レミントンM31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レミントンM31
レミントンM31
種類 散弾銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 レミントン・アームズ
仕様
使用弾薬 12ゲージ
16ゲージ
20ゲージ
装弾数 4発(内蔵マガジン
作動方式 ポンプアクション
重量 3.2Kg
歴史
設計年 1931年
製造期間 1931年–1949年
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
バリエーション M31L
製造数 196,000
テンプレートを表示

レミントンM31英語: Remington Model 31)は、アメリカ合衆国レミントン・アームズ社が製造していた、ポンプアクション散弾銃である。

概要[編集]

レミントンM31は、銃器設計技師のチョウンシー C. ルーミスジョン・ペダーセンが設計し、1931年から1949年まで製造されていた散弾銃である。その人気は高く、レミントンM10やM29、さらにはジョン・ブローニングが設計したレミントンM17を押し退けて、ウィンチェスター社のウィンチェスターM1912と、銃器市場におけるトップを競い合っていた[1]

現在では製造は終了し、1951年に開発された、より安価で信頼性も高いレミントンM870が、後継として製造されている[2]

開発[編集]

当時レミントン社は、20ゲージのレミントンM17の販売を若干成功させていたのであるが、ウィンチェスター社の散弾銃と比べると売り上げは低かった。そこでレミントン社はこれに対抗しようと、ウィンチェスター社と同じように、散弾銃は12ゲージを主力とし、薬莢を横に排出できるようにする必要があると考え、これを受けてチョウンシー C. ルーミスは、M17のサイズを大きくして横からの排莢が出来るように設計し、これがレミントンM31となった。

M31はレミントン社にとって、初めて横から排莢することができる、ポンプアクション式散弾銃であった。銃床とフォアエンド(先台)はクルミで作られており、後にフォアエンドは、掴みやすいよう畝の立ったものに変更された。

さらに、機関部とトリガーハウジングにアルミニウムを使用して軽量化を図った、レミントンM31Lと呼ばれるモデルも開発されている。

製造と配備[編集]

レミントンM31は3種類のゲージに対応したものが作られ、12ゲージ仕様のものは121,000丁、16ゲージと20ゲージ仕様のものは、合わせて75,000丁製造された。

FBIは、1935年に起きたカンザスシティ虐殺事件を受けて、各支局にM31を配備していた[3]

また、アメリカ軍でもM31は配備され、第二次世界大戦において使用された。この時使用されていたものは、機関部の左側に、「U.S. Property」とする印が施されており、シリアルナンバーは、51000-63000番台である。これらは民間で販売されているのと同じもので、特に軍用に改良されていたわけではなく、一つの試作品を除き、M31の軍用モデルは製造されていない[4]

しかし、顧客から好評を得られていたものの、M31の売り上げは、ウィンチェスター社の散弾銃に及ばなかった。そのため、レミントン社は設計図を再び練り直し、より安く生産できる上に、ウィンチェスターM1912と同等の耐久度を持つ、レミントンM870を開発したのである。

評価[編集]

多くの散弾銃の専門家たちは、人気が高く販売にも大成功した後継のレミントンM870よりも、レミントンM31こそがポンプアクション式散弾銃の傑作であると評価している[5]

モスバーグとの関係[編集]

レミントンM31は、モスバーグM500や、それに関連した散弾銃の基礎として使われた。モスバーグM500も、単純かつ安く製造できるよう設計されており、顕著な違いは、独立したロッキングピースと簡略化された銃身のマウントシステムに、2本のボルトが使用されている事である。この内ロッキングピースのボルトは、機関部を直接的に固定するように使われている。

登場作品[編集]

映画[編集]

またまたあぶない刑事
主人公たちが武器の調達のために立ち寄った、暴力団の武器庫の中にあった銃の1つとして、ソードオフ型が登場。それを鷹山刑事が最終決戦時に使用し、手放しでバイクを運転しながら連続射撃を行う。

テレビドラマ[編集]

西部警察シリーズ
全シリーズで、渡哲也演じる大門団長がソードオフ型を使用。『PART1』終盤からはスコープが追加された。作中では飛行するヘリの機上や走行中の車から発砲したり、(ショットガンでは本来不可能な)長距離狙撃を行うシーンが多々ある。

小説[編集]

バトル・ロワイアル
川田章吾の支給品として登場。

脚注[編集]

  1. ^ Remington's Magnificent Five - Page Two
  2. ^ http://www.remington.com/library/history/firearm_models/shotguns/model_31.asp Remington history page
  3. ^ Vanderpool, Bill "Bring Enough Gun" American Rifleman October 2013 pp.80-85&115-116
  4. ^ Canfield, Bruce (1992). U>S> Infantry Weapons of World War II. Lincoln, RI: Andrew Mowbray Publishers. p. 132. ISBN 0-917218-67-1. 
  5. ^ Simpson, Lane. "Remington's Magnificent Five", Shooting Times, May 2000

関連項目[編集]