ミニゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミニゲームは、小規模なゲームのこと。スポーツ(特に球技)やコンピュータゲームについて用いる。

コンピュータゲーム[編集]

コンピュータゲームの中に含まれる短いゲームのことをミニゲームサブゲームとも)と呼ぶ。ゲーム本編よりも小規模で質素であり、本編とは異なるジャンルであることが多い。

このようなミニゲームはおまけの要素として含まれている場合と、メインのゲームをクリアするために必須のイベントとして用意されている場合がある。

プレイが強制されないミニゲーム[編集]

以下の例では、ゲーム内にミニゲームがおまけの要素として用意されており、プレイすることによりアイテム・残機・ヒントなどを得ることができる作品もある。

また、アクションゲームなどでは、アイテムを一定個数集めることによって、ステージ終了時に自動的にミニゲームが始まるものもある。

さらにRPGなどでは主人公の能力をミニゲームの成功で上昇させるものがある。

プレイが強制されるミニゲーム[編集]

以下の例は、ゲーム内のイベントで用意され、ミニゲームを行わないとストーリーを先に進めることができないものである。このようなミニゲームでは成功・失敗にかかわらずストーリーを先に進められるものもあるが、成功時と失敗時とではストーリーの進み方が異なったりする場合や、後の戦闘イベントに影響を及ぼしたりする場合もある。また『太閤立志伝V』のように、設定によりミニゲームを省略して進行できる作品も存在する。

  • ファイナルファンタジーVII』(RPG)内の『Gバイク』(レースゲーム)、『チョコボレース』(同)、『潜水艦ゲーム』(シューティングゲーム)など
  • ファイナルファンタジーIX』(RPG)内の『クアッドミスト』
  • 『女神転生Ⅱ』(RPG)内の『デビルバスター』
  • 『さんまの名探偵』(アドベンチャーゲーム)内のボートレース(レースゲーム)、犯人追跡ゲーム(アクションゲーム)など
  • ワギャンランド』(アクションゲーム)内のしりとり、神経衰弱 - このシリーズではボスキャラクターとの戦いがミニゲームによって行われる。
  • リトルバスターズ!』(アドベンチャーゲーム)内の『野球』『バトルランキング』など。進行の都合上、最初の数回だけ強制されることがあるが、途中からプレイヤーの任意でオフにすることもできる(失敗した場合や成績の良し悪しはストーリーの進行に影響されない)。
なお、『リトルバスターズ!エクスタシー』(18禁)で追加された『地下迷宮の探索』だけオフにすることができない。

ロード待ち時間に挿入されるミニゲーム[編集]

容量の少ないミニゲームを先に読み込み、その裏でゲーム本編のロードを行うという手法。ミニゲームの成績によって隠し要素が使えるようになるなどの特典もある。ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)がこの手法で特許を取得しており、家庭用ゲーム特有の長いロード時間を感じさせないよう工夫されている。

ミニゲームの集合体[編集]

メイド イン ワリオ』のように、1本のゲームソフト自体が多くのミニゲームから構成されているものもある。また、同じくミニゲームを多く含んだ『マリオパーティシリーズ』などは、多人数プレイヤー向けに作られたパーティーゲームとして考えられる。