日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 1.27.2021”. Showbuzz Daily. 2021年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月28日閲覧。
  75. ^ Metcalf, Mitch (2021年2月19日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 2.17.2021”. Showbuzz Daily. 2021年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月19日閲覧。
  76. ^ Metcalf, Mitch (2021年3月4日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.3.2021”. Showbuzz Daily. 2021年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月4日閲覧。
  77. ^ Metcalf, Mitch (2021年3月11日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.10.2021”. Showbuzz Daily. 2021年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月11日閲覧。
  78. ^ Metcalf, Mitch (2021年3月25日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.24.2021”. Showbuzz Daily. 2021年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月25日閲覧。
  79. ^ Metcalf, Mitch (2021年4月8日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.7.2021”. Showbuzz Daily. 2021年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月8日閲覧。
  80. ^ Metcalf, Mitch (2021年4月22日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.21.2021”. Showbuzz Daily. 2021年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月22日閲覧。
  81. ^ Metcalf, Mitch (2021年5月6日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.5.2021”. Showbuzz Daily. 2021年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月6日閲覧。
  82. ^ Berman, Marc (2021年5月13日). “Wednesday Ratings: Solid Victory for NBC; ABC and CBS Struggle”. Programming Insider. 2021年5月26日閲覧。
  83. ^ Berman, Marc (2021年5月20日). “Wednesday Ratings: NBC and Fox Share Victory; ABC Season-Enders All Lag”. Programming Insider. 2021年6月5日閲覧。
  84. ^ Berman, Marc (2021年5月27日). “Wednesday Ratings: NBC and Fox Win; ABC Game Shows Off to a Soft Return; 'Crime Scene Kitchen' Opens on Fox”. Programming Insider. 2021年6月5日閲覧。
  85. ^ S.W.A.T.: Season 1 (2017)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月25日閲覧。
  86. ^ 'S.W.A.T.' (2017): Season 1”. en:Metacritic. en:CBS Interactive. 2018年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]