ベルトスクロールアクションゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベルトスクロールアクションゲームとは、コンピュータゲームの一ジャンルの名称であり、アクションゲームの一種である。省略形で「ベルトスクロール」「ベルトアクションゲーム」「ベルスク」と呼ばれる事がある。英語圏で「Beat 'em up」と呼称されるジャンルについても類似性から後述する。

概要[編集]

次々と現れる敵を格闘技などを駆使して倒しながら、横長ベルト状のフィールドを右方向に進行してクリアを目指すアクションゲーム、または類似したゲームシステムを持つゲーム。遠近感のある背景の描かれたサイドビューのフィールドを、キャラクターが上下移動することによって、疑似的に奥行きを表現[1]。この奥行きのある横長の2Dフィールドをベルト(帯)に見立て、そのベルトをひたすら横方向にスクロールさせながら進行するアクションゲームのため、「ベルトスクロールアクションゲーム」と呼ばれる[1]。しかし、時代が進みゲームが進化することによって、このようなベルト型のフィールドを採用していないゲームも増えるが、進展条件と戦闘システムが類似しているため、「ベルトスクロールアクションゲーム」として認識されるゲームも多数ある(下記の『ベルトスクロールアクションゲームリスト』参照)。

歴史[編集]

1986年より稼働開始したアーケード版『熱血硬派くにおくん』によって、サイドビューに奥行きをもたせたベルト型フィールドと、一人で多人数を相手に戦う無双バトル、そして投げ・コンボ攻撃・ジャンプ攻撃といった手段で相手を倒すという、今でも多くのベルトスクロールアクションゲームに受け継がれる基礎となるシステムが確立される。[2]

1989年の年末にアーケードで稼働開始した傑作『ファイナルファイト』の成功によって他社からも類似作品(例:バーニングファイト, ベア・ナックル, ラッシング・ビート)が量産されたりと、90年代には100タイトル以上のベルトスクロールアクションゲームがリリースされ、アクションゲームの1ジャンルとして一世を風靡。しかしその後はアーケードゲーム業界の衰退[3] とポリゴンによる3D表現の進化とゲームの多様化に伴い、ベルトスクロールアクションは2Dシューティングゲームなどと共にドット絵時代の古いジャンルの一つとして衰退していった[4]

2010年代に入ると、PCの性能向上やUnityUnreal Engineといったツールのおかげでゲームの開発が安価かつ手軽になり[5]、日本の元ベルトスクロールアクション開発者[6] や幼少の頃に遊んでの影響を受けた海外インディーズ開発者[7][8] を中心に、システムを現代風にアップグレードした作品(例:ドラゴンズクラウン)や、オマージュ作品(例:Fight'N RageThe TakeOver)や、正式ライセンス作品(例:ベア・ナックルIVRiver City Girls)が発売されたり、ゲーム機のミニ版(例:メガドライブ ミニネオジオ ミニ)に過去の名作が収録されたり、YouTubeなどの動画媒体で紹介されることにより、再び盛り上がりを見せている。

よくある仕様[編集]

  1. 主に敵を全滅させることによって次のエリアまたはシーンに進むことができる(例:熱血硬派くにおくん, ダブルドラゴン, ファイナルファイトベアナックル)。場面によっては、規定の敵を倒す、規定数の敵を倒す、ギミックを起動させる、横道に入るなどの代替条件が存在する。条件をクリアしたら次の場面に行き、そして徐々に難易度が上がる、というのをエンディングまで繰り返すというのがゲームの大まかな流れである。
  2. 攻撃は主に格闘技と拾った武器(例:熱血硬派くにおくん, ダブルドラゴン, ファイナルファイトベアナックル)というのが主流。ファンタジーの世界観をもつゲームにおいては剣と魔法というものが多い(例:ゴールデンアックス, D&D, ザ・キングオブドラゴンズ)。これらに当てはまらないゲームでの攻撃方法は、基本的にそれぞれのゲームの世界観に準ずる。
  3. 攻撃ボタン連打によるコンボ攻撃がメインで、コンボを最後まで当てると敵が転倒するようになっている。(例:熱血硬派くにおくん, ダブルドラゴン, ベアナックル
  4. ジャンプ攻撃では懐にもぐれたり、相手を転倒させたりできる。(例:熱血硬派くにおくん, ゴールデンアックス, ベアナックル
  5. 攻撃されずに敵に近づくことに成功すればつかみ状態になり、そこから投げや近接攻撃に移行できる。(例:ファイナルファイト, ベアナックル
  6. 時代が進むことによって、空中コンボやガードやコマンド入力技や通常攻撃キャンセルといった対戦型格闘ゲームの仕様を導入するゲーム(例:エイリアンVSプレデター, D&D, ベア・ナックルIV)や、レベルアップや装備といったRPGの要素をもったゲーム(例:D&D, CODE OF PRINCESS)や、ハクスラの様に敵をひたすら倒してランダムに出てくるアイテムを集める要素を持ったゲーム(例:ドラゴンズクラウン)も登場し、ベルトスクロールに囚われないシステムのクロスジャンル化が多く見られる。
  7. 2Dの場合は、上下左右にフィールドを動いたりジャンプすることができるが、左右しか向く事の出来ない、移動はトップビューで見た目はサイドビューを採用したゲーム(例:熱血硬派くにおくん, ダブルドラゴン, ファイナルファイト, ベアナックル)が多い。このタイプのゲームは、自機と敵のY座標(通称:ライン)を合わせることによって、攻撃を当てることができるシステムとなっている。その他2Dでよくある仕様として、上下移動は2-3ラインと限られたライン数だけ移動できるサイドビューの物(例:ガーディアンヒーローズ, ファントムブレイカー)や、1ラインしか無い完全サイドビューの物(例:コミックスゾーン, ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン)も存在する。
  8. 3Dの場合は、3D空間を移動し、どの方向にも向くことが出来るので、ベルトスクロールや決まったラインという概念はないが、戦闘とエリア移動の条件は2Dベルトスクロールアクションを踏襲したゲーム(例:アーバンレイン, ゴッドハンド, スパイクアウト)が多く見られる。ゲーム内容としては無双系に近いものになる。その他はポリゴンを採用しているが、基本は2Dベルトスクロールアクションと同じくベルト型のフィールドで左右のみの向くことが出きるゲームも存在する(例:ダイナマイト刑事)。

ベルトスクロールアクションゲームリスト[編集]

1980年代[編集]

発売時期 タイトル メーカー 対応機種 最大人数 備考
1986年5月 熱血硬派くにおくん テクノスジャパン アーケード 1人 一般的にベルトスクロールアクションの始祖を作った作品と評されている[9]
1987年 ダブルドラゴン テクノスジャパン アーケード 2人 ファミリーコンピュータ版とゲームボーイ版は1人まで、セガマークIII版は2人同時プレイ可能
1987年12月[10] 子連れ狼 日本物産[10] アーケード[10] 1人
1988年 忍者龍剣伝 テクモ アーケード 2人 ファミコン版等との繋がりはない。全編通して「西洋人が勘違いした忍者(日本文化)」という、いわゆる西洋忍者なステレオタイプを下地にした派手目な作風である。高低差要素のあるベルトスクロールアクションゲームに近いゲームで、「握るボタン」とボタンの組み合わせによる忍者アクションができる。
1988年8月 武田信玄 ジャレコ アーケード 2人 PCエンジン版は1人プレイ専用で、内容がアレンジされている
1988年11月 脱獄 -Prisoners of War- SNK アーケード 2人 ファミリーコンピュータ版は1人まで
1988年12月 ダイナマイトダックス セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人
1989年01月 タフターフ サン電子 アーケード 2人
1989年05月 ゴールデンアックス セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人
1989年06月 ギャングウォーズ アルファ電子 アーケード 2人
1989年09月 DJボーイ カネコ アーケード 2人 メガドライブ版は1人プレイ専用
1989年09月 破兆 ジャレコ アーケード 2人
1989年12月 ファイナルファイト カプコン アーケード 2人 第4回ゲーメスト大賞受賞作品。スーパーファミコン版は1人プレイ専用
1989年 クライムファイターズ コナミ アーケード 4人
1989年 ダブルドラゴンII ザ・リベンジ テクノスジャパン アーケード 2人
1989年 ワイルドファング テクモ アーケード 2人

1990年代[編集]

発売時期 タイトル メーカー 対応機種 最大人数 備考
1990年 エイリアンストーム セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人
1990年07月 ニンジャコンバット アルファ電子 NEOGEO 2人
1990年 T.M.N.T. 〜スーパー亀忍者〜 コナミ アーケード 4人 ファミリーコンピュータ版は2人まで
1990年 コンバットライブス テクノスジャパン アーケード 3人 制作は『ダブルドラゴン』開発チーム。スーパーファミコン版は2人まで
1990年 ダブルドラゴン3 ザ・ロゼッタストーン テクノスジャパン アーケード 3人 ファミリーコンピュータ版は2人まで
1990年 ルナーク タイトー アーケード 4人 悪の密猟組織から動物を助ける作品。メガドライブ版は1人プレイ専用
1991年02月 戦国伝承 SNK NEOGEO 2人
1991年02月 ニンジャキッズ タイトー アーケード 4人
1991年05月 バーニングファイト SNK NEOGEO 2人
1991年05月 ライオットシティ セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人 開発はウエストン ビット エンタテインメント
家庭用ゲーム機に唯一移植されたPCエンジンSUPER CD-ROM2版『クレスト・オブ・ウルフ 狼的紋章』は1人プレイ専用。
1991年06月 D.D.クルー セガ アーケード 4人
1991年07月 クロスブレイズ アイレム アーケード 2人
1991年07月 クライムファイターズ2 コナミ アーケード 4人
1991年08月 ザ・シンプソンズ コナミ アーケード 4人 拡大縮小機能を使った演出が特徴
1991年08月 あしたのジョー伝説 SNK NEOGEO 1人 8方向レバーに加え、パンチと防御の2ボタンで操作を行う
1991年08月 闘神ブレイザーズ ビデオシステム アーケード 4人
1991年08月 ベア・ナックル 怒りの鉄拳 セガ(現在はセガゲームス メガドライブ 2人 制作は第6AM研究開発部(スマイルビット
1991年09月 ザ・キングオブドラゴンズ カプコン アーケード 3人 スーパーファミコン版は2人まで
1991年09月 T.M.N.T. Turtles in Time コナミ アーケード 4人 国内未発売。スーパーファミコン版は国内でも発売された
1991年10月 ロボアーミー SNK NEOGEO 2人
1991年11月 キャプテンコマンドー カプコン アーケード 4人 スーパーファミコン版は2人、PlayStation版は3人まで
1991年11月 プリルラ タイトー アーケード 2人
1991年12月 キャプテン・アメリカ&ジ・アベンジャーズ データイースト アーケード 4人
1991年12月20日 バトルトード レア ファミリーコンピュータ, メガドライブ 2人 ファミコン時代に多重スクロールや回転拡大縮小等の脅威のグラフィック技術を見せつけた作品。
1991年 スパイダーマン ザ・ビデオゲーム セガ アーケード 4人 本作でスパイダーマンの版権を獲得したため、メガドライブ版『ザ・スーパー忍』再版バージョンではスパイダーマンがそのまま登場する
1991年 アラビアンファイト セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 4人 その名の通り『アラビアンナイト』がモチーフ。スプライトの拡大縮小機能を使用してキャラクターが手前に進むと拡大、奥に進むと縮小して遠近感を持たせている
1991年 Brute Force Leland アーケード 3人
1992年 フック アイレム アーケード 4人 映画『フック』のゲーム版
1992年 Bラップボーイズ カネコ アーケード 3人
1992年01月 ナイツ オブ ザ ラウンド カプコン アーケード 3人 スーパーファミコン版は2人まで
1992年03月 最終格闘貴族レジオネア TAD アーケード 2人
1992年03月 64番街 ジャレコ アーケード 2人
1992年03月 ザ・グレイトバトルII ラストファイターツイン バンプレスト スーパーファミコン 2人 使用キャラクターはガンダムF91ウルトラマングレートライダーRXなど
1992年03月 ラッシング・ビート ジャレコ スーパーファミコン 2人
1992年04月 ミューテイション・ネイション SNK NEOGEO 2人
1992年05月 ウォリアーブレード タイトー アーケード 2人
1992年05月 Asterix コナミ アーケード 2人
1992年06月 サイレントドラゴン イーストテクノロジー アーケード 3人
1992年06月 キング・オブ・ザ・モンスターズ2 SNK NEOGEO 2人 スーパーファミコン版は回復アイテムの出現率が上昇しているなど、難易度が下げられている
1992年06月 X-MEN コナミ アーケード 6人
1992年07月 アンダーカバーコップス アイレム アーケード 3人 スーパーファミコン版は1人プレイ専用
1992年09月 アラビアンマジック タイトー アーケード 4人
1992年09月 Bucky O'Hare コナミ アーケード 4人
1992年10月 ゴールデンアックス デスアダーの復讐 セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 4人 メガドライブ版の『ゴールデンアックスII』とは別作品
1992年10月 リターン・オブ・ダブルドラゴン テクノスジャパン スーパーファミコン 2人 完全オリジナル作品
1992年12月 ラッシング・ビート乱 複製都市 ジャレコ スーパーファミコン 2人 ダウン攻撃などが可能に
1992年12月 天地を喰らうII 赤壁の戦い カプコン アーケード 3人 セガサターン、PlayStation版は2人まで
1992年12月 ビッグファイト 辰巳電子工業 アーケード 2人
1992年12月 Guardians of the 'Hood Atari アーケード 3人
1993年01月 エイリアンVSプレデター IGS スーパーファミコン 1人 1994年のカプコン版とは別物。対戦モードのみ2人同時プレイ可能
1993年01月 ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌(レクイエム) セガ メガドライブ 2人 コマンド必殺技やキャンセル技など対戦格闘ゲームさながらの連続攻撃を繰り出せる
1993年02月 戦国伝承2 SNK NEOGEO 2人
1993年03月 ウルトラ闘魂伝説 バンプレスト アーケード 2人 ジャイアントスイング技などが使える
1993年03月 ザ・グレイトバトルIII バンプレスト スーパーファミコン 2人 前作『ザ・グレイトバトルII ラストファイターツイン』の後日談
1993年03月 スプラッターハウス PARTIII ナムコ メガドライブ 1人 ホラーアクションゲーム『スプラッターハウス』の家庭用オリジナル続編。敵を掴んで頭突きするヘッドクラッシュやボディスラムなどプロレス技が使えるようになった
1993年04月 キャディラックス 恐竜新世紀 カプコン アーケード 3人
1993年04月 パニッシャー カプコン アーケード 2人 家庭用ゲーム機では唯一、海外向けメガドライブにのみ移植されている
1993年05月 ゼロチーム セイブ開発 アーケード 2人
1993年05月 ファイナルファイト2 カプコン スーパーファミコン 2人 スーパーファミコン版オリジナルの続編
1993年06月 ナックルバッシュ 東亜プラン アーケード 2人
1993年06月 シャドウフォース 変身忍者 テクノスジャパン アーケード 2人
1993年06月 ゴールデンアックスIII セガ(現在はセガゲームス メガドライブ 2人
1993年06月 マイティファイナルファイト カプコン ファミリーコンピュータ 1人 経験値によるレベルアップ要素あり
1993年08月 メタモルフィックフォース コナミ アーケード 4人
1993年09月 バイオレントストーム コナミ アーケード 3人
1993年09月 ナイトスラッシャーズ データイースト アーケード 3人
1993年09月 野球格闘リーグマン アイレム アーケード 4人
1993年12月 ラッシング・ビート修羅 ジャレコ スーパーファミコン 2人 ステージ分岐、ガードなどを採用
1993年09月 Judge Dredd Midway アーケード 3人
1994年 電神魔傀 バンプレスト アーケード 2人 スーパーファミコンへの移植タイトルは『ゴーストチェイサー電精』
1994年01月 ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム カプコン アーケード 4人 セガサターン版は2人まで、PlayStation 3版は4人同時プレイ可能
1994年1月28日 ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン ナツメ・タイトー スーパーファミコン 1人 ニンジャウォーリアーズ』のリメイク作。1ライン制。
1994年03月 ベア・ナックルIII セガ(現在はセガゲームス メガドライブ 2人 スペインのBOMBER GAMESというグループが、本作をベースに『I』や『II』のキャラクターやステージを詰め込んでオリジナル要素も加えた亜流リマスター作品『Streets of Rage Remake』を無料配布している[11]
1994年4月 Legend Arcade Zone スーパーファミコン(SNES) 2人
1994年4月 The Pirates of Dark Water サンソフト スーパーファミコン(SNES) 2人
1994年05月 エイリアンVSプレデター カプコン アーケード 3人 版権の関係上、家庭用ゲーム機には一切移植されていない
1994年05月 クレヨンしんちゃん2 大魔王の逆襲 バンダイ スーパーファミコン 1人 1993年7月に公開された映画『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』の続編として作られたゲーム
1994年10月 パワード ギア カプコン アーケード 3人 同社の対戦格闘ゲーム『サイバーボッツ』に一部グラフィックが流用されている
1994年10月 UFO仮面ヤキソバン ケトラーの黒い陰謀 DEN'Z スーパーファミコン 1人 日清食品の『日清焼そばU.F.O.』のCMキャラクターを起用した作品。元々は懸賞用の非売品ソフトだったがのちに商品化された
1994年12月 熱血親子 テクノソフト PlayStation 2人 家庭の平和を取り戻すために住宅街や採掘場、クジラの胃袋内で戦う家族や空中コンボなどが特徴。翌年セガサターンにも移植された
1994年 Battle Toads レア アーケード 3人
1995年2月10日 アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士 Piko Interactive スーパーファミコン 2人 プレミア価格で値段が高騰している中、2017年に再発売されて話題となった作品。[12]
1995年03月 美少女戦士セーラームーン バンプレスト アーケード 2人 スーパーファミコンの同名ゲームとは別物
1995年5月2日 コミックスゾーン セガ メガドライブ 1人 漫画家を題材とした、奥行きのないサイドビューのベルトスクロールアクションゲーム。
1995年09月 美食戦隊薔薇野郎 ヴァージンインタラクティブエンターテインメント スーパーファミコン 1人~2人 疑似二人プレイ対応。
1995年12月 ガーディアンズ/電神魔傀II バンプレスト アーケード 2人 『電神魔傀』の続編
1995年12月 ファイナルファイト タフ カプコン スーパーファミコン 2人 スーパーファミコン版オリジナル作品。CPUとの協力プレイが可能
1996年 ダイナマイト刑事 セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人 開発途中で映画『ダイ・ハード』の版権を取得する事が出来た為、海外向けでは『Die Hard Arcade』として発売された
1996年01月 ガーディアンヒーローズ トレジャー セガサターン 2人 ライン制。VSモードでは最大6人まで、Xbox 360のXbox Live Arcade版ではオンラインVSモード限定で最大12人同時プレイが可能
1996年02月 ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ カプコン アーケード, セガサターン, PlayStation 3 4人 セガサターン版は2人まで、PlayStation 3版は4人同時プレイ可能
1996年 Batman Forever Iguana Entertainment アーケード 2人
1997年 西遊釋厄傳 IGS アーケード 4人 西遊記』を原作にした台湾産の作品で、英語圏では『オリエンタルレジェンド』
1997年 NEWゼロチーム セイブ開発 アーケード 2人
1997年04月 バトルサーキット カプコン アーケード 4人 当初は格闘レースゲームとして発売される予定だった
1997年08月07日 パンツァーバンディット バンプレスト PlayStation 2人
1998年 スパイクアウト セガ アーケード 4人 一人で一筐体を使用するため、見知らぬ相手が乱入してくる協力プレイが可能
1998年 スパイクアウト ファイナルエディション セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 4人 家庭用リメイク版としてXbox版『スパイクアウト バトルストリート』が発売された
1998年 ダイナマイト刑事2 カリブの海賊編 セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人 ドリームキャスト版では『トランキライザーガン』や100人の敵を倒す時間を競う百人組手モードを収録
1998年1月15日 メタルフィスト エレクトロニック・アーツ PlayStation 2人 横スクロールタイプのベルトスクロール系格闘アクションゲームを、そのまま3D化したようなゲーム。
1998年3月26日 鉄拳3 ナムコ PlayStation 1人 PlayStation版にはベルトスクロールアクションの「鉄拳フォースモード」が含まれている。
1998年6月18日 クライシスビート[13] バンダイ PlayStation 2人 3Dポリゴンを採用したベルトスクロールアクション。
1998年9月30日 Ninja: Shadow of Darkness Core Design PlayStation 1人 3Dポリゴン忍者 Beat'em Up。
1998年12月15日 Legend Toka PlayStation 2人 1994年同名ゲームのリメイク
1999年 ガイアクルセイダーズ ノイズファクトリー アーケード 2人 元アトラスの『豪血寺一族』の開発スタッフらが設立した会社が制作
1999年 三国戦紀 IGS アーケード 2人 三国志』の登場人物が登場し、カプコンの『シャドーオーバーミスタラ』で使用されていたシステムを採用
1999年 三国戦紀スーパーヒーローズ IGS アーケード 2人 コンボを繋げて加算スコアが増加するシステムを追加
1999年 西遊釋厄傳SUPER IGS アーケード 4人 日本では正式にリリースされていないグレードアップ版
1999年 ゾンビリベンジ セガ アーケード,ドリームキャスト 2人 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズの3Dアクションゲーム
1999年 The Legend of Silkroad Unico アーケード 2人

2000年代[編集]

発売時期 タイトル メーカー 対応機種 最大人数 備考
2000年3月28日 Jackie Chan Stuntmaster Radical Entertainment PlayStation 1人 PS1後期に出た、ジャッキーチェンが主人公のポリゴンベルトスクロール。
2000年5月18日 Gekido: Urban Fighters NAPS team PlayStation 2人 PS1後期に出た、ポリゴンベルトスクロール。
2000年12月23日 バウンサー スクウェア PlayStation 2 1人 3Dアクション格闘RPG。
2000年 三国戦紀2 IGS アーケード 2人 イベントを5面終了までに6つ以上成功させていなければ、6面に行けず簡易エンディングになってしまう
2000年 ゼロチーム2000 セイブ開発 アーケード 2人 ゼロチームのマイナーチェンジ版
2000年 ザ・クリスタルオブキングス EolithBrezzasoft アーケード 2人
2001年 三国戦紀2+武将争覇 IGS アーケード 2人 『三国戦紀2』の改訂版
2001年10月 戦国伝承2001 SNKノイズファクトリー NEOGEO 2人 『ガイアクルセイダーズ』と同様、「ゲーム前半のボスキャラクターが後半でプレイヤーキャラクターとして選択可能」というシステムを採用
2001年 レイジングブレス ~降魔黙示録~ ジャレコ PlayStation 2 2人
2002年6月6日 The Age of Heroes: Silk Road 2 Unico アーケード 2人
2003年 デモリッシュフィスト サミー アーケード 2人 ドリームキャストの流用基板アトミスウェイブを採用
2003年 新・三国戦紀 七星転生 IGSサミー アーケード 2人 システムボードはサミーのアトミスウェイブ。
2003年 闘幻狂 IGS アーケード 4人
2003年10月16日 Batman: Rise of Sin Tzu UBI PlayStation 2 1人 3Dポリゴンアクションゲーム。日本未発売。
2004年 西遊釋厄傳 群魔乱舞 IGS アーケード 4人 前作『SUPER』と同じく、日本では正式には発売されていない。
2004年03月 ダブルドラゴン アドバンス アトラス ゲームボーイアドバンス 2人 初代『ダブルドラゴン』のリメイク作品。
2005年08月 アラド戦記 ハンゲーム(現在はネクソン アーケード 4人 正式なジャンルはMORPG。全世界で2億のIDがあり、中国で220万、韓国で28万の最高同時接続者記録を持っている
2005年9月16日 Mortal Kombat: Shaolin Monks ミッドウェイゲームズ PlayStation 2, Xbox 1人 モータルコンバットの横スクロールポリゴンベルトスクロールアクションゲーム。
2005年9月29日 アーバンレイン ナムコ(現在はバンダイナムコゲームス PlayStation 2 1人 鉄拳シリーズとソウルシリーズのスタッフが互いに協力し合って制作が進められた作品
2005年10月17日 The Warriors Rockstar Games PlayStation 2, PlayStation Portable, Xbox 1人 1979年の同名の映画をゲーム化した作品。
2006年2月28日 Final Fight: Streetwise カプコン PlayStation 2 1人 海外制作の3Dポリゴン版ファイナルファイト。日本未発売。
2006年08月 GUILTY GEAR JUDGMENT アークシステムワークス PlayStation Portable 2人 アドホック・パーティー対応。過去に発売されたPlayStation 2版『GUILTY GEAR XX / -SLASH-』も収録
2006年9月14日 GOD HAND カプコン PlayStation 2 1人 クローバースタジオ名義の最後の作品。3D格闘アクション。
2007年07月 ダイナマイト刑事EX 〜アジアンダイナマイト〜 セガ(現在はセガ・インタラクティブ アーケード 2人 キャラクターの衣装により性能が変化するコスプレシステムを導入
2008年08月 Castle Crashers The Behemoth Xbox 360 4人 2012年1月時点で本作のランキングに登録されたプレイヤーの数は約265万。PlayStation 3版も含めると300万を突破
2008年 西遊釋厄傳2 IGS アーケード 2人
2009年4月21日 Zeno Clash ACE Team Steam, Xbox 360 2人 FPSのアクションゲームであるが、殴る掴む投げる、など多くのベルトスクロールのシステムを継承。

2010年代[編集]

発売時期 タイトル メーカー 対応機種 最大人数 備考
2010年 スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド: ザ・ゲーム ユービーアイソフト PlayStation 3 4人 PS3版はネットワークを利用したオンライン同時プレイ(Co-op)には対応していない
2011年 三国戦紀3 IGS アーケード 2人 8年ぶりの新作。専用カードを使うことにより、キャラクターのステータスなどを保存できるようになったが、中国語バージョンしか出ていない
2012年4月 CODE OF PRINCESS アガツマ・エンタテインメント ニンテンドー3DS 4人 セガサターン版『ガーディアンヒーローズ』の開発スタッフが制作を手掛けている[14]。ライン制。
2012年9月11日 Double Dragon: Neon WayForward, Abstraction Games Steam, PlayStation 3, Xbox 360 2人 海外制作のポリゴンダブルドラゴン。
2013年02月 ファントムブレイカー:バトルグラウンド MAGES.5pb. Xbox 360 4人 『あすか120%』シリーズを制作していたスタッフが開発を担当。2ライン制。
2013年07月 ドラゴンズクラウン ヴァニラウェア PlayStation 3, PlayStation Vita 4人 ベルトスクロールアクションで進むハクスラ。『D&D』の開発スタッフも開発に参加。
2013年9月18日 Foul Play MEDIATONIC Xbox One, Steam 1人 デーモンハンターであるバロン・ダッシュフォースの人生を描く舞台演劇
2015年4月28日 3DベアナックルII セガ ニンテンドー3DS 2人 セガの「3D復刻プロジェクト」第2期6作目タイトル。
2015年6月25日 Streets of Fury EX Guard Crush Games Steam 4人 実写キャラの1~3ラインで戦うベルトアクションゲーム。
2015年7月21日 ファントムブレイカー:バトルグラウンド オーバードライブ MAGES.(5pb.) PlayStation 4 4人 『ファントムブレイカー:バトルグラウンド』のグレードアップバージョン。2ライン制。
2015年9月4日 Rampage Knights Rake In Grass Steam 2人 ローグライクとベルトスクロールを混ぜた作品。
2016年9月5日 Mother Russia Bleeds Le Cartel Studio Steam 2人 ロシアを題材とした、グロテスクバイオレンスな王道ベルトスクロールアクション。
2016年10月5日 Viking Squad Slick Entertainment Inc. Steam, PlayStation 4 2人 三頭身バイキングが暴れまわるゲーム。
2016年12月22日 99Vidas QuByte Interactive Steam, macOS, PlayStation 3, PlayStation 4, PlayStation Vita, Xbox One, Nintendo Switch 2人 ブラジル製のコミカルなベルトスクロールアクション。
2017年2月8日 Double Dragon IV アークシステムワークス Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One, Android, iOS 3人 ファミコンのグラフィックを踏襲したダブルドラゴンの正統ナンバリング作品。
2017年2月24日 Coffee Crisis Mega Cat Studios メガドライブ, Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 4人 エイリアンをコーヒー豆で殴って退治するゲーム。メガドライブ用に制作され、他機種にはエミュレーションで実装。
2017年9月20日 Fight'N Rage SebaGamesDev Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 3人 1990年代のアーケードスタイルを踏襲したベルトスクロールアクション。
2017年10月14日 Beat Street Lucky Kat Studios Android, iOS 1人 オランダ製のスマートフォン専用のベルトスクロールアクション。
2018年1月30日 Super Kung Fu All-Star InterServ International Inc. Android, iOS 1人 スマートフォン専用のポリゴンベルトスクロールアクション。
2018年1月31日 Wulverblade Fully Illustrated, Darkwind Media Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 4人 西暦120年の欧州ブリタニアを舞台に、侵略してくるローマ軍たちを撃退すべく激しい戦いを繰り広げる。
2018年2月8日 ドラゴンズクラウン・プロ ヴァニラウェア PlayStation 4 4人 ドラゴンズクラウン』の4K&UIリマスター移植版。
2018年5月9日 Raging Justice MakinGames Ltd Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 アクの強いキャラクターの洋物王道ベルトスクロールアクション。
2018年5月17日 The friends of Ringo Ishikawa yeo Steam, Nintendo Switch 1人 ロシア人によって制作された『ダウンタウン熱血物語』のオマージュ作品。[15]
2018年7月26日 THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR Netmarble[16] iOS,Android 1人 メインジャンルはアクションRPGだが、ベルトスクロール要素あり[17]
2018年7月31日 CODE OF PRINCESS EX アガツマ・エンタテインメント Nintendo Switch 1人 CODE OF PRINCESSのSwitch移植版。
2018年9月20日 カプコン ベルトアクション コレクション カプコン Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 4人 初移植2タイトルを含むベルトスクロールアクション7タイトルを収録。
2019年2月23日 Streets of Red : Devil's Dare Deluxe Secret Base, Ratloop Asia Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 どこかで見たことあるようなキャラが多数登場するベルトスクロールアクションゲーム。
2019年3月5日 GEKIDO Naps Team Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 懐かしのアーケードスタイルが蘇る、格闘アクションゲーム。
2019年5月8日 Dusty Raging Fist PD Design Studio Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 1人 ケモノたちの大乱闘ベルトスクロールACT。
2019年7月25日 ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン ナツメアタリ・タイトー Nintendo Switch・PlayStation 4 2人 『ニンジャウォーリアーズ』の再リメイク作。1ライン制。
2019年9月5日 熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls WayForward Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 海外開発による『ダウンタウン熱血物語』の正式ライセンス外伝作品。原作は海外で『River City Ransom』というタイトルで発売されており、その理由でRiver Cityという架空の街が、今作品においても舞台となっている。
2019年11月10日 The TakeOver Pelican13 Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 グラフィックがリアル志向のベアナックルオマージュ作品。古代祐三も楽曲を提供。
2019年12月13日 Path Of The Warrior Twisted Pixel Games Oculus 2人 ダブルドラゴンをバーチャル・リアリティで再現したようなゲーム。

2020年代[編集]

発売時期 タイトル メーカー 対応機種 最大人数 備考
2020年1月20日 Kung Fu All-Star VR InterServ International Inc. Steam 1人 スマートフォン用に出したベルトスクロールアクションをVRで再現したゲーム。
2020年2月22日 Exesys Peakware Studio Steam 1人 ローグライク、メトロイドヴァニア、ベルトスクロールを全部混ぜた様な作品。
2020年5月1日 ベア・ナックルIV DotEmu,Lizardcube,Guard Crush Games[18] Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 4人 セガから正式な許諾を受けて作られた作品[18]
2020年8月21日 Battletoads Dlala Studios, Microsoft Studios, Rare Ltd Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 ファミコン時代にグラフィックの凄さで有名になったバトルトードの久しぶりの新作。
2020年8月28日 サムライフォース:斬! (Shing!) Mass Creation Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 忍者サイドスクロールベルトアクション。
2020年10月16日 9 Monkeys of Shaolin Sobaka Studio, Buka Entertainment Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 2人 中国を舞台にしたポリゴンサイドスクロールベルトアクション。
2020年10月20日 Bladed Fury Next Studios Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 中国神話を題材にしたポリゴンサイドスクロールベルトアクション。
2021年1月5日 Cobra Kai: The Karate Kid Saga Continues Flux Games Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One ベストキッドの続編であるNetflixドラマ、コブラ会を題材としたポリゴンサイドスクロールベルトアクション。
2021年2月11日 WarDogs: Red's Return Red Nose Entertainment Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 犬。
2021年9月17日 Super Punch Patrol Horberg Productions Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One ファイナルファイトオマージュの、スケッチ風ポリゴン・サイドスクロールベルトアクション。
2021年 Aeon Must Die! Limestone Games Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One SF作品
2021年 Dawn of the Monsters 13AM Games Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 怪獣。
2021年 Fallen City Brawl Mike Wells Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One ドット絵のベアナックルオマージュ作品。
2021年 Mayhem Brawler Hero Concept Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One
2021年 Ogre Tale Degica Games Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 二頭身アニメタッチのサイドスクロールベルトアクション。
2021年 Scott Pilgrim vs. The World: The Game Complete Edition UBI Soft Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One アメコミシリーズ「スコット・ピルグリム」を題材としたドット絵ベースのゲーム。
未定 Exit Limbo Virtual Craft Studio Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One サイ。
未定 Jitsu Squad Tanuki Creative Studio Steam, Nintendo Switch, PlayStation 4, Xbox One 4人 90年代のクラシックなアーケードゲームをイメージした、2Dスタイルのベルトスクロールアクションゲーム

Beat 'em up[編集]

多数の敵を相手にしながら進むスタイルのアクションゲームの、英語圏での呼称。「Beat them up」の略。英語での表記では、「Beat」と「'em」の間にスペースのある「Beat 'em up」と、スペースの無い「Beat'em up」の両方がみられる。読み方は、ビートゼムアップ、ビートエムアップ、ビーテムアップなど。直訳すると「奴らをたたきのめす」。基本的には「ベルトスクロールアクションゲーム」とほぼ同じジャンルであるが、「ベルトスクロールアクションゲーム」には通常含まれない、敵に触れるだけでダメージを受ける昔からのアクションゲームだったり(例:スパルタンX, スプラッターハウス, ムーンウォーカー)、敵全員を倒す必要のないが多数の敵を同時に相手にするアクションゲーム(例:スプラッターハウス, ムーンウォーカー, 無双シリーズ)もこのジャンルに含まれる。詳細は英語のWikipediaページ参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 名作ベルトスクロールアクション7本を収録した『カプコン ベルトアクション コレクション』DL版本日配信!”. PlayStation.Blog (2018年9月20日). 2020年8月20日閲覧。
  2. ^ こうべみせ (2019年4月25日). “人気キャラクターの原点にしてベルトスクロールアクションの始祖「熱血硬派くにおくん」”. https://igcc.jp/. ゲーム文化保存研究会. 2020年9月3日閲覧。
  3. ^ iwana (2020年4月5日). “衰退の危機?閉店していくゲームセンターの現状と今後について考える”. iwanablog.net. 2020年8月19日閲覧。
  4. ^ 高見沢有志 (2016年9月1日). “ドッターはマゾなほど優秀ってホント? 現役ドッターたちが語るドット絵の過去と現在”. https://news.denfaminicogamer.jp/. 株式会社マレ. 2020年8月19日閲覧。
  5. ^ 一條貴彰 (2018年8月8日). “2018年の日本のインディーゲームをとりまく状況”. https://cgworld.jp/. Born Digital, INC.. 2020年8月19日閲覧。
  6. ^ TAITAI (2013年5月21日). “ヴァニラウェアは命がけでゲームを作る会社――クリエイター神谷盛治氏・ロングインタビュー”. https://www.4gamer.net/. Aetas. 2020年8月19日閲覧。
  7. ^ Keith Mitchell (2017年10月16日). “Interview With The Developer Behind The Indie Hit Fight’N Rage”. https://www.theouterhaven.net/. The Outerhaven Productions. 2020年8月19日閲覧。
  8. ^ Stuart Gipp (2020年6月7日). “Feature: The Making Of Streets Of Rage 4, By The People Who Made It Happen”. nintendolife.com. Nlife Media. 2020年8月21日閲覧。
  9. ^ 人気キャラクターの原点にしてベルトスクロールアクションの始祖「熱血硬派くにおくん」”. ゲーム文化保存研究所 (2019年4月25日). 2020年5月12日閲覧。
  10. ^ a b c 稲波 (2018年3月11日). “パンフレットで見るアーケード探訪:子連れ狼”. 電脳世界のひみつ基地. 2020年5月12日閲覧。
  11. ^ Streets of Rage Remake 5.0a”. 2014年11月25日閲覧。
  12. ^ Gueed (2017年9月29日). “約22年の時を経て,名作ベルトアクション「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」がSFC/SFC互換機向けに発売決定。11月30日にリリースへ”. www.4gamer.net. Aetas. 2020年8月21日閲覧。
  13. ^ クライシスビート”. 2020年8月21日閲覧。
  14. ^ 『コード・オブ・プリンセス』発売直前インタビュー! 西村キヌさんによる原題は“ドキッ! 女だらけのRPG!! ポロリもあるよ♪”だった!?(1ページ目)”. 電撃オンライン (2012年4月16日). 2020年5月12日閲覧。
  15. ^ 藤田幸平 (2019年4月18日). “The friends of Ringo Ishikawa - レビュー ヤンキーの物語と思いきや哲学的内容”. https://jp.ign.com/. IGN Japan. 2020年8月19日閲覧。
  16. ^ KOFが横スクロールアクションに!?『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』レビュー!”. AppBank (2018年7月30日). 2020年5月24日閲覧。
  17. ^ ついに開幕した新たなKOF。簡単操作で勝ち誇るのが気持ちいい「THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR」インプレッション”. www.4gamer.net. Aetas (2018年8月2日). 2020年5月24日閲覧。
  18. ^ a b Gueed (2020年4月30日). “シリーズ26年ぶりの最新作「ベア・ナックルIV」が本日配信開始。パッケージ製品「スペシャルエディション」は7月30日発売へ”. www.4gamer.net. Aetas. 2020年5月16日閲覧。