コール オブ デューティ ブラックオプス4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コール オブ デューティ
ブラックオプス4
Call of Duty: Black Ops IIII
Black Ops 4 insignia.png
ジャンル ファーストパーソン・シューティングバトルロイヤル
対応機種 PlayStation 4(Pro対応)
Xbox One(X対応)
Microsoft Windows
開発元 Treyarch
運営元 アメリカ合衆国の旗 アクティビジョン
日本の旗[PS4]ソニー・インタラクティブエンタテインメント
販売元 アクティビジョン
シリーズ コール オブ デューティ
人数 マルチプレイモード:2人-10人
ゾンビモード:1人-4人
ブラックアウト:1人-4人
メディア PS4/Xbox One:BD-ROM
ダウンロード版あり
稼働時期 世界の旗 アメリカ合衆国の旗日本の旗2018年10月12日
使用ブロック数 多数
利用料金 有料
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI18
USK18(18歳未満提供禁止)
コンテンツ
アイコン
[CERO]暴力
ダウンロード
コンテンツ
あり
必要環境

推奨スペック

OS: Windows 10(64-bit)
CPU:Intel i5-2500KもしくはRyzen R51600X
RAM: 12GB
グラフィックス:GeForce GTX 970 4GB / GTX 1060 is 6GBもしくはRadeon R9 390 / AMD RX 580
解像度 1080p
売上本数 450万本
その他

オンライン専用ソフトゲーム

ブラックアウトモードは最大100人対戦(ソロとデュオでは88人対戦)
VR非対応
テンプレートを表示

コール オブ デューティ ブラックオプス4(Call of Duty: Black Ops IIII, 略称:CoD:BO4)は、アクティビジョンより2018年10月12日に全世界同時発売された、コール オブ デューティシリーズファーストパーソン・シューティング・オンラインゲーム[1]

対応ハードはPlayStation 4(Pro対応)、Xbox One(X対応)、PC(Microsoft Windows)。

概要[編集]

FPSコール オブ デューティシリーズの作品で2015年発売の『コール オブ デューティ ブラックオプス3』から3年ぶりとなるブラックオプスシリーズ第5作品。コール オブ デューティシリーズ生誕15周年記念作品[2]

時系列順には『ブラックオプス2』と『ブラックオプス3』の間の戦争となっている。その為、今作は現代戦に近い設定となっている。また『IV』とは書かず『IIII』と書く。

コールオブデューティシリーズ初のバトルロイヤルモード導入やストーリーモード廃止、マルチプレイ中に自動的では無く、手動的にも体力回復可能になるなどを発表して世界中から注目を集めた作品となった。なお、コールオブデューティーシリーズ恒例のいわゆる集めものは廃止されている。

PlayStation Storeでのダウンロード版での売上はCoDシリーズ最高で『レッド・デッド・リデンプションII』を越し、驚異的な売上[3]を叩き出した。

キャンペーンモード[編集]

今作はキャンペーンモードが廃止されたかわりに、スペシャリストHQでスペシャリスト10名の戦闘訓練を各難易度(ルーキー・レギュラー・ベテラン)でクリアしブロンズスターを規定の数獲得していくとストーリーを追うムービーが解放される仕組み。

マップ[編集]

Frecency
中国のとある地方に内在する、研究施設がモデル。鬱蒼と茂る植物が壁面を覆う。落下死に注意。
Contraband
Seaside
その名のとおり、海に臨するステージ。ステージ横のバルコニーからは海が見える。半壊した教会には装甲車が突っ込み、砲身を市街地に向けている。教会に隣接しているワインセラーがあり、ステージ奥には広場がある。
Payload
自律行動兵器のメーカーである
Hacienda
とあるマフィアの悪趣味な豪邸がモデル。凶悪な面持ちのライオンの像が金の塊を踏みつけ、ガレージには見覚えのある高級車が飾ってある。ステージ内のスイッチを押すと………?
Gridlock
日本が舞台。銭湯らしい建物が、高速道路の高架に押しつぶされて壊滅している。アスファルトは砕け、現金輸送車が横転して現金を撒き散らす。
Arsenal
四足歩行兵器マンティスや各種スコアストリークの開発を行う会社が舞台。ステージ中央には工房が内在し、ヘリのローターの残骸やブループリントが放置されている。よく見るとマンティスの実験機が無人でテストされている。
Ice Breaker
真っ二つに割れた潜水艦が中央に配置された、南極のステージ。アメリカ国籍のサルベージ船が奥に見える。どうやらロシアと、この潜水艦の動力源である核の争奪戦が繰り広げられているようだ。
Morocco
モロッコの市街地が舞台。中央に配置されたトタンの架け橋、そして古めかしい建物の群が特徴。開けた箇所が狙撃ポイントになっているが、全体的に階段が多く、裏取りがしやすい。
Militia
Jungle
とあるジャングルが舞台。空爆により焼き払われた建造物、物見櫓やそこに繋がる天然のバルコニーが特徴。狙撃ポイントである高台には放置された弾薬箱がある。
Slums
BO2のリメイクマップである。構造はほぼ同じで、青い外壁の建物(通称アオタテ)から銅像のある中央広場を見渡せ、そこから攻撃が可能。しかし、リスポーン地点からの狙撃に注意。
Firing Range
アメリカの軍事訓練施設が舞台。ステージの各部に人質を取ったテロリストのターゲットダミーがある。ちなみに攻撃すると反転する物もある。
Summit
Nuketown

マルチプレイモード[編集]

ブラックアウト Black Out[編集]

今作搭載された新モード。プレイヤー数最大100人でソロ(1人)・デュオ(2人)・スクアッド(4人)のいずれかで最後の1チームになるまで戦う。

さらにこのモードでは、マルチプレイ時のスペシャリストもブラックアウトで規定の条件をクリアすると解放され、そのほかウッズや、メイソンなど過去作で登場した人物も今後使用可能になると思われる。

スペシャリストの解放条件は以下の通り[4]

スペシャリスト 解除条件
Battery(バッテリー) 「ウォーマシーン」で敵を2キル以上し、「ウォーマシーン」を所持したままゲームを終える
Firebreak(ファイヤーブレイク) ファイアキル(モロトフやピュリファイアなど)をし、「Burned Doll」を所持したままゲームを終える
Nomad(ノーマッド) 「ジュノーのタグ」を所持したままスペシャリストキャラを3キル以上し、ゲームを終える
Prophet(プロフェット) 「Ocular prosthetic」を所持したまま、パークを計3つ以上使用し、ゲームに勝利する
Ruin(ルイン) 「パンチングミット」を所持したまま敵を近距離でキルし、ゲームを終える。SGの射程でキルする必要がある。
パンチングミットはマップ内固定の箇所に落ちている。
Seraph(セラフ) 射撃場の机の上に「アナイアレーター」の入った箱がある。その前にある白い的をHGで撃つと、箱が開いて「アナイアレーター」を入手できる。それを使って敵を1キル以上し、最後まで所持したまま、ソロなら20位/デュオなら10位/クアッドなら5位以内に入る。
Ajax(エイジャックス) 「壊れたアーマープレート」を3つ所持したままゲームを終える
Crash(クラッシュ) 回復を計15個以上と「Poker Chips」を所持したまま3位以内に入る
Recon(リーコン) ゾーンダメージを一度も受けず、「I Ching Coins」を所持したまま7位以内に入る
Torque(トルク) レーザーワイヤーを2回、バリケードを1回以上使用し、「Note from Torque」を所持したまま7位以内に入る

以下、ブラックアウト固有キャラの解除条件

レズノフ (現在2018/11/14ミッションは利用不可)
メイソン (現在2018/11/14ミッションは利用不可)
ウッズ ヘリに乗る。「ウッズのバンダナ」を持ったままゲームに勝利する
メネンデス 敵を格闘、ショットガンでそれぞれ倒し、「ロケット」を持ったまま勝利する。

※「ロケット」とはランチャーではなく、ペンダント型のアクセサリーのこと

レンジャー 階級20
フロッグ 階級40
エアボーン 階級60
シール 階級80
バトルハーデン 階級80★(階級81相当)

以下、ゾンビモードに登場するキャラクターの解除条件

シャドウマン シーズンパス所有者限定キャラ
デンプシー (現在2018/11/14ミッションは利用不可)
ニコライ (現在2018/11/14ミッションは利用不可)
リヒトーフェン (現在2018/11/14ミッションは利用不可)
武雄 (現在2018/11/14ミッションは利用不可)
ブルーノ 「マグショット」を所持したまま、敵を近接攻撃(パンチ)でキルし、ゲームを終える
ディエゴ 「大衆雑誌」を所持したまま、敵をヘッドショットでキルし、ゲームを終える
スカーレット 「レーシングゴーグルとスカーフ」を所持したまま、敵を車両で轢いてキルし、ゲームを終える
ショー 「錬金術セット」を所持したまま、アシッドボムまたは怒りの炎で計2キル以上し、ゲームを終える

スペシャリスト[編集]

今作では1人のスペシャリストの選択がチームにつき2人までの制限があり、同時に3人は選択出来ない。

ハードポイントなど、一部のゲームモードではスペシャリストの選択がチームにつき1人のみとなっている。

Battery(バッテリー)
クラスターグレネード
地面や壁に張り付き、複数の小型グレネードを放つ。
ウォーマシン
跳ね返るグレネードを撃つ
Crash(クラッシュ)
アサルトパック
全員が使用可能な弾薬バッグを配置。この弾薬でキルするとボーナスが発生する。
TAK-5
味方を最大体力まで回復し、最大値をブーストする。
Ajax(エイジャックス)
9-Bang
フラッシュとスタンを発生させるグレネード。3段階まで溜められ、効果は溜めの回数に比例する。
バリスティックシールド
前方向全身を覆うシールドを展開、盾に組み込まれたオートピストルを使用する。構えたままでの攻撃が可能。
Recon(リーコン)
センサーダート
一定範囲にいる敵をミニマップに表示させる。チーム全員のミニマップに反映。
ビジョンパルス
フィールド上の敵を一定時間赤くハイライト。チーム全員の画面に表示。
Torque(トルク)
日本語吹き替え :山野井 仁
レーザーワイヤー
通過しようとする敵の移動速度を著しく下げる。
バリケード
展開するとマイクロ波により敵の移動速度を下げ、かつダメージを与える。
Ruin(ルイン)
日本語吹き替え:山本兼平
グラップルガン
狙った位置に素早く移動できる。
グラビティスラム
着地時に強力な衝撃波を発生させ周囲の敵を蹂躙できる。
Firebreak(ファイヤーブレイク)
リアクターコア
敵の体力を減らし続ける一種の核兵器。壁越しや上下でも有効。
ただし一定時間展開後、展開中に自分もダメージをくらい続けることになる。
ピュリファイア
付近の敵を燃やす火炎放射器。パーク「ガンホー」との相性がかなり良い。
Seraph(セラフ)
タックデプロイビーコン
設置位置で味方をリスポーンさせることが可能。
アナイアレーター
敵を一撃でキルできる大口径リボルバー。
Nomad(ノーマッド)
日本語吹き替え:佳月大人
メッシュマイン
最大4つの2セット。2つを接続することで威力を発揮するトリップワイヤー。
K9
プレイヤーに追従し、指定した位置を索敵させることができる。
Prophet(プロフェット)
シーカー
敵を追尾し、電流で一時的に動きを麻痺させる。
テンペスト
電流でチャージされた弾で、範囲の敵を行動不能にするライフル。
行動不能中のプレイヤーに別のプレイヤーが近づくと、感電する。
Outrider(アウトライダー)
日本語吹き替え:梶山はる香
ホーク
偵察型のドローン。ホークの視界に入った者をOutriderに居場所を知らせる。
スパロー
一撃でキルが可能な爆撃型の矢。爆風でもキルが可能。パーク「ガンホー」との相性がかなり良い。

ゾンビモード[編集]

本作におけるゾンビモードはカオスの物語エーテルの物語の2つに分かれており、それぞれ全く違うストーリーになっている

また、システム面においても、BO3で採用されたゾンビモードとは大幅に異なるものになっている。 たとえば、本作ではWW2と同様に初期武器と装備を任意で選択することができる。

最初に解除されている銃はWELLINGのみで以降レベルを上げると解放されていく。最終的にショットガンやサブマシンガンも選べるようになる。

他にグレネードの種類、BO3に登場した特殊武器を選択出来たり、使用するパークを14種類の中から4枠出発前に決める必要があったり、様々な変更がある。

「ゴブルガム」システムが廃止され、新たに「エリクサー[5]」 「タリスマン」が登場した。エリクサーあらかじめ設定した4つの特殊能力を任意で使用できるようになった。タリスマンはラボでエリクサー生成時に確率で手に入るアイテム。これをセットするとゲーム中に有利な効果が発動する。


また、『ブラックオプス4』は、ゾンビのために2つの特徴的な別々のストーリーを持つ初のゲームとなっています。ローンチ時には、3つのマップが用意されていて、タイタニック号を舞台にした「Voyage of Despair」、古代ローマの闘技場を舞台にした「IX」、ブラックオプスIIのマップ「Mob of the Dead」をリメイクした「Blood of the Dead」で、アルカトラズ刑務所が舞台となっています。
前者の2つのマップは新たなストーリー「カオス」を形成しており、新たなキャラクターが登場します。一方、「Blood of the Dead」は前作「Black Ops」で登場するオリジナルの「エーテル」ストーリーに戻り、4人のオリジナルキャラクター(Dempsey、Nikolai、Takeo、Richtofen、総称して「Primis」と呼ばれる)が登場する。 4つ目のマップ「Classified」は、ゲームの特別版と発売時の「Black Ops Pass」に含まれており、ブラックオプスのマップ「Five」をリメイクしたもので、プリミスのオリジナルの化身である「Ultimis」がプレイアブルキャラクターとして登場しています。また、マップ "Dead of the Night "には著名人が出演しており、これまでのブラックオプスゲームの伝統を踏襲したものとなっており、プレイアブルキャラクターを著名人が演じるゾンビマップが1つになっています。

ストーリー(エーテルの物語)[編集]

*今作は「Zetsubou No Shima」と「Gorod Krovi」の間で起きた出来事を描いている

BLOOD OF THE DEAD

ポンペイ島(絶望の島)で武雄1.0の魂を回収したリヒトーフェンは、望まぬ結果となった時のための保険としてプリミスの3人を連れて煉獄のアルカトラズ島に立ち寄る、しかし、本来の目的地より離れた場所にテレポートしてしまう。[6]
仕方なく4人は歩いて向かい、目的地であるリヒトーフェンの研究所に到着する。そこには血液の小瓶を着けていないもう一人のリヒトーフェン2.0と冷凍庫に入れられたヴィクティスの4人(サミュエル、ミスティ、マールトン、ラスマン)がいた。リヒトーフェンBは彼らに血液の小瓶を渡すと、クロノリウムと呼ばれる本も渡してきた。「もう一度読んでみろ」と言われたリヒトーフェンはページをめくってみると、書かれていた一連の出来事が書き換わっており、プリミスのサイクルが脱線していることを発見する。その後プリミス一行が第9師団の島(絶望の島)に戻るためにポータルへ向かうが、直前で彼らの前にブルータス(署長)が現れ、出口のポータルを破壊しアルカトラズに閉じ込められてしまう。
一連の出来事の後、プリミスは、署長の死体に召喚の鍵を使うが、突然現れた署長に捕まってしまう。署長はアポシコンを解放するためのゲートウェイを開くために彼らの血を使用することを説明した。絶体絶命の状況の中でプリミス一行はアルバート・アーリントンの幽霊[7]のおかげで脱出することができた。

途中巨大化した署長が現れるが「"ビリー"・ハンサム」、「サルバトーレ・"サル"・デルーカ」、「アルバート・"ウィーゼル"・アーリントン」、「マイケル・"フィン"・オリアリー」の幽霊が署長を押さえ、何処かへ連れ去っていく。リヒトーフェンの研究所まで戻り、隠されていたもう一個の冷凍ポッドを発見する。そして研究所の裏庭へ行くとそこには先ほどの4体の幽霊によってダークメカニズムに押さえつけられている署長がいた。
慌ただしい戦いの後、リヒトーフェンは自分を犠牲にし、自分の体から血液すべてを吸い上げるためにダークメカニズムに座る。プリミスの残りのメンバーが署長と戦っている間に、リヒトーフェンの研究室の冷凍ポッドから目を覚ましたリベレーションズ後のリヒトーフェンは、島を浄化するためにSTAFF OF FIREの結晶[8]を使用して、ブルータスを完全に殺し、煉獄に閉じ込められた魂を解放した。

アルカトラズ島から解放される魂を見届けていたニコライにリベレーションズ後のリヒトーフェンがクロノリウムを渡し、リーダーの座を与えた。

そして機械に囚われているリヒトーフェンに、リベレーションズ後のリヒトーフェンは、サイクルが壊れたこと、血液の小瓶はもはや必要ないことを話した。リベレーションズ後のリヒトーフェンは彼から召喚の鍵と血の小瓶を取った後、取り乱したリヒトーフェンは、自分を助けてくれと懇願するが無視される。3人の血液の小瓶を捨て、ダークメカニズムで死ぬリヒトーフェンを残して、新たなリーダーとなったニコライの下、ドクターモンティを倒すために彼らの新しい使命を遂行するため次にグルームレイクへ向かう


CLASSIFIED

その頃、オリジナルタイムラインではShangri-laでフォーカス・ストーンを手に入れたウルティミスの4人は、Moonのグリフィン・ステーションへ向かうためエリア51にテレポートしようとしていた。 しかしそこでデンプシー1.0がテレポート中に31-79JGb215(Shrink Ray)を発射、テレポーターに過負荷が生じてしまいペンタゴンへテレポートしてしまう。[9] ペンタゴンからエリア51にテレポートした後、別のテレポーターを使用して4人はMoonのグリフィン・ステーションへ[10]

ミサイルを発射して地球に被害が出た後、3人は昏睡というより脳死状態のリヒトーフェンを連れて再びペンタゴンへとテレポートを試みる。 しかし実際テレポートした場所は、1963年8月3日のグルーム・レイクであった。そこでテレポーターの実験をしていたシュースターとパーネルに見つかり、健康診断を受けたのち、エレメント115の実験の被験体として保管庫の4番格納庫に閉じ込められた。

そして月日が経ち、10月13日

漫画版でヴィクティスの4人を誘導するようプリミスのリヒトーフェンに協力していたゾンビリヒトーフェンはグルームレイクにテレポートしてくる。[11]
そして昏睡状態の自分の身体に触れて意識を取り戻す。その際ゾンビリヒトーフェンの魂が入っていたドイツ兵の死体は灰になった。 [12] [13]

武雄は地球を爆破したにもかかわらず、自分たちが地上に戻っていことに混乱しているときデンプシーは、「こりゃまたタイムトラベルだろうな。今まで起きてなかったが」と言った。また、サマンサと魂の入れ替えをしていたにもかかわらず、リヒトーフェンがどうやって体を取り戻したのか問い詰めていた。

数分後、プリミスの4人はプリミスのニコライに導かれて、檻の中にテレポートしてきた。プリミスのリヒトーフェンを見たリヒトーフェン1.0はヴィクティスを捕まえる際に協力したことを思い出し悪態をつく

チームを一つにまとめ、ウルティミスの4人に「急げ、戦いが待ってるんだ」と言った後、デンプシー1.0が「戦い?どんな戦いだ?」と聞く。それに対し「今まで見たこともないような偉大な戦争だ」とニコライは答えた。


ALPHA OMEGA

ペンタゴンでウルティミスを仲間にしたプリミス(ウルティミスと一緒に)は、エレメント115の中でも特に強力な部分であるエレメンタル・シャードを手に入れるために、2025年10月13日の「キャンプ・エドワード」として知られるブロークン・アローの施設にテレポートした。しかし、彼らは侵入者から施設を保護するための管理者AI「ラシュモア」によって、シャードが含まれているA.P.D.[14]へのアクセスを拒否されてしまった。しかし、ラシュモアの信頼を得るために様々な任務をこなし、ついにプリミスはA.P.D.へのアクセスを許可された。A.P.Dに入っていたパーネル所長もとい「アボガドロ」を倒し、ワシントンのハンフォード(トランジット)に送った後、ラシュモアは彼らにエレメンタル・シャードを受け渡すことを許可した。シャードを手に入れて間もなく、サマンサ・マキシスと子供版リヒトーフェンは、父親のマキシスによってアガルタの「家」からキャンプ・エドワードにテレポートされたが、その過程でドクターモンティに殺されてしまった。父親を失ったことを悲しんだサマンサは、エネルギーパルスを解き放ち、キャンプ・エドワードを破壊した。

TAG DER TOTEN

世界のどこかにある凍てつく森にUltimis&Primisのデンプシー・武雄・リヒトーフェン・ニコライが最後にもう一度だけ集まってキャンプファイアを囲んでいる時、Victisのメンバーはアルカトラズ島で冷凍睡眠から目覚めるやいなやシベリア935部隊の忘れられた施設へと転送。灯台に住む謎の世捨て人と協力してアガルタデバイスを完成させ、自らの真の計画を成し遂げようとしているニコライの手助けをすることになる。

登場人物[編集]

登場人物(エーテルの物語)
  • プリミスの4人(primis)

コールオブデューティ:ブラックオプス2ゾンビモード『ORIGINS』以降から登場する4人組。「2.0」と呼ばれることもある。

ウルティミスの4人(WaW、BO1)とは別次元の人間で、「第63次元」と呼ばれる次元にいる

プリミスの意味はラテン語で「最初」


タンク・デンプシー(デンプシー2.0) 英語声優:スティーヴン・ブルーム/日本語声優:楠大典

階級は伍長。外見は黒のオールバックにちょび髭を蓄えている。服装も全体的に黒茶色で革製手袋と腕輪型方位磁針をしている。

【公式プロフィール1】

タンク・デンプシー伍長 : アメリカの英雄。当初は北フランスでリヒトーフェンを捕らえるために配属されたが、今は敵の戦争機関を滅ぼすためにニコライ、タケオ、そしてリヒトーフェンとともに戦う。必要以上にたくさんの血を見てきた彼だが、“Der Eisendrachce”事件に対する心の準備は出来ていなかった…


【公式プロフィール2】

アメリカ海兵隊所属のタンク・デンプシーは、第1次世界大戦中にロシアのスパイ、日本の武士と協力してDr.エドワード・リヒトーフェンの阻止に当たった。4人はゾンビの大群を食い止めるため、次元を超える壮絶な旅路を歩み続ける

【性格】

プリミス・デンプシーの方が任務に集中している。ソロにおいては各マップの開始時に現地報告を行う(それが届いているかどうかは別として)任務に忠実な兵士。
『何をすべきか』を常に考えており、自分なりの方法で任務遂行を目指すが、周りで次々と起きる超常現象や935部隊の未知の技術にいつも振り回される。 彼の態度は相変わらず下品なままだが、今での攻撃性や冒涜的な言葉をあまり見せず、他の武器を使うことにも積極的になっている。

【人間関係】

リヒトーフェンに疑惑を抱いており、目を離さないように気を付けている。

ニコライとは付かず離れずの関係で、信用するかどうかを決めかねている様子。

武雄との仲が一番良好で、共にリヒトーフェンに警戒している。

リヒトーフェンとはこれまで一度も遭遇したことがなく、彼についての説明を受けただけだったが、旅が進むにつれ、彼の意図を疑うようになっていく。しかし、「Der Eisendrache」の出来事を境に関係は緊迫しなくなる。ニコライやタケオに対しては中立的な立場を保ち、動揺している二人を落ち着かせようとする。(海外wiki翻訳)

ゾンビのことは「肉袋」と呼んでいる

【武器の好み】

とにかく弾幕を張ることを好むトリガーハッピーであり、大量に弾丸をばら撒ければ何でも好み。

強いて言うなら、弾幕を張れる機関銃や機動力が高い上に高速連射が出来るSMGや弾数も連射速度も実質二倍な二丁銃が特に好きな様子。ムービーで使っている銃も大半がLMGと二丁拳銃である。


ニコライ・ベリンスキー(ニコライ2.0) 英語声優:フレッド・タタショア(Fred Tatasciore)/日本語声優:間宮康弘

階級は軍曹。外見はウルティミス同様に耳を覆う帽子をかぶっていて、デンプシーと同じく手袋をしているが、ニコライの方が寒冷地に対応したようなものになっている。

【公式プロフィール1(BO3)】

ニコライ・ベリンスキー軍曹。ヨーロッパの最前線で忘れ去られ、見捨てられた存在。赤軍に籍を置き、最も辛い時においても耐え生き残る術を身につけた。母国に対する忠誠心は彼の中の悪魔との戦いを乗り越えてきた。彼が乗り越えた試練を真に理解する者は少ない。


【公式プロフィール2(BO4)】

ニコライ1.0とは対照的に、プリミスのニコライ・ベリンスキーは機転が利き、酒に呑まれず、他の3人と仲良くやっているが...仕切り屋のリヒトーフェンには、時々疑いの目を向ける。忠誠心が高く熱き漢ニコライは「ブタ野郎共」とその黒幕に不屈の精神で立ち向かう


【性格】

ウルティミスのニコライと違ってアル中気質はすっかり影をひそめ、剛毅なロシアの戦士といったところ。 4人の中でも感情豊かなほうで、ゾンビの群れの殲滅に気分を高揚させることもあれば、荒廃した世界を憂う発言もする。

吹き替え版の彼はどういうわけかアニメ・漫画のパロディ台詞を良く呟く。 中の人(モノマネが好き)の影響かもしれない。

ゾンビのことは「豚野郎」と呼んでいる

【人間関係】

状況の理解が追い付かなくなっており、周りに疑心暗鬼になっている。特にリヒトーフェンに対してはヘイトを貯めており、 リヒトーフェンが何かを隠している事を感づいている。

【武器の好み】

OriginsからRevelationsまでムービーでショットガンを一貫して使用している。 「ニコライはショットガンを愛しています。世界中の誰よりも。」(本人談)


正木武雄(武雄2.0) 英語声優:トム・ケイン(Tom Kane)/日本語声優:林和良

階級は大尉

【公式プロフィール1(BO3)】

タケオ・マサキ大尉。数十年の間、天皇家に忠実に仕える名家の生まれ。“Der Eisendrachce”での出来事の後、彼の揺るぎない忠誠心は、デンプシー、ニコライ、リヒトーフェンと共に、よりよい未来を目指す戦いの中で試されることとなる。


【公式プロフィール(BO4)】

日本の由緒正しい家柄に生まれた正木武雄は、プリミスの一行と次元を超えた旅をする中で、かつて刀に誓った忠誠が報われることはないのだと悟る。アガルタからあふれ出す邪悪と立ち向かう道の先に、自分なりの誇りと尊厳を再び見出そうとしている

【外見】

4人の中では唯一の東洋人。

黒髭を生やしており、髪を後ろで髷のように結っている。

また軍服を改造した忍者のような服を着て、右腕に何かを付けている。腰には日本刀を帯びている。

【性格】

多少疑い深くはあるものの、常に冷静で、いざというときには他の3人とも協調できる優秀な兵士。多少ズレたところはあるもののBO1時代のようなステレオタイプの日本人ではなくなっている。

ゾンビのことは「悪鬼」と呼んでいる

【人間関係】

常に三人から距離を置き、(特にリヒトーフェン)天皇への忠義を忘れないようにしていた…が、Zetsubou no Shimaで天皇その人の裏切りが露見した後は、三人への信頼を増していく。 デンプシーとの仲が一番良好で、デンプシーからは「タック」というあだ名で呼ばれている

【武器の好み】 SMGやタクティカルライフルが好み

ムービーで使用する刀(悲しみの道)は、なぜか実際のプレイで使えなかったが、今作から刀が使えるようになった


エドワード・リヒトーフェン(リヒトーフェン2.0) 英語声優:ノーラン・ノース(Nolan North)/日本語声優:青山穣

階級は博士

【公式プロフィール1(BO3)】

エドワード・リヒトーフェン博士。神秘的なエレメント115の研究と、第935部隊のワンダーウェポン計画への適用を船頭していたサディスティックな存在。彼の壮大な計画は、不安定な未来へと続く危険に彼を誘っていく…


【公式プロフィール(BO4)】

ウルティミスの自身とは対照的に、正常で聡明なDr.エドワード・リヒトーフェン2.0は「アガルタ」と呼ばれる別次元へと到達し、地球をアンデッドで覆いつくそうとする宇宙の勢力を打ち破ろうとしている。目的を達成するためなら、クロノリウムに隠された禁断の知識を使うなど、犠牲はいとわない。そう、どんな犠牲すらも...

【外見】

細長い顔とちょび髭が特徴。4人の中で唯一兵士ではなく、軍服を着ていない。

【性格】

リヒトーフェン1.0の時の狂気は影を潜め、多少ズレた変人科学者といった感じ。胡散臭さは更に増した。自分だけが宇宙を修復することができると信じて疑わず、他の3人に疑惑の目を向けられながら孤独に戦い続ける強靭な精神力を持ち合わせている。 裏切りの可能性が最後まで拭えなかったが、Revelationsにてマキシスと協力して宇宙を修復するというその目的に嘘偽りのないことが照明された。

【人間関係】 3人全員から嫌われている。本人も3人を尊敬しているとは言い難く、しばしば毒を吐く。 とはいえ、Zetsubou No Shimaでは忠義に目が眩んでいた武雄の目を覚まし、 Gorod Kroviでは悪夢に囚われていたニコライを救うなど、宇宙の修復だけでなく他のメンバーの個人的な問題の解決にも一役買っている。

【武器の好み】 スナイパーライフルが好みだったが、BO3以降ではゾンビの挙動が変わったことでリヒトーフェンどころか、他の3人もスナイパーが嫌いになっている

【判別方法】手に何も付けていないので、開始直後からすぐにわかる。


  • ウルティミスの4人(Ultimis)
意味はラテン語で「最後」
デンプシー1.0
ニコライ1.0
武雄1.0
リヒトーフェン1.0
オリジナルタイムライン(WaW~BO2)ではゾンビを発生させてしまう原因を作った元凶もとい黒幕
  • ヴィクティスの4人(Victis)
Victisの意味はラテン語で「倒す」
アビゲイル"ミスティ"ブライアートン(Abigail "Misty" Briarton)日本語声優声優:植田佳奈
マールトン・ジョンソン(Johnson)日本語声優声優:岡林史泰
サミュエル(Samuel J. Stuhlinger)日本語声優版声優:白熊寛嗣
ラスマン(Russman)日本語声優版声優:高橋研二

ベータテスト[編集]

PS4版は1週目、8月4日午前2時〜8月7日午前2時。2週目は、8月11日午前2時〜8月14日午前2時にかけての2回に分けて先行βテストを開催[15]

PlayStation Storeでの配信の他、Amazon.co.jpではPlayStation Store上で引き換え可能なプロダクトコードの配布を行ったが、前作同様CEROZ(18才以上のみ対象)相当で、クレジットカードデビットカードで108円を支払わないとダウンロード、コードの入手ができなかった[16]

9月11日よりバトルロイヤルモード「Blackout」のβテストを一定期間開催した。

ゲーム内容[編集]

マルチプレイヤーモードをメインにしている。また、ゾンビモード、バトルロイヤルモードも用意されている。

今作も前作同様、マルチプレイヤーマップに「Nuketown」が追加[17]された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ PS4版「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」の発売が,海外と同じ2018年10月12日に決定。予約受付は本日スタート4Gamer.net 2018年7月3日
  2. ^ 【CoD: BO4】祝シリーズ15周年! 年表で振り返るシリーズの歴史” (日本語). ファミ通AppVS. 2020年3月5日閲覧。
  3. ^ 『CoD:BO4』Activision最大のDL版発売初日売上に―PSストア最大の初日売上も記録” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2019年6月1日閲覧。
  4. ^ CoD:BO4ブラックアウトの全キャラクター一覧とアンロック条件」『覚醒のFPS』、2018年10月15日。2018年10月25日閲覧。
  5. ^ 因みにこのエリクサーを作ったのはカオスの物語に登場する「スタントン・ショー」である
  6. ^ ゾンビコミックではリヒトーフェンの研究所に直接テレポートし、もう一人のリヒトーフェン2.0から血液の小瓶を受け取っていた
  7. ^ カモメの幽霊の姿をしている
  8. ^ ORIGINSに登場したワンダーウェポン
  9. ^ これはもしもシャングリラからエリア51ではなく、ペンタゴンに飛ばされたら…という話
  10. ^ ここでBlack OpsのMoonのストーリーを挟みます
  11. ^ (プリミスがアルカトラズ島を去る時に使った青い楕円形のテレポーターと同じモノ)
  12. ^ デンプシーが「どうやって身体に戻ったんだ、ドク?」と言っているのはその事です。
  13. ^ デンプシーの音声記録には、3人はMoonの出来事にトラウマを抱えており、リヒトーフェンに裏切られたと感じ、地球破壊後の彼の行動に戸惑っていると話している。
  14. ^ アメリカンピラミッドデバイス
  15. ^ 「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」、マルチプレイ先行ベータの紹介映像を公開Game Watch 2018年8月2日
  16. ^ なお、他のCERO-Z指定の無料コンテンツ同様、ここで発生した108円は後日ストアから返金される。
  17. ^ 【CoD: BO4】あの人気マップ‟Nuketown”がいよいよ登場! 11月14日アップデートにて実装予定” (日本語). ファミ通AppVS. 2019年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]