Days Gone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Days Gone
ジャンル オープンワールドサバイバルアクション
対応機種 PlayStation 4
開発元 Bend Studio
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
メディア ディスク
発売日 2019年4月26日[1]
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
コンテンツ
アイコン
暴力・犯罪
テンプレートを表示

Days Gone』(デイズ ゴーン)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2019年4月26日[1]に発売された、オープンワールドアクションアドベンチャーゲーム[2]。対応機種はPlayStation 4

概要[編集]

謎のウイルスの蔓延でフリーカーと呼ばれる感染者が発生[3]、文明と秩序が崩壊した世界を舞台に、バイカーを生業とする主人公ディーコン・セントジョンとして極限状態をサバイバルしていくアドベンチャーゲーム。

人々は小さなコミュニティ「キャンプ」を作り、自給自足の苦しい生活をしているが、それぞれ敵対しており、フリーカーとは別にゲームの流れによって戦うことになるなど、オープンワールドゲームには珍しい濃いストーリー性も特徴[4]。物資の少ない世界を表現するため、序盤に関しては自由度も少ない。

ライターの渡邊卓也は「(宣伝で用いられる)ゾンビゲームではなく、バイクのゲーム」と批評している[5]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ディーコン・セントジョン(Deacon St.John)
声 - 祐仙勇
本作の主人公。パンデミックが発生したアメリカをバイクで旅している賞金稼ぎの男。パンデミックが起こる前の世界ではバイカーギャングの「モングルズ」に所属していた過去を持つ。両腕にはタトゥーがあり、右首には妻の名前を彫っている[6]
ウィリアム“ブーザー”レイ(William“Boozer”Gray)
声 - 竹田雅則
ディーコンの相棒のバイカー[5]。スキンヘッドで頭にもタトゥーを入れている。序盤にリッパーに襲撃された際に右腕をバーナーで焼かれ、その負傷が元で重度の敗血症を患い、「ロストレイク」のキャンプに収容後、アディの手術によって右腕を切断する事になる。
サラ・アイリーン・ウィテカー(Sarah Irene Whitaker)
声 - 坂本真綾
ディーコンの妻。パンデミックにの混乱中、定員いっぱいだったためサラだけ救助ヘリコプターに乗り、ディーコンとブーザーとは別れた[6]
マーク・コープランド(Mark Copeland)
声 - 津田健次郎
生存者キャンプ「コープランド 」のリーダー[7]。ラジオ・フリーオレゴンを放送し、自身の思想を流布することでカリスマ的な地位を得る[7][8]。主人公にアイテムの回収を依頼する。
アイアン・マイク(“Iron” Mike Wilcox)
声 - 間宮康弘
生存者キャンプ「ロストレイク」のリーダー。ウエスタンハットをかぶっている博愛主義者の穏健派。元々はディーコンと共に働いていたが、流れ者となったためあまりよく思っていない。
マシュー・ギャレット 大佐(Matthew Garret)
声 - 手塚秀彰
口髭の生えた白人男性。デシューツ郡民兵を率いる。人間の統率を求め、南地区を蹂躙。裏切り者は絶対許さない。
デリック・クーリ 大尉(Derrick Kouri)
声 - 杉村憲司
スキンヘッドの黒人男性。ロングコートを羽織る。
スキッゾ(Raymond“Skizzo” Sarkozi)
声 - 浪川大輔
ロストレイクキャンプのメンバー。協力者ではあるが、アイアン・マイクのやり方に近年はよく思っておらず時に敵意も見せる。野球帽をかぶる。
リッキー・パティル(Rikki Patil)
声 - 木下紗華
ロストレイクキャンプのメンバー。黒髪の白人女性。釣り好き。元機械技工士。
アディ・ウォーカー(Addison“Addy”Walker)
声 - 朴璐美
ロストレイクキャンプのメンバー。黒人女性。医者。
アルカイ(Alkai Turner)
声 - 田村真
タッカーのキャンプにいるカウボーイ衣装の武器屋。
ジェシー(Jessie Williamson)
声 - 木内秀信
カルロス(Carlos)
声 - 木内秀信
リーパーの長。
リサ(Lisa Jackson)
声 - 内藤有海
助けられた女子。しかしキャンプのやり方が肌に合わず、転々とする。
オブライアン(James O'Brian)
声 - 木村良平
NEROの一員。サラをヘリに乗せる際に対応した大学院生(当時)。
マニー(Emmanuel“Manny”Mendez)
声 - 後藤光祐
コープランドの住人。メカニック。
テイラー(Wade Taylor)
声 - 後藤ヒロキ
夜盗につかまった男。
エイダ・タッカー(Ada Tucker)
声 - 八百屋杏
生存キャンプ「ホットスプリング」のリーダー。白髪の女性。リサとは元々近所であった。働かぬものは暮せないという厳しい規律をキャンプ内で敷いており、キャンプのメンバーには「奴隷」ともとれる程に苛烈な労働を強いる為、反発を招く事もしばしば。主人公へは賞金首の依頼をする。
アルバレス(Alvarez)
声 - 森夏姫
レオン(Leon)
声 - 佐々木啓夫
追われる男。
ジェームズ・ウィーバー 少尉(James Weaver)
声 - 櫻井トオル
民兵の研究者。巨大な爆薬を制作する。
ヒメネス(Arturo Garćia Jiminez)
声 - 阪口周平
ジム(James Moore)
声 - 増元拓也
マリンズ(Mullins)
声 - 武田幸史
ラッセル(Glen Russell)
声 - 赤坂柾之

登場する敵[編集]

フリーカー(Freakers)
パンデミックを惹き起こした疫病によって変異した人間[9]。耳は価値があるらしく、各々のキャンプで独自に使用できる通貨に変えられる。
この他、疫病に感染した動物や、ディーコンと敵対する生存者も存在する[1]
野盗
生存者の敵。キャンプに避難していない盗みを働く人間。バイクなどを盗むため、武器で攻撃してきたり、フィールドに罠をしかけていることもある[5]
リッパー
ウイルスに未感染だが、フリーカーを崇拝し、その存在になるため体を切り刻んでいる。カルト集団であり、生存者を勧誘するため襲い掛かる[7]
NERO(ネロ)
国家緊急事態対応機構。国家警察や軍に代わってフリーカーの生態調査などを行っているはずの謎の集団。初期に基地としていた避難所やベースキャンプはフリーカーにより壊滅し、ほとんどは巣窟となっている。現在はボンベを背負った無菌スーツであたりを調査している。

関連項目[編集]

  • The Last of Us - 背景設定が類似するSIEのゲームソフト。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界規模で発生したパンデミックの中、極限の世界で生き残る人々の希望と葛藤を描くオープンワールドサバイバルアクション PlayStation®4用ソフトウェア『Days Gone』2019年2月22日(金)発売決定”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018年6月8日). 2018年6月11日閲覧。
  2. ^ PS4新作オープンワールドACT『Days Gone』の発売が2019年に延期! Game*Spark 2018年3月10日
  3. ^ Inc, Aetas. “「Days Gone」の過酷な物語を紹介する最新トレイラー公開。早期購入特典の内容も明らかに” (日本語). www.4gamer.net. 2019年5月13日閲覧。
  4. ^ 株式会社インプレス (2019年4月26日). “「Days Gone」レビュー それでももがいて生きていくしかない! 強いテーマ性が心を打つサバイバルアクション DaysGone” (日本語). GAME Watch. 2019年5月13日閲覧。
  5. ^ a b c 渡邉卓也 (2019年4月25日). “『Days Gone』レビュー” (日本語). IGN Japan. 2019年8月24日閲覧。
  6. ^ a b 脅威がはびこる世界で極限のサバイバル! 『Days Gone』に用意された遊びを掘り下げる【特集第1回/電撃PS】 | PlayStation.Blog” (日本語). 脅威がはびこる世界で極限のサバイバル! 『Days Gone』に用意された遊びを掘り下げる【特集第1回/電撃PS】 | PlayStation.Blog. 2019年8月24日閲覧。
  7. ^ a b c Ittousai. “PS4『Days Gone』ネタバレなしレビュー。ゾンビ海外ドラマ+「終末後の日常」オープンワールド - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2019年8月24日閲覧。
  8. ^ 「Days Gone」はゲームとして悪くはないが、世界観が少し「ズレている」印象が否めない:ゲームレヴュー|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2019年8月24日閲覧。
  9. ^ 【E3 2017】過酷なオープンワールドに秘めた多様性と高い自由度。『Days Gone』メディアセッションレポート”. PlayStation.Blog (2017年6月16日). 2018年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]