スーパー マリオパーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリオシリーズ > マリオパーティシリーズ > スーパー マリオパーティ
スーパー マリオパーティ
Super Mario Party
ジャンル パーティーゲーム
対応機種 Nintendo Switch
開発元 エヌディーキューブ
発売元 任天堂
シリーズ マリオパーティシリーズ
人数 1 - 4人
メディア Switchゲームカード/ダウンロード
発売日 2018年10月5日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
エンジン NintendoWare Bezel Engine
売上本数

日本の旗 122万本(2019年3月末時点)[1]

世界の旗 640万本(2019年3月末時点)[2]
その他 amiibo対応
テンプレートを表示

スーパー マリオパーティ』は、任天堂より2018年10月5日に発売されたNintendo Switch専用ソフト。

概要[編集]

マリオパーティシリーズでは初のNintendo Switch用ソフトで、据置機のシリーズ作品では2015年に発売された『マリオパーティ10』以来11作品目となり、据置機のナンバリングが入ってないタイトルは初となる。テレビモードでの4人プレイだけでなく、Switch本体が2台あれば、Joy-Conをおすそわけし、テーブルモードで最大4人で遊ぶことができる。なお、携帯モードでのプレイには対応していない。

発売日と同日にマイニンテンドーストア限定で、ソフトとSwitch本体とのセット「マイニンテンドーストア Nintendo Switch+スーパー マリオパーティセット」も発売[3]。また2018年12月1日には、ソフトとJoy-Con2本がセットになった「スーパー マリオパーティ 4人で遊べる Joy-Conセット」が発売された[4]

シリーズ初のオンラインプレイに対応しており、世界中のプレイヤーやフレンドとミニゲームを遊ぶモード「オンラインアスロン」が収録されている[5]。オンラインプレイは『Nintendo Switch Online』への加入が必要。

ストーリー[編集]

これまでのマリオパーティで誰がスーパースターかと散々争ったマリオ達。未だに決まっておらず、マリオは「今度こそ本気で本当のスーパースターを決めよう。」と言って、みんなは納得して真のスーパーを決めることになった。キノピオとキノピコはオーナーとして仕切り始まろうとすると、クッパがクッパJr.とその部下を連れて、彼は「スーパースターには我々にも権利がある。」と発言。またクッパはキノピオ達には頼りがないと言うことで厳しくジャッジする為にカメックをオーナーに指名した。そしてキノピオ達は会場を作り、ここで本当のスーパースターを決めるパーティが始まったのだ。

ゲームモード[編集]

マリオパーティ
おなじみの双六で遊ぶモード。ルールは『マリオパーティ8』までに近いものになっている。
マリオパーティ 2on2
2対2のチーム戦。サイコロはチーム2人が同時に振り、合計の数だけ、それぞれ好きな方向に進むことができる。
ミニゲームモード
本作に収録されているミニゲームを遊ぶモード。最初は選べるミニゲームに制限がかかっているが、他のモードをプレイすると解放されていく。
チャレンジロード
ミニゲームを指定されたお題でクリアしていく1人用モード。
オンラインアスロン
10種類のミニゲームの中から5つを選択し、連続でプレイしスコアを競うモード。世界中のプレイヤーと対戦する「ワールドマッチ」、離れたフレンドと対戦する「フレンドマッチ」の2つのモードがある。オフモードでのプレイも可能。
リバーサバイバル
4人で協力し、オールに見立てたJoy-Conを漕ぎながら川を下っていきゴールを目指すモード。途中に発生するミニゲームをすると制限時間が延長される。
なりきりビート
Joy-Conを使い、画面の指示に合わせポーズを決めたり、腕を振ったりするリズムゲーム。
トイパーティ
Switch本体2台を使って様々なゲームを遊べるモード。ゲームごとにそれぞれの本体を並べたり、別々に使い分けたりする。

登場キャラクター[編集]

プレイヤー[編集]

基本キャラクター
隠しキャラクター

司会[編集]

ボードゲーム[編集]

マップ[編集]

ミニゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]