ウォリアーブレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォリアーブレード
ジャンル ベルトスクロールアクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1〜2人協力プレイ
発売日 日本の旗[AC]:1992年
テンプレートを表示

ウォリアーブレード』(Warrior Blade RASTAN SAGA EPISODE III)はタイトーから1992年に稼働されたアーケード用のベルトスクロールアクションゲーム

サブタイトルにもあるように『ラスタンサーガ』、『ラスタンサーガ2』に続くシリーズ3作目である。

概要[編集]

ダライアス』(1986年)から始まったタイトーの複数画面大型筐体ゲームで、横2画面分、8:3相当の幅広いステージでプレイする。システムは8方向レバー、2ボタン(攻撃、ジャンプ)操作のライフ制で、ステージ中で取ったアイテムによりライフの回復や異なるパワーアップがなされる。ベルトスクロールアクションとしてはオーソドックスなシステムを採用しているが、馬に乗って駆けながら戦ったり、飛龍に乗って上昇しながら戦ったりといった変則的なステージも用意されている。

中世ヨーロッパ風のファンタジー世界を舞台とした全6ステージで、最初と最後のステージ以外はどこから行くかをプレイヤーが選択可能。また、ゲームの進行内容によってはエクストラステージが追加される。基板のディップスイッチ設定によっては無条件にエクストラステージが出現する。

人物のグラフィックが『ダイノレックス』で一部流用されている。

操作方法[編集]

8方向レバーで移動、攻撃・ジャンプの2つのボタンで操作する。メガクラッシュはレバー操作で行うと発生する。

主人公+α[編集]

ゲーム開始時に3人の主人公キャラクターのうち使用するキャラクター1人を選択する。プレイヤー2人による協力プレイが可能。

ラスタン(RASTAN)
28歳。ロングソードを持った蛮人戦士。本シリーズを通した主人公であり、本作は後に老王となった彼が過去の冒険を回想するという形式で始まる。パワー系キャラクター。
ドゥーイー(DEWEY)
25歳。はるか遠くの東の国で習得したクナイ状の短剣二刀流で戦う。いわゆる忍者で、スピード系キャラクター。
ソフィア(SOPHIA)
26歳。かつて魔族に滅ぼされた国の王女で、現在は女盗賊。で戦うためリーチが長いが、攻撃力は低い。
マハディデカラディ(MAHADIDEKARADI)
召喚のクリスタルをとると登場する老魔術師。ラスタンたちに攻撃ボタンで蹴飛ばされると、その時点の魔力に応じた強力な呪文で敵を攻撃する。魔力はラスタンたちがアイテムを拾うことで回復するが、ボス戦のときはいなくなる。

移植作品[編集]

2007年3月29日発売の『タイトーメモリーズII 下巻』に収録。通常のテレビ画面に収まるように上下に余白を入れた縮小表示となった。オプション設定で画像比率を「8:3」から「4:3」とすることで1画面表示を行うことも可能だが、余白を入れないで縦に2倍引き伸ばされた表示となるだけである。16:9のワイド画面でも縦に伸びた表示になる。

外部リンク[編集]