不謹慎ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不謹慎ゲーム(ふきんしんゲーム)は、注目度の高い事件が発生した後にその事件をネタにして作成、発表され、その事件を茶化すことを主な目的としたコンピュータゲームの総称である。

概要[編集]

こういった不謹慎ゲームは、インターネット上の媒体において、興味本位で話題に採り上げられる一方で、批判も受ける。不謹慎ゲームにおいては否定的な意見のほうが多い。ただし、死者が出た事件や災害を題材とせず、事件の中心となった特定個人の「社会的懲罰」の意味合いが感じられるもの、製作者本人が事件を風化させないためと公表しているような場合は、許容する意見も増える。

ネタとなる「事件」は重大な事件に限らず、「寝ているホームレス生卵をぶつけた動画を現役大学生が公開した」(ただし、後に動画はやらせであったと判明する)といったようなものもある[1]

古くは1995年地下鉄サリン事件をゲーム化した『霞ヶ関』がパソコン通信にアップロードされている。元となった事件が与えた社会的影響が非常に大きいだけに、『霞ヶ関』は不謹慎ゲームの中でも非常に有名なゲームとなった。地下鉄サリン事件で可能な限り大きな被害を出すという内容があまりにも過激であるため、中には『霞ヶ関』を削除するパソコン通信ネットも現れた。

2015年アメリカ同時多発テロ事件の1つアメリカン航空11便テロ事件を追体験することを目的に製作された『8:46』は、事件を茶化す目的で製作されたわけではなく、宗教的な考えや政治的なメッセージ性も無いため、不謹慎ゲームと呼ばれているわけではないが、本作を「不謹慎」と批判する意見はある[2]

2009年Molleindustriaが発表した『Faith Fighter』はキリスト教イスラム教仏教といった各宗教の開祖をキャラクターとしてプレイヤーが操作する対戦格闘ゲームであり、多くの宗教関係者が拒否し、怒りを露わにした[3]

2011年6月14日頃に公開されたとみられるブラウザゲーム、『ファイナル・ブレイカー(FINAL BREAKER)』は、東京電力をモチーフにしたと思われる電力会社の社員を次々と殺害していく内容であり、批判が出たため、6月20日には閉鎖された[4]

2020年にはCOVID-19の世界的な感染拡大により、2012年iOS・Android、その後PC等でリリースされたシミュレーションゲーム、『Plague Inc.』(プレイグインク)が中国アプリストアから一時削除された[5]。理由としては、本作の目標は自分で作った感染症を世界に広げることであるため、不謹慎と見なされたためである。その後、開発会社は伝染病から世界を救う新たなゲームモード「THE CURE」を追加して、新型コロナが収束するまで無料で提供すると発表した[6]

出典[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • ばるぼら『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』翔泳社、2005年5月10日、ISBN 978-4798106571
  • 梅宮タカコ「サリン、トンネル崩落、酒鬼薔薇。人の不幸が一番楽しい!?」『インターネット秘宝館』<別冊宝島353>宝島社、1997年12月14日、pp.100-104。
  • クランツ(編)『封印ゲーム大全』アスペクト、2007年、ISBN 9784757213463
  • 「ゲーマー=犯罪者!?あのアキバ通り魔を予言したゲームがあった!-残虐ゲー&不謹慎ゲーの実態、頑固親父が斬る“けしからん”ゲーム」『ゲームラボ』2008年9月号、三才ブックス。

関連項目[編集]