渡り鳥条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡り鳥条約(わたりどりじょうやく)とは、渡り鳥や絶滅のおそれがある鳥類とその生息環境を保護するため、日本が他国と結んでいる2国間での条約または協定

日本に生息する野生の鳥類の4分の3(約400種)は、太平洋、北米大陸、中国、ロシア、東南アジア諸国などを渡っていることが、確認されている。これらの鳥類の保護のためには、国際的に捕獲禁止などの措置を講じる必要がある。 日本が条約または協定を結んでいるものには、アメリカ合衆国との条約(1972年署名)、ロシア(旧ソビエト連邦)との条約(1973年署名)、オーストラリアとの協定(1974年署名)、中国との協定(1981年署名)の4つがある。相手国と約2年おきに条約・協定に基づく会合を開き、施策についての情報交換や共同調査の協議などを行っている。なお、韓国との間には、渡り鳥保護のための条約・協定はないが、日韓環境保護協力協定(1993年発効)の下に「日韓渡り鳥保護協力会合」が開催されている。

条約締結国[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]