脱出ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

脱出ゲーム(だっしゅつゲーム)は、コンピュータゲームのジャンルの1つであるアドベンチャーゲームのサブジャンルで、閉鎖された環境(室内や建物など)に閉じ込められた状況から脱出することを目的とするもの。システムなどではなく、シチュエーションまたは目的による分類である。

また、そこから転じて、現実で行われる同様のアトラクションやイベントの呼称としても使用される。

概要[編集]

「閉鎖された環境からの脱出」が目的のアドベンチャーゲーム自体は、『ミステリーハウス』(1980年)などのように古くから存在したが、2001年に、Adobe Flashを利用してWebブラウザ上でプレイできるフリーゲームMOTAS』が作成されたことでジャンルとして確立し、2004年高木敏光製作の『クリムゾン・ルーム』がインターネット上で話題になって以降[注 1]、類似のゲームが数多く作成されたことで急速にジャンルが拡大する。

リアル型脱出ゲーム[編集]

リアル型脱出ゲーム (en:Real-life room escape) とは、アミューズメントパークでの迷路や、謎解きゲームなど実体験での脱出をはかるゲーム。コンピュータゲームと同様、遊園地でのお化け屋敷やヨーロッパの迷路園など、ゲーム自体は古くから存在している。

日本国内では、SCRAPが「リアル脱出ゲーム」という呼称を商標登録している[いつ?]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ クリムゾン・ルーム公式サイトによると、配信当初は世界150カ国から1日20万アクセスを連日記録し、累計アクセスは現在までに5億を超えた。

関連項目[編集]