テクノスジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


テクノスジャパンは、

  1. 東京都新宿区本社を置くIT企業。テクノスジャパン (新宿区)を参照。
  2. かつて存在したゲームソフトウェア開発会社。
  3. 兵庫県姫路市に本社を置く福祉機器IT機器を扱う会社。

三者の間に関係はない。以下では、2.について記す。

株式会社テクノスジャパン
TECHNOS JAPAN CORP.
テクノスジャパン 2014-02-20 04-54.jpg
種類 株式会社
本社所在地 165-0026
東京都中野区新井一丁目26-6
設立 1981年12月
業種 情報通信業
事業内容 ゲーム用ソフトウェア開発
コンピュータゲーム機開発販売
代表者 瀧 邦夫
資本金 9,000万円
売上高 26億円(1994年9月期)
従業員数 80名
決算期 9月
特記事項:『帝国銀行会社年鑑. 第76版(1996)』(帝国データバンク)記載のデータを参考。
テンプレートを表示

株式会社テクノスジャパン は、かつて日本に存在したゲームソフトウェア開発会社。

データイーストの専務だった瀧邦夫を中心としたデータイーストの元スタッフによって1981年に設立。『くにおくんシリーズ』により、一躍ヒットメーカーとなり横スクロール格闘アクションゲームのブームを作る。

概要[編集]

一般的な呼び方は「テクノス」 (TECHNOS) で、社名ロゴやテレビ・コマーシャルでも略称のテクノスという名前が強調された。

「ゲームをシステム(ルール)と捉え、+aとなる要素を付け足して1+1=3にする」という姿勢で、同じシステムを使い回すような単なる続編は作らなかった。

また、キャラクターの名前は社員から採られることがあった。『熱血硬派』というタイトルで開発が進められていた作品には大ヒットするという確信があったようで、社長の名前をもらい『くにおくん』と付けた事は有名。はたして1986年にアーケードゲームとして発売した『熱血硬派くにおくん』は予想通りにヒットし、家庭用ゲーム機に場を移すなどして後々シリーズ化していくことになった(くにおくんシリーズ)。

本社は創業当初、東京都新宿区西新宿にあったが、のちに同区歌舞伎町へ移転。1992年には中野区新井に自社ビルとして「テクノス中野ビル」を建設し、移転した。しかしテクノスが『くにおくんシリーズ』1本に頼りすぎたため、ゲーム機の進化についていけず新たなヒット作に恵まれなかった。このため、バブルの頃をピークに売上が低調に推移し、本社建設費が利益を圧迫しはじめ、経営不振に陥る。さらにネオジオ版ダブルドラゴンの不具合回収などが追い打ちをかけ、1995年12月15日には事務所が閉鎖し事実上の業務停止、翌1996年に倒産した。ビルはオーナーやテナントが変わっても長年そのままの名称で現存していたが、2013年10月1日をもってビル名称が「いちご中野ノースビル」に変更されることとなった。

『くにおくんシリーズ』の版権は現在ミリオンが持っている。以前はアトラスが移植作を発売していたが、現在はアークシステムワークスが発売している。

ゲーム作品[編集]

外部リンク[編集]