ロードブラスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロードブラスター』は、1985年データイーストが制作・販売していたアーケードゲームレーザーディスクゲーム(LDゲーム)である。第1弾『幻魔大戦』、第2弾『サンダーストーム』に続く、同社のLDゲーム第3弾。アニメーション制作は前作と同じく、東映動画が担当した。

ストーリー[編集]

199X年、アメリカ。モーターテクノロジーの発達により凶悪化していく暴走族達と対抗するため、政府は「SCP」(Spechal Car Police)を組織するが、暴走族側もそれに対抗する統一組織「RRR」を結成した。海、山、市街地、荒野とあらゆる場所で「SCP」対「RRR」の激しい戦いが繰り広げられる。

「SCP」の中には、車体番号000を持つ赤いモンスターマシンを駆り、一度狙いを定めたターゲットは絶対に逃がさず仕留めるため、「RRR」に“オオカミの化身”と呼ばれて最も恐れられていた男がいた。しかし、最愛の妻との新婚旅行中に男の車が「RRR」に襲撃され、崖の上から突き落とされるという悲劇が降りかかる。奇跡的に助かった男の隣には、変わり果てた妻の姿があった。

妻を失った悲しみが男の心に復讐という名の炎を燃え上がらせ、復讐の牙を研ぎ澄ましたモンスターマシンが唸りを上げる。妻を殺した緑髪の女が率いる暴走族を獲物として求める男と、モンスターマシンによる復讐のドラマが今、始まる。

概要[編集]

プレイヤーはモンスターマシン「LX-5」のドライバーとなり、ステアリングと2つのペダル(スーパーチャージとブレーキ)を使いながら、LX-5を操作して各ステージの「アクシデント」、すなわちLX-5を攻撃してくる暴走族(車やバイクを運転)を壊滅する。

「攻撃」や「操縦」などは前作『サンダーストーム』と同様だが、途中では「同時押し」という機能が加えられた。前作と同様、入力したコマンドが正しければ次のシーンに進め、誤っていればミスされ、自機がクラッシュされるアニメが流れて残りのマシンが1台減る。全部無くなるとゲームオーバーとされる。前作と同様のシステムを持ったゲームであった。

全篇背景動画で書き起こされ、その枚数は10万枚を越える。なお、この背景動画の画風は、当時の大ヒットアニメの『北斗の拳』に近い絵である。

ステージ[編集]

  • ステージ1:復讐の紅き狩人
  • ステージ2:危機一発! 激走大峡谷
  • ステージ3:炎上ハイウェイ 夕暮れの血に染めて…
  • ステージ4:スクラップは奴等の墓標
  • ステージ5:惨劇の街 悪党に逃げ道はない!
  • ステージ6:悪夢のレイクサイドリゾート
  • ステージ7:地下水路のアジトを叩け!
  • ステージ8:死闘! 恐怖の暴走トラクター
  • 最終ステージ:地獄の果て… 復讐の果て… (終盤では赤いスポーツカーから白いバンに乗り換える)

ステージの流れはシーケンシャル(ステージ1からステージ9まで順序どおりにプレイ)とランダム(ステージ1と9以外をアトランダムに選択)を基板の設定で選択できる。

アニメパートスタッフ[編集]

隠れキャラ[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

移植[編集]

外部リンク[編集]