ブローニング・オート5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブローニング・オート5
RemingtonMd11.JPG
レミントンM11
ブローニング・オート5
種類 半自動散弾銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ジョン・ブローニング
ブローニング・アームズ
FNハースタル
レミントン・アームズ
サベージ・アームズ
ミロク製作所
年代 19世紀終わり
仕様
口径 12・16・20ゲージ
銃身長 28インチ(711mm)[1]
使用弾薬 12ゲージ
16ゲージ
20ゲージ
装弾数 通常 5発(チューブ型弾倉4発+薬室1発)
制限時 3発(チューブ型弾倉2発+薬室1発)
作動方式 半自動式
全長 1270mm
重量 4.1kg
歴史
設計年 1898年
製造期間 1902年-1998年
配備期間 1905年-1950年
配備先 アメリカ軍
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
第二次世界大戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争
バリエーション レミントンM11
サベージM720
サベージM745
テンプレートを表示

ブローニング・オートマチック5(Browning Automatic 5)あるいはオート5(Auto-5)、A-5は、ジョン・ブローニングが設計した反動利用式半自動散弾銃である。オート5は、最初に成功した半自動散弾銃であり、生産は1998年まで続けられた。その名称は、装弾数が5発である事に由来する。

歴史[編集]

オート5を手にするジョン・ブローニング(1900年頃)

オート5は、最初に大量生産された半自動散弾銃である。1898年ジョン・ブローニング技師が設計し、1900年には特許が取得された[2]。そして、1998年までほぼ100年間にわたって生産が続けられた。特徴的な機関部後端の形状から、ハンプバック(Humpback, 「せむし」の意)という愛称があった。オート5は、12ゲージおよび20ゲージ型が広く知られているが、16ゲージ型も存在する。ただし、1976年-1987年にかけて16ゲージ型の生産は中断している。用としては第一次世界大戦で初めて投入され、以後ベトナム戦争初期まで現役で使用され続けていた。

生産[編集]

ジョン・ブローニングは、自らの最高の成果とも称された[3]反動利用式半自動散弾銃の設計を、かねてから設計を提供してきたウィンチェスター社へと提案した。しかし、ウィンチェスター側が契約内容の一部を拒否したため、ブローニングは同じ設計をレミントン社へと提案した。ところが、ブローニングが提案を行った直後にレミントン社の社長が心臓発作で急死してしまったため、契約は白紙に戻ってしまう。ブローニングはこの散弾銃を製造するべく海外へと目を向け、かねてからブローニングが設計した拳銃を製造していたFN社による製造が1902年から開始された。それから3年後の1905年-1948年にかけてレミントン社もモデル11としてライセンス生産を行っている。モデル11は、アメリカ国内で初めて生産された半自動散弾銃となった。さらに、サベージ・アームズ英語版もブローニングからのライセンスを得て、1930年-1949年にかけてモデル720として生産を行い、また、1941年-1949年まで合金製レシーバーと2発弾倉を備えるモデル745の生産を行った。ブローニングが考案した反動利用式の設計そのものは、その後もレミントン(11-48)やサベージ(755・775)、フランキ(AL-48)など各社の製品で使用された[3]。昭和30年代には日本のシンガー日鋼でもKFC パインオートとしてオート5のライセンス生産[4]が行われ、ミロクの元折式二連散弾銃英語版と共に川口屋林銃砲店の販売網で販売されていた[5][6]。KFCパインオートは米国にもダイワ オート500[7][8]や、ハーターズ SL18の名称でOEM供給されていた[9]。一方、シンガーと同じくKFCの傘下にて元折式散弾銃をOEM製造していたミロクは、大阪に子会社の山本銃砲製作所(現・南国ミロク部品加工工場)を設立[10]。シンガーとは別に1963年から1972年に掛けてヤマモト オートポインターを製造し、チャールズ・デイリー・ファイアーアームズ英語版などを通じて海外輸出を行っていた[11]。これらのオート5のOEM製造品やデッドコピー品は、オート5との部品の互換性が必ずしも完全とはいえない[12][13][14]ため、維持補修に際しては注意が必要とされている[9]。また、海外の資料ではシンガー日鋼をニッコー・アームズを展開した晃電社と混同している例や、シンガー日鋼と山本銃砲製作所を混同している例が散見される事にも留意する必要がある。

ベルギーにおけるオート5の生産は第二次世界大戦開戦前夜まで続き、以後はアメリカのレミントンによる生産が主となる。FNによる生産が再開されるまで、オート5はモデル11としてレミントンで生産され続けた[15]。また、モデル11とは別に、ブローニング・ショットガンの名称で短縮弾倉を備えるものも生産されていた。1947年の生産終了までに、レミントン社のモデル11はおよそ850,000丁以上生産されたという。1957年にはFNでの生産が再開され、1975年からは日本ミロク製作所による生産数が最多となる。1998年には全工場での生産が中止され、1999年にFNが製造した記念モデルが最後のオート5となった。現在までに、オート5はレミントンM1100に次いで、アメリカで2番目によく売れた自動式散弾銃としてその名を知られる[3]

ブローニング・アームズは後継モデルとして、2014年からA5と呼ばれた新型反動利用式半自動散弾銃の生産販売を始めた。[16]

設計[編集]

20ゲージ・マグナムのオート5(日本製)
分解されたオート5

ブローニング・オート5は、反動利用式(ロングリコイル)の半自動散弾銃である。シェルは銃身下のチューブ型弾倉に格納されている。薬室に送られたシェルが発射されると、銃身がボルトと共に後退して撃鉄を再びコックしつつ後退しきる。その後、まず銃身だけが前進しボルトはホールドオープンとなり、空薬莢が銃外に排出される。弾倉にシェルが無い場合はこの状態で一連の動作は終了である。弾倉にシェルがある場合は、銃身が前進しきると同時にシェルラッチが動作して、次弾がキャリア上に飛び出してくる。このシェルがキャリアラッチ(ボルトストッパー的動作をする部品)を解除してホールドオープンされたボルトをリリースし、次弾が薬室に送られて閉鎖し、発射準備が完了する。こうしたロングリコイル式機構については、ジョン・ブローニング1900年に初めて特許を取得している。

シェルを装填する場合、機関部下部からチューブ型弾倉へ押しこむが、戦前モデルはキャリアラッチボタンを押さないとキャリアが上に上がらないので、ボルトが閉じた状態でなければ装填できない。現在流通している多くのオート5は、ボルトの状態に関わり無く、常に下部から装填できるようになっている。しかも、弾が無くボルトがホールドオープンしている状態で下部からシェルを装填すると、自動的にボルトがリリースされて薬室にシェルが送られる。現行の半自動式散弾銃でこの構造を備えているものは少なく、旧SKB製ガスオートの一部と現行ブローニングのガスオート程度である。ブローニングは、これをスピードローディングシステムと称している。本来の装弾数は弾倉4+薬室1発の計5連発だが、多くの国では猟銃の装弾数が狩猟に関する法令などで制限されているため、装弾数を3発(弾倉2発+薬室1発)に制限し法令に適合させるためのマガジンリミッターが用意されている。

オート5にはレシーバーの左側面に「マガジン・カットオフ」と呼ばれる機構を作動させるためのT字型の小さなレバーが取り付けられている。マガジン・カットオフを作動させるとボルトを前後に動かしても管状弾倉からの次弾装填が行われなくなるため、携行時の安全性の向上に大きく寄与した。マガジン・カットオフは急な装弾の変更にも容易に対応できる利点があり、たとえば鹿などの大型獣を追うハンターが、猟場を移動中に雉などの別の獲物を見つけた場合、予めマガジン・カットオフを作動させておく事で、薬室を開いて素早くバードショットの装弾を装填し直ちに鳥撃ちに移行する事も可能であった[9]

オート5以前にも反動利用式の拳銃や散弾銃は存在していたが、それらのほとんどはある一定の火薬及び弾頭重量を持つ装弾にしか対応しておらず、指定以外の装弾を使用すると回転不良を起こしたり、銃本体の破損を招いたりした。しかし、オート5の革新的な点は管状弾倉に取り付けられた銃身のリターンスプリングの先端に「フリクション・リング」と呼ばれる鋼製のリングが取り付けられている点にあった。フリクション・リングは発射圧により銃身が後退し始めた際に、フリクション・ピースと呼ばれるブレーキシューに圧力を掛けて銃身の後退にブレーキをかける役割を持っている。軽装弾を用いる場合には銃身を一度テイクダウン英語版し、フリクション・リングを前後逆にして組み付ける事で銃身のブレーキ機構がキャンセルされ、クレー射撃向け装弾でも問題なく回転するようになるという仕組みで、仮に重装位置で軽装弾を撃った場合は回転不良を起こし、逆に軽装位置で重装弾を撃った場合は通常よりも明らかに大きすぎる反動が射手に伝わる事でフリクション・リングの組み間違いを容易に察知できた[9]

脚注[編集]

  1. ^ McNab, Chris (2009). Firearms. Queen Street House, 4th Queen Street, Bath BA1 1HE, UK: Parragon. pp. 277. ISBN 978-1-4075-1607-3. 
  2. ^ Harold Murtz. Gun Digest Treasury (DBI Books, 1994), p.194
  3. ^ a b c Murtz, Gun Digest Treasury, pp.193–4
  4. ^ FNブローニング データベース自動銃 - 浦和銃砲火薬店
  5. ^ Lot 2283: NRS Mfg - Dynamic Auto - rockislandauction.com
  6. ^ 4挺のうち、上から3番目の銃がKFC パインオートである。4番目のオート5とほぼ同じものであるが、外装式交換チョーク銃身という違いがある。
  7. ^ DAIWA - Blue Book of Gun Values
  8. ^ Daiwa Auto 500 12 gauge semi automatic shotgun - Rowley's Auction Service
  9. ^ a b c d Those Hammerin' Humpbacks - Gun Digest
  10. ^ 株式会社 南国ミロク 部品加工工場 - 高知県製造業ポータルサイト
  11. ^ Japanese made Browning A5 Clone Yamamoto Auto Pointer 2 3/4 inch 30 Full Vent Rib Blem ca. 1968 Manufacture Walnut Stock & Forend Faire - GunsAmerica
  12. ^ シンガー製のパインオートはオート5とほぼ互換性があると評価されているが、ヤマモト オートポインターはマガジン・カットオフが省略されており、部品の互換性も低いとされている。
  13. ^ KFC - Armurerie Safari
  14. ^ Japanese made Browning A5 Clone Yamamoto Auto Pointer 2 3/4 inch 24" Cut Cylinder Bore Scope Base Vent Rib Tang Repairs ca. 1968 Manufacture Walnut Stock & Forend Fair - GunsAmerica
  15. ^ Firearm Model History - Remington Model 11 Archived 2010年11月14日, at the Wayback Machine.
  16. ^ Browning A5 - 公式サイト。2017年9月26日閲覧。

外部リンク[編集]