4X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界を探検し文明を拡張するシヴィライゼーションシリーズは、典型的な4Xゲームである。

4Xは、ストラテジーゲームサブジャンルの一つ。ストラテジーゲームの中でも、"eXplore":探検、"eXpand":拡張、"eXploit":開発、"eXterminate":殲滅、の4つの性質を兼ね備えた作品を指す。[1]

4Xゲームという表現が初めて使用されたのは1993年の米誌Computer Gaming World英語版で、ゲームデザイナー兼編集者のAlan Emrich英語版がSFストラテジーゲームMaster of Orion英語版を紹介する際に用いたといわれている。元々はポルノを意味するXXXをもじったジョークであった。同作のヒット後、こうしたジャンルの作品を指す言葉として広く用いられるようになった。[1]

2003年Master of Orion III英語版の登場時に、4Xにさらに"eXprience":体験、を加えた5Xという表現が用いられたこともあるが、普及しなかった。[1]

4Xゲームの例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c サブジャンル「4X game」の変遷と憂鬱”. AUTOMATON (2014年6月25日). 2016年6月9日閲覧。

関連項目[編集]