クライムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クライムファイターズ』 (CRIME FIGHTERS) は、1989年にコナミ(現コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたベルトスクロールアクションゲーム

クライムファイターズ[編集]

筐体は2人用と4人用があり、システムが筐体によって違う。2人用は残機+エネルギー制で、残機が全て無くなるとゲームオーバーとなる。4人用はエネルギー制で、敵に攻撃されるか1秒経過するとエネルギーが減り、エネルギーが0になるとゲームオーバーとなる。ライフを回復するには、コインを入れてライフを回復させるか、ステージクリアまで待つ、の2通り。4人用はアタリの『ガントレット』の筐体を使用しているため、使用ボタンが2人用より1個少ない2個となっている。1Pキャラクターは青いジーンズ、2Pキャラクターは赤いジーンズを履いている。4人用では黄色ジーンズと緑ジーンズのキャラクターも加わる。

全ステージクリアするとエクストラステージのボスラッシュステージを挟んで2周目が開始される。エクストラステージでは全てのボスが一斉に襲い掛かる。武器がないため時間がかかり、ノーミスでの突破は難しい。2周目の8面をクリアするとエンディングの後、タイトルに戻される。

本作のスコア仕様は敵を倒した数そのものが得点となっており、ザコもボスも関係なく全ての敵キャラクターの点数は1点となっている。

なおデザイナーにShuzilow.HA(濱川修二郎)が参加している(ゲーム内のクレジットは「OOBOKE HAMAKAWA」)。

クライムファイターズ2[編集]

1991年に『クライムファイターズ』の続編として、本作が稼動した。キャラクターセレクト制や回復アイテムなどがある。日本国外でのタイトルは“Vendetta”。

ストーリー[編集]

デッドエンドシティは、圧倒的な力をもった暴力集団デッドエンドギャングによって支配されていた。

彼らのボスファウストは、さらなるテリトリーの拡大を目論んで他の町にも手を伸ばしていた。しかし彼の野望の前に立ちはだかる者たちが現れた。

コブラズ、少数ギャング中、最強と噂される彼らはファウストの送り込んだ刺客を次々に倒していった。手を焼いたファウストはコブラズのメンバーであるホークの妹ケイトを誘拐し、コブラズ抹殺を企てた。

そして今、怒りに燃えるコブラズとデッドエンドギャングの最終抗争が幕を開けた。

コブラズのメンバー[編集]

プレイヤーキャラクター
ブラッド (Blood)
ボクサー崩れで、バランスタイプ。赤いTシャツを着たサングラスの黒人。
ホーク (Hawk)
元プロレスラーで、パワータイプ。青いTシャツを着た長髪でヒゲ面の大男。
ブーマー (Boomer)
マーシャルアーツの使い手で、スピードタイプ。黄色いTシャツを着た白人青年。
スレッジ (Sledge)
兵隊崩れで、特殊タイプ。緑のTシャツを着たモヒカンでヒゲ面の男。
サブキャラクター
ケイト (Kate)
ホークの妹のブロンド美女。彼女がファウスト一味に攫われたため、プレイヤーの4人は一味に戦いを挑む。

関連作品[編集]