EVRレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EVRレース
ジャンル ビデオダービーゲーム
対応機種 アーケード
開発元 任天堂
発売元 任天堂レジャーシステム
プロデューサー 竹田玄洋
人数 1-10人
メディア 業務用基板
発売日 日本の旗1975年
テンプレートを表示

EVRレース』(EVR RACE)は、1975年に任天堂レジャーシステムが発売したアーケードゲーム任天堂が発売した初のビデオゲームであり、映像を使った史上初の競馬ゲームでもある。

概要[編集]

競馬の勝ち馬を予想するメダルゲーム。前年に発売されたセガの『ハーネスレース』(1974年)とともに、メダルゲーム黎明期を代表するゲームとされる[1]

『ハーネスレース』が模型の馬を使っていたのに対し、『EVRレース』は映像の馬を使っている点が目新しかった。CBS社が開発したElectronic Video Recording(EVR)というビデオ録画システムを採用しており、BET後にビデオテープに録画された競馬のアニメーションがモニターに再生されて結果が出る。同年には同じシステムを使った『EVRベースボール』(1975年)もリリースされている。

後に竹田とともに『パンチアウト!!』を開発した宮本茂によると、ビデオテープを使う分メンテナンスが大変だったとのことで、後のレーザーディスクゲームのブーム時にブーム乗らずに半導体ベースのゲームである『パンチアウト!!』をリリースした遠因となったという[2]

最大で10人同時にBETが出来る大型筐体が最初に発売されたが、後に5人プレイまで可能な『EVRレース-5』などの小型筐体も出た。 任天堂が開発した初のビデオゲームであり、そのため開発者の竹田玄洋も任天堂初のゲームクリエイターとされる[2]

EVRベースボール[編集]

EVRレースの流用で、野球映像を見ながら打席に入った打者の結果を予想する内容になっている。

映像は、ジャイアンツとタイガースのユニフォームを着た外国人選手同士の試合に、日本語の実況音声が追加されている。なお使用している映像は、大リーグの流用ではなく、ゲーム用に新規収録されたものである(球場でプレイしているが、観客がいない等の不自然さがある)。

一打席毎に、アウト・ヒット・二塁打・三塁打・本塁打を賭けることができる(三振・ファーボールはない)。当たった場合の配当は以下の通りとなる。

  • アウト: 2倍
  • ヒット: 3倍
  • 二塁打: 4倍
  • 三塁打: 6倍
  • ホームラン: 13倍(満塁ホームランの場合は26倍)

ヒット以上でランナーがホームインした場合は、一人についてメダル3枚が配当に上乗せされる。

脚注[編集]

  1. ^ [1] 社団法人日本アミューズメントマシン工業協会 設立20年記念誌 p.20
  2. ^ a b 社長が訊く『PUNCH-OUT!!』 任天堂ホームページ