レーザーディスクゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レーザーディスクゲームLaserdisc Video Game)は、映像表示にレーザーディスクを使用した、テレビゲームのジャンルの一つである。一般に略してLDゲームと呼ばれる。1983年に誕生した。

特殊な仕様が必要とされる事から大部分は業務用大型筐体ゲームである。家庭用製品として、パイオニア1984年に発売したpalcom(パイオニアのLDを搭載した高級MSXのブランド)と、1993年に発売したレーザーアクティブ(LD-ROM²、MEGA-LD)が存在する。1990年代半ば以降、CD-ROMの採用などで動画再生が容易になった家庭用ゲーム機メガCDプレイステーションなど)に移植された作品もいくつかある。

概要[編集]

筐体の内部に、通常のテレビゲームに必要な基板やモニター以外に、レーザーディスクとそのプレイヤーが内蔵されている。この大きさから汎用筐体ではなく、当初は大形筐体やコックピット型筐体として製造された。

ゲームの進行にあわせ、通常のテレビゲームは電子回路から送られるグラフィックをテレビ画面に出力するのに対し、LDゲームはレーザーディスクに収録された、長時間に渡る実写やアニメーションの映像を表示、場合によっては前述のグラフィックを重ねる。このため映画テレビアニメなど版権物のゲーム化も多い。当時のビデオゲームのグラフィックでは不可能だった、細かく美しい映像が表示される。

ビデオテープなどのテープメディアと違い、頭出ししたい場所をすぐ出せるというディスクのメリットを活かし、プレイヤーがゲームの進行にあわせてジョイスティックやボタンを搭載したコントロールパネルを操作すると、該当する別カットの映像をすぐに表示、画面表示の切り替えも違和感無く進める事ができる。

こうした仕組みの関係上、メーカーが同じなら再生用のディスクとコントロールパネルさえ交換すれば、別のゲームへのコンバートも比較的簡単であり、アーケードゲーム基板に順ずる互換性も持ち合わせている。

なお、LDプレーヤー本体とリモコンのみで遊べるテレビゲームの範疇に属さないレーザーディスクゲームも存在し、パイオニアLDCから1982年から1983年に『ミステリーディスク 殺人はいかが?』『ミステリーディスク 殺しの迷路』などの推理ゲーム、東芝EMIからは1985年に『超時空要塞マクロス SFチャレンジゲーム』といったソフトがリリースされている。リモコンのチャプターサーチ、フレームサーチで選択肢を選んで入力するというゲームブックに近いシステムだった。後にミステリーディスクシリーズは、MSXパソコンを用いたLDゲームシステムへ1984年に移植された。

関連づけられるべき存在として、任天堂レジャーシステムの『ワイルドガンマン』(1974年)や『EVRレース』(1975年)、関西精機製作所の『ザ・ドライバー』(1982年)、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)の『ギャラクシアン3』(1990年)が存在する。任天堂と関西精機製作所の方はフィルムを使用したゲームで、開発したメーカーと内部メカニックの構造の経緯でビデオゲームではなくエレメカとして認識されている。ただし、相違点は映像ソースがフィルムかLDかだけで、後に米国のブレントレジャー社が発表した『ストリートバイパー』(1993年)と殆ど変わらず、広義に捉えればビデオゲームのカテゴリーに属する事も出来る。撮影は全て東映が行っている。後者は1990年に開催された国際花と緑の博覧会(EXPO'90)のために開発された世界最大28人同時プレイ可能なシューティング・ビデオゲーム機で、当時出始めたばかりのポリゴンによる3DCGが360度のスクリーンに映し出されるが、当時のゲーム基板の性能ではそれだけの映像をリアルタイムに映し出すことができず、自機(ガンナー)や一部の敵のみをリアルタイムとし、その他の背景映像や敵をあらかじめ映像を記録した複数台のLDで同期再生させていた。のちに普及版として16人乗り、6人乗りの小型版筐体も開発されたが、それらも同様に背景画像はLDで処理していた。

短期間での衰退[編集]

LDゲームの登場当時は、非常に綺麗な映像を使えるビデオゲームとして、大いに期待されたが、実際の人気は短いものとなった。パイオニアの社史では、1983年後半から1984年初頭にかけてアメリカで大ブームになったものの、需要にあてこんで製造したLDプレーヤーが急激な冷え込みによって過剰在庫になり同社は赤字に陥ったとされている[1]

衰退の理由としては以下の要素が挙げられる(#参考文献参照)。

  1. LDの元映像自体は鮮明だったが、ビデオゲーム用のテレビ画面では、再生映像が少々ぼやけていた。
  2. アーケードゲーム、それも大形筐体という、酷使される条件を想定していなかったことに加え、当時のLDは熱や衝撃に弱かったため、故障が多発した。
  3. ゲームの奥行きそのものが浅かった。LD映像はプレイヤーの操作によって、次の映像を変えられるだけで大きく変化させる事が出来ず、ゲーム内容が実際は単なる覚えゲーである。例えば、シューティングゲームであれば、映像内の特定の場所を撃てばいい。ゲームによっては何百ヶ所も選択があるものの、正しい選択を覚えれえばラストまで簡単に行く事ができた。

ただしアメリカでは、日本に比べ独創的なゲームが好まれる傾向があるために、大ヒットのジャンルとなり、その後も1990年代前半までLDゲームが出ていたケースが見られた。

ビデオゲームのグラフィックの表現力が向上し、また、それ自身がビデオメディア無しでも動画が容易に扱えるようになったことで、LDを使用する必然性はなくなり、更にLD自体が衰退してLDプレーヤーが1990年代を最後に新商品の開発自体がなくなったことにより、1990年代後半にはアメリカでも新作がリリースされず市場から消えていくことになった。

1993年には家庭でLDゲームが楽しめる家庭用ゲーム機としてレーザーアクティブなども発売されたが、LDと同等の映像表現が可能で、しかも安価で取り扱いに優れたCD-ROMを採用した家庭用ゲーム機の普及によって、1990年代中盤にはゲーム用メディアの主流は完全にCD-ROMに移った。しかしその後も「映像に合わせてタイミングよく特定のボタンを押す」という要素はいくつかのゲームで踏襲され、現在はQTE(Quick Time Event)などと呼ばれている。

LDゲームの一部は、アマチェアを中心とするアーケードゲームコレクターにより保存されている。しかし、通常の汎用筐体用アーケード基板と異なり、前述通り特殊な仕様とサイズを必要とするため、大形筐体や体感筐体同様、かなりコアなコレクターでなければ保有出来ない。

メディアにDVD-ROMを採用したハードが主流となる2000年代には、技術的にはLDゲームの完全移植も可能となったが、前述の通りLDゲームの筐体は酷使に弱いことや、レーザーディスクの劣化の問題などもあって後年まで現存する基板が少ないため、ある程度の有名作品であっても現行ハードへの完全移植が絶望的な作品も多い。

主なLDゲーム・日本国内メーカー[編集]

前述通り予想外のつまづきが大きかったため、アーケードの衰退が日本より一歩早く始まっていたアメリカでは、LDゲームの失敗で傾いたゲームメーカーも多い。なお以下の★印が付けられたゲームは、実写やアニメなど版権物作品のLDゲーム化である。

セガ[編集]

ホログラム筐体
LDゲーム第1号。発表は1982年に行われている。LDゲームとしては比較的寿命が長かった。なお使用されている背景の映像は東映製作のSF映画『宇宙からのメッセージ』と、テレビ特撮『宇宙刑事ギャバン』からの流用である。
上記の作品のシステムを持った続編。スキャニメイトを使用したレーザーディスクゲーム。海外では"GALAXYRANGER"の題名でバリー=ミッドウェイから発売。
  • アルベガス(1984年)★
二画面を使用したゲーム。『アストロンベルト』、『スターブレイザー』のシステム流用を使ったもの。
  • タイムトラベラー(1992年)
ホログラム筐体を使用した国内メーカー久々のLDゲーム。

データイースト[編集]

  • 幻魔大戦(1983年)★
  • 幻魔タロット(1983年)
    上記作品をモチーフにした占い機で、映像は全て新規に起こしている。
  • サンダーストーム(1984年)
  • ロードブラスター(1985年)
  • キャッシングストーン(1985年・未発売)
    後に『トライアッドストーン』のタイトルでメガLDに移植し、『シュトラール』のタイトルで3DOセガサターンにアレンジ移植されている。

タイトー[編集]

レースゲーム。アメリカではタイトーアメリカが販売。

コナミ[編集]

ガンシューティングゲーム。アメリカではセンチュリー(Centuri)社から発売。
  • マックスマイル(1984年、未発売)

ユニバーサル[編集]

上記2作品はシネマトロニクスからのライセンス。

船井電機、学研[編集]

NEWジャトレ[編集]

  • THE・野球拳
パート29までリリースされ、LD制御用として筐体内にMSXが入っていた。そのうち、パート24と26以降の作品にはレーザーディスクの替わりにフィリップス社のCD-iを使ったバージョンもリリースされた。2007年のAMショーにてDVD媒体での新作がリリースされる事が発表されていたが、最終的には未発売に終わっている。

他にも日本物産や三木商事、セイブ開発(CATS名義)による実写動画による脱衣麻雀も、広義に解釈すればLDゲームのジャンルとして捉える事も出来る。ただし実際に脱衣麻雀にレーザーディスクを媒体として使用したのは日本物産だけである。

主なLDゲーム・海外メーカー[編集]

シネマトロニクス[編集]

アニメの原画はディズニー出身のアニメーターが描いていた。同社は既に会社更生法が適用されていたが、このゲームは通常のアーケードの何十倍も儲かったため、持ち直すのではないかとも言われた。
上記のアニメスタッフによるSF作品。
  • SEA BEAST(1984・85年?・未発売)
RDIビデオシステムズとシネマトロニクスが共同開発予定だったレーザーディスクゲーム。ドン・ブルースチーム下書きのイラストが存在している。

アタリゲームズ[編集]

  • ファイヤーフォックス(1983年)★
  • 宇宙空母ギャラクティカ(1984年・未発売)★
  • ゴルフトレーナー(1984年・未発売)
  • MALIBU GRAND PRIX(1984年・未発売)
  • コップス(1994年)

バリー=ミッドウェイ[編集]

セガからのライセンス作品については#セガを参照。

  • NFLフットボール(1983年)
同社唯一のレーザーディスクゲーム。
  • THE SPECTRE FILES(1987年・未発売)

ウィリアムス[編集]

  • スターライダー(1984年)

マイルスター[編集]

空戦ゲームで、日本ではタイトーから発売。画像処理にIntel 8088を使用するなど、前評判は高かった。しかし、注文が数千台もキャンセルされてしまった。
  • USvsゼム(1984年)

スターン(初代)[編集]

日本では1984年タイトーから販売。
  • ゴーアルトゥーゴー(1984年)
  • アトミックキャッスル(1984年)

ミレニアムゲームプロダクツ[編集]

  • フリーダムファイター(1987年)★

アメリカンレーザーゲームズ[編集]

日本ではカプコンが1992年に販売。
  • フーショットジョニーロック?(1991年)
  • スペースパイレーツ(1992年)
  • ギャラガーズギャラリー(1992年)
  • マッドドッグII ザ・ロストゴールド(1992年)
  • クライムパトロール(1993年)
日本ではナムコが販売。
  • ドラッグウォーズ(1993年)
  • ファストドローショーダウン(1994年)
  • ザ・ラストバウンティハンター(1994年)

以降は映像媒体にLDでなくDVDを使用する様になった。

その他[編集]

  • キューブクエスト(シムトレック、1983年)
  • セレイヤーズクエスト(RDIビデオシステムズ、1984年)
  • ドラゴンズレアII タイムワープ(リーランド、1991年)
  • ストリートバイパー(ブレントレジャー、1993年)
日本ではナムコが100台輸入販売した。

出典[編集]

  1. ^ パイオニア社史編纂委員会編『AV CREATOR PIONEER 音と光の未来をひらくパイオニア50年史』パイオニア、1988年、p.100

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「それは「ポン」から始まった」(アミューズメント通信社)第12章「米国生まれのユニークなゲーム/LDゲーム機への期待」