マニューリン MR 73

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マニューリン MR 73[1]
Manurhin-MR-73.jpg
MR 73 Gendarmerie variant
概要
種類 回転式拳銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 マニューリン
性能
口径 9 mm
銃身長 76 mm (3インチモデル)
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 .38スペシャル弾
.357マグナム弾
装弾数 6発
作動方式 シングル/ダブルアクション
全長 205 mm (3インチモデル)
重量 910 g (3インチモデル)
テンプレートを表示

マニューリン MR 73英語: Manurhin MR 73)は、フランスのマニューリン社が1973年に開発した、警察などの法執行機関向けダブルアクション回転式拳銃である。

来歴[編集]

1962年、シャルル・ド・ゴール大統領の元ボディーガードであったレイモン・サシア(Raymond Sasia)がアメリカ合衆国FBIアカデミーへの留学から帰国したことで、フランスの警察の拳銃術は一気に刷新されることになった。同年には早速、警察庁(国家警察の前身組織)に射撃学校が創設、翌年にはパリ警視庁も続き、1968年にはこれらを統合・増強して国家警察射撃研究センター(Centre national de perfectionnement au tir de la police nationale)が設置された[2]

当時、拳銃としては.32ACP弾を使用するRr.51およびモーゼルHScが主用されていた[3]。これに対し、サシアは当時のアメリカ連邦捜査局(FBI)の趨勢に忠実に、ダブルアクションリボルバーを推奨しており[2]スミス&ウェッソン(S&W)社と協力して、同社のS&W M19の3インチ銃身モデルを元にした19/3 RSを開発した[4]

しかし内務省では80,000挺の調達を予定していたことから、国産化が志向されるようになった。これによって開発されたのが本銃であり、1971年より研究が開始され、1974年より試験導入を開始、そして1975年、国家警察の全ての小口径拳銃のMR 73への転換が決定された[3]

設計[編集]

GIGNの近距離狙撃モデル

フレームはS&W社のKフレーム(M19など)より大きく、Lフレームよりわずかに小さい。鋼はホウ化処理されており、銃身寿命は300,000発という驚異的な値とされている。マニューリン社の博物館にはGIGNが使用した銃が展示されており、標準的な.357マグナム弾96,000発を発砲した実績があるとされているが、これはS&W社の拳銃ではありえない値である[5]

製造には削り出し加工を用いるため、25メートルの距離で20mmの幅にまとまる集弾性能を発揮できるように部品の精度が高く仕上げも良いが、高価格になっている。基本となる「ディフェンス」「ポリス」は2.5インチ、3インチ、4インチ銃身、また国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)向けの「ジャンダルム」は3インチおよび8インチ銃身とされる[5]。8インチ銃身型は二脚スコープを取り付けて使用され、200メートルまでの射撃が可能となる[4]

高い命中精度のため1985年には、.22 LR弾(MR22)や.32 S&W Long弾(32 MATCH)、.38 Special弾(MR38、38 マッチ)、9x19mmパラベラム弾を使用する射撃競技用も開発された。

その他のマニューリン[編集]

マニューリン社が製造するMR73系フレーム以外の回転式拳銃

  • マニューリン MR88
  • マニューリン スペシャル ポリス F1
  • マニューリン MR93
  • マニューリン MR96

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 床井雅美『最新ピストル図鑑〈Vol.2〉』徳間書店、1996年、303頁。ISBN 978-4198904937
  2. ^ a b Salotti 2013.
  3. ^ a b HISTORIQUE DES ARMES DE LA POLICE NATIONALE (PDF)” (フランス語). 2016年1月23日閲覧。
  4. ^ a b LARVATUS 2011.
  5. ^ a b LARVATUS 2014.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]