国家憲兵隊治安介入部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国家憲兵隊治安介入部隊 (GIGN)
LOGO-GIGN.png
創設 1974年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス国家憲兵隊
兵種/任務/特性 対テロ特殊部隊
人員 約380名
所在地 ヴェルサイユ
(イル=ド=フランス地域圏)
標語 S'engager pour la vie
(人命を守るために)
上級単位 国家憲兵総局 (DGGN)
テンプレートを表示

国家憲兵隊治安介入部隊(こっかけんぺいたいちあんかいにゅうぶたい、フランス語: Groupe d’intervention de la gendarmerie nationale, GIGN)(GIGN_2.ogg pronunciation[ヘルプ/ファイル]) は、フランス国家憲兵隊特殊部隊[1]

来歴[編集]

1972年9月に西ドイツで発生したミュンヘンオリンピック事件は、隣国フランスにおいても、大きな衝撃として受け止められた。またこれに先駆けて、フランス国内でも、1969年にジロンド県セスタで発生した人質事件、そして1971年のビュッフェボンタン事件といった凶悪事件が発生していた。セスタの事件は、精神錯乱に陥った父親が、憲兵隊の突入の際に2人の子供を殺害、本人も自殺した。またビュッフェとボンタン事件でも、憲兵隊は国家警察保安機動隊(CRS)と共同で介入したものの、やはり人質の殺害を阻止できなかった[2]

これらの教訓を踏まえて、1971年ごろより、国家憲兵隊は人質救出作戦対テロ作戦を重視した特殊部隊の編成を検討しはじめていた。そして1973年9月にパリで発生した、パレスチナゲリラによるサウジアラビア大使館占拠事件が決定打となった[3]。この事件の際には、国家憲兵隊は施設警備を担当していたにも関わらず、パリ警視庁コマンド対策部隊(BRI-BAC)に対処を任せざるを得なかった[2]

まず同年11月3日、メゾン=アルフォール機動憲兵隊第2/2中隊(EGM 2/2)内に、実験的に地域圏介入コマンド部隊Équipe Commando Régionale d’interventionECRI)が編成された。そして1974年3月1日、これを増強改編して設置されたのが本部隊である[4][5]

編制[編集]

GIGNの隊員

GIGNは人質救出作戦対テロ作戦部隊であり、国家憲兵隊の管内で生じた事案のうち、県憲兵隊や機動憲兵隊などの当該部門では対応が困難なものを取り扱う。フランスの警察制度では都市圏国家警察が管轄していることから、GIGNはそれ以外の地域で発生した事件に対応することになる。空港原子力施設の警備も国家憲兵隊の管轄であることから、ハイジャック核テロリズムへの対処も任務となる。また、国家警察の特殊部隊の作戦が基本的にフランス本土海外県の一部に限定されるのに対し、国家憲兵隊はその他の海外領土や国外でも活動することから、これらの地域での作戦もGIGNの担当となる[6]

1974年の編成当初は、ECRIを発展させてメゾン=アルフォールで編成されたGIGN 1と、機動憲兵隊第9/11空挺中隊を母体としてモン=ド=マルサンに編成されたGIGN 4の2個隊にわかれていたが、1976年、メゾン=アルフォールにおいて1個隊に統合され、1982年にはヴェルサイユに移駐した[4][5]。1984年に空挺介入中隊(EPIGN)が設置されると、これとGIGNを統合指揮する上部機関として特殊安全対策群(GSIGN)が設置されたものの、2007年にEPIGNがGIGNに統合されるのに伴ってGSIGNも解体され、国家憲兵総局DGGN)の直率下に戻った。

当初は、将校5名、下士官82名が、15名ずつの作戦部隊4個と、4名からなる交渉班に編成されていた。2000年代に入ると、上記のEPIGNの統合なども含めて体制が拡充され、下記のような編制となった[7]

  • 作戦参謀部(EMOPS)
  • 管理支援部(EMAS)
  • 介入部隊(FI) - 従来のGIGNであり、主力部隊を構成している。4個隊が編成されており、2個隊は空挺、2個隊は戦闘潜水の訓練を受けている。週ごとに当番隊が指定されており、1個隊は30分待機、更に1個隊が2時間待機の即応体制を維持している。人員81名。
  • 監視捜査部隊(FOR) - 従来のEPIGNの捜索小隊を基幹としており、人員33名。
  • 保安警護部隊(FSP) - 従来のEPIGNの保安警護小隊を基幹としており、人員34名。
  • GSPR分遣隊 - 国家警察と国家憲兵の共同の部隊である要人警護部(GSPR)の隷下に配属される分遣隊。人員29名。
  • 作戦支援部隊(FAO) - CBRNEなどの特殊技術の研究および作戦支援にあたる。人員30名。
  • 訓練部隊 - 人員41名。

人材[編集]

隊員は全員が志願制であり、国家憲兵隊で5年以上の勤務実績があり、かつ勤務実績が優等であったもののみが対象となる。選抜課程は極めて過酷であり、このように厳格な条件をクリアした隊員ですら、合格率は平均7パーセント程度に留まっている。選抜課程を合格した隊員は、10ヶ月の訓練課程を経て部隊に配属される[1]

GIGNは射撃術の優秀さで知られており、射撃訓練課程は他国からの受講生も多い[1]。GIGN隊員は1日300発もの銃弾を費やして射撃訓練を行い、射撃スキルを保っている[1]。全員が狙撃訓練を受け、高い精密射撃能力を備えることから、専任の狙撃手が指定されていないのも特徴である[8]

装備[編集]

GIGNは国家憲兵隊の最精鋭部隊として、標準的な装備品以外にも、多彩な装備を備えている。特にシンボル的な装備とされているのが、マニューリン MR 73回転式拳銃である。この銃は、国家警察では主力制式拳銃として広く用いられていたものの、装弾数の少なさから、国家憲兵隊での採用はごく一部に留まっていた[9]。しかしGIGNではその射撃精度が評価され、狙撃銃では威力過剰となる近距離での狙撃のために、銃身を延長して二脚を装着した専用モデルも装備している[8]

短機関銃としては、H&K MP5のほか、FN P90H&K MP7も装備された。また自動小銃としては、国家憲兵隊で標準的なFA-MASのほか、H&K G36CやH&K HK416も装備されており、H&K AG36グレネードランチャーの装着も可能である[1][8]

活動史[編集]

GIGNは創設当初より頻繁に活動しており、1974年から1985年までに650回以上出動し、500名以上の人質を救出、1,000名以上の犯罪者・テロリストを拘束した。一方、この期間に、訓練中に5名の隊員が殉職している[1][10]。上記の通り、国家憲兵隊のほうが国家警察よりも広い地域を管轄していることもあり、GIGNの出動回数は、国家警察の同種部隊である特別介入部隊(RAID)の3倍に及ぶとされている[8]

またフランス軍の一部として軍事的な作戦を実施する場合や海外での作戦行動に備えて、第1海兵歩兵落下傘連隊(1er RPIMa)第2外人落下傘連隊(2e REP)との連携も重視されている[8]

参加したとされる主な任務・作戦[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f マイク・ライアン 『ヴィジュアル版 世界の特殊部隊―戦術・歴史・戦略・武器』 原書房2004年、88-90頁。ISBN 978-4562037278
  2. ^ a b ロベール・ブルッサール 『人質交渉人―ブルッサール警視回想録』 草思社2002年ISBN 978-4794211842
  3. ^ 笹川英夫 『世界の特殊部隊 戦争・作戦編』 講談社、2004年ISBN 978-4062568838
  4. ^ a b 国家憲兵隊. “Historique” (フランス語). 2016年2月11日閲覧。
  5. ^ a b gign-historique.com. “GIGN : historique du Groupe (1974-1982)” (フランス語). 2016年2月11日閲覧。
  6. ^ Pierre Breteau (2015年11月18日). “RAID, GIGN, BRI : qui fait quoi ?”. ル・モンド. http://www.lemonde.fr/les-decodeurs/article/2015/11/18/raid-gign-bri-qui-fait-quoi_4812824_4355770.html 2016年1月18日閲覧。 
  7. ^ GIGN 『GIGN par le GIGN』 LBM EDITIONS、2012年ISBN 978-2915347944
  8. ^ a b c d e Tomonari Sakurai「パリ司法警察100周年とフランス警察特殊部隊」、『Gun Professionals』、ホビージャパン、2014年3月、 50-59頁。
  9. ^ Société Nationale de l'Histoire et du Patrimoine de la Gendarmerie. “Du pistolet-revolver 1892 au Sig Sauer Pro, 1907-2003 (Armements - Équipements)” (フランス語). 2016年2月6日閲覧。
  10. ^ gign.org. “LE GIGN” (フランス語). 2016年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]