脳ゲー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脳ゲー(のうゲー)は、主に「の鍛錬・活性化」を目的とするコンピュータゲームの一ジャンル。「知育ゲー」「脳トレ」とも呼ばれる。

ゲームジャンルとしては、2003年に有限会社げんがボケ防止、脳活性化をはかれるゲームをau公式サイト「能力UP!ゲームワールド(後に『スペックUP!SQ診断』へ名称変更)」にてリリースしている。任天堂2005年に発売した川島隆太教授監修の『脳を鍛える大人のDSトレーニング』シリーズは大ヒットし、以後他メーカーからも同様のコンセプトを持った脳ゲーが多数発売されるようになり、社会現象にもなるほどの流行を起こした。

複雑な入力を必要としないものが多く、こなす時間を毎日記録しながらスピードや正確性の向上を図るのが基本パターンである。従来の知育玩具が幼児を主な対象としているのに対し、脳ゲーは40歳以上の中・高年齢層を対象にしているものが多い。

このような教育系ソフトは、米国では「シリアスゲーム」と呼ばれ研究が進められている。ゲームを役に立たせるということでは「ゲーミフィケーション」という活動もある。

効能に関する議論[編集]

こういったゲームに、喧伝されるような効果があるか否かについては議論があり、疫学的調査により健康な人の認知機能を高める効果は期待できないという報告がある[1]一方、高齢者の認知機能の一部については効果がある、という報告もある[2]

主な脳ゲー[編集]

ニンテンドーDS[編集]

※特にニンテンドーDS最大の特徴であるタッチスクリーンを活用し、タッチペンで字を書いたり、ボタンの代わりにスクリーンへ直接タッチするなど、既存の家庭用ゲーム機ではまず不可能であった操作が手軽かつ直感的にできることもあって種類も多く、同機種を大ヒットさせ、社会現象を巻き起こした要因にもなっている。

PlayStation Portable[編集]

Wii[編集]

アーケードゲーム[編集]

ケータイアプリ・ケータイゲーム[編集]

  • スペックUP!SQ診断(げん/トランサイクル・ジャパン)

脚注・参考文献[編集]