ボンバーマン (Wii)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボンバーマン
ジャンル 対戦アクション
対応機種 Wii
開発元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント
発売元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1 - 8人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 日本の旗 2008年9月25日
対象年齢 CERO: A(全年齢対象)
デバイス Wiiリモコン
ゲームキューブコントローラ
その他 Mii対応
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示

ボンバーマン』は、2008年9月25日に発売されたハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)のWiiゲームソフトである。Wii用ボンバーマンとしては『ボンバーマンランド Wii』に続く2作目となる。

対戦モードに特化したWiiウェア版についても記述する。Wi-Fi対戦では、パッケージ版とWiiウェア版の相互で対戦が可能。

概要[編集]

Wii二作目のボンバーマンで、今回は比較的オーソドックスなボンバーマンとなっている。ひとり用のストーリーモード、多人数対戦可能のバトルモードが用意されている。バトルモードはWiiリモコンとゲームキューブ用コントローラを併用することで、1台のWiiで最大8人まで同時に対戦可能。また、今作ではWiiリモコンの特性を活かしたアイテムが複数用意されている。ニンテンドーWi-Fiコネクションでのオンラインプレイにも対応しており、1台のWiiから最大4人まで参加できる。

Miiに対応しており、条件を満たすとストーリーモードや対戦でプレイヤーキャラとして使用できるほか、1人用のストーリーモードではイベントキャラクターとして登場する。

バトルモード[編集]

おなじみの対戦モード。ボンバーマンを操作しボムを使い他のボンバーマンと戦う。8人まで参加可能で、Wi-Fiコネクションに接続すればWii版、Wiiウェア版を問わず対戦が出来る。Miiを参加させることも出来る。また、今作ではリモコンを使った『フリフリアイテム』という独自のアイテムが登場する。

対戦ルール[編集]

いつものバトル
おなじみの対戦ルール。ボムで対戦相手を攻撃し、最後まで勝ち残ったプレイヤーが勝利。
カウントバトル
爆風を食らってもミスにならない代わりに頭上にカウンターが現れ、これが0になるとミスになってしまう。カウンターはほかのプレイヤーに擦り付けることも出来る。
チームバトル
チームを組んでの「いつものバトル」。
おうさまバトル
ステージに現れる王冠を取り合うルール。爆風を食らってもミスにはならないが、王冠やアイテムを落としてしまう。終了時に王冠を持っていたプレイヤーの勝利。王冠を持ったプレイヤーは『スーパー』シリーズでおなじみの「ゴールデンボンバーマン」に変身する。
みきってバトル
上空から降ってくるボムをひたすらかわし続けるルール。ボムは置けないが、アイテムの「シールド」を最初から装備している。

ストーリーモード[編集]

Wii版のみのモードで、いわゆる「ノーマルモード」。プレイヤーはしろボンを操作し、道中の敵を倒しながらゴールを目指すモード。「ボムアップ」等のアイテムはマップ上では出現しないが、ストーリーメニューで「クリスタル」を使うことにより火力、ボムの数、スピード等を強化できる。この強化方法は『ボンバーボーイ』に近いともいえる。

ストーリー[編集]

宇宙船で旅をしていたしろボンは近くの星からSOS信号を受け取る。さっそく発信元に急行し、発信者である科学者「アンナ」と出会う。アンナはほかの四人の科学者(Mii)と共に星の古代遺跡を調査していたが、突如、他の科学者達が姿を消してしまったのだという。しろボンはアンナのサポートを受けながら、科学者達の捜索のため古代遺跡へと冒険に出る。

アイテム[編集]

ファイアーアップ
ボムの火力をひとつ上げる。火力をひとつ下げてしまうファイアーダウンも存在する。
ボムアップ
一度におけるボムの数を増やす。ボムの数を減らすボムダウンも存在する。
スピードアップ
プレイヤーのスピードが一段階上昇する。スピードが遅くなるスピードダウンも存在する。
フルファイアー
ボムの火力が最大にまであがる。バトルモードのみ。
パワーボム
最初におくボムの火力が最大になる。バトルモードのみ。
ボヨヨンボム
弾力を持ったボムをおくようになる。キックやパンチすることで跳ね回る。
デンジャラスボム
最初におくボムが周囲9マスを巻き込む大火力のデンジャラスボムに変化する。
地雷ボム
最初に置くボムが地雷に変化する。設置してから一定時間で見えなくなり、誰かが通過すると爆発する。バトルモードのみ。
ラインボム
ボタン押しっぱなしでボムを置けるだけ置く事ができる。
ボムキック
ボムに触れることでボムを蹴飛ばせるようになる。蹴飛ばされたボム同士が衝突すると、その場でデンジャラスボムに変化する。
パワーグローブ
ボムの真上でボタンを押すことにより、ボムを持ち運び、投げることができる。
パンチグローブ
ボムに隣接してボタンを押すとパンチを出すようになり、ボムを2マス先に弾き飛ばすことができる。
ドクロ
何らかの状態異常になってしまう。他人に触れることで感染させることができ、時間経過で回復する。バトルモードのみ。
クリスタル
アーマーのパワーアップやハートの購入に使う小さなクリスタル。ストーリーモードのみ。
ハート
ライフを回復できる。ストーリーモードのみ。
ハートかいふく
ライフがゼロになったとき、一度だけ復活することができる。ストーリーモードのみ。
アーマー
ボンバーマンを強化するアーマー。最大3段階にわたって強化される。ストーリーモードのみ。
カギ
ストーリーモード2周目のスタート時に入手するアイテムで、1周目では入れなかった隠しゴールに入ることができる。
キャプチャースコープ
リモコンを使ったアイテム。リモコンを画面に向け、敵をポイントし続けることで敵のデータを入手できる。敵一体につき3回まで可能。ストーリーモードのみ。
むてき
リモコンを使ったアイテム。リモコンを振り続けることで、無敵状態になれる。
ボムへんげ
リモコンを使ったアイテム。リモコンを振り続けることで、ボムそっくりに変身できる。1ボタンを押すと解除。バトルモードのみ。
シールド
リモコンを使ったアイテム。リモコンを降っている間は前方にシールドを構え、前方の爆風から身を守ることができる。バトルモードのみ。
ロケット
リモコンを使ったアイテム。リモコンを振り続けると力をため、大ジャンプができるようになる。バトルモードのみ。

Wi-Fi8人バトル ボンバーマン[編集]

Wi-Fi8人バトル ボンバーマン
Bomberman Blast
ジャンル 対戦アクション
対応機種 WiiWiiウェア
開発元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント
発売元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1 - 8人
発売日 欧州連合の旗 2008年9月12日
アメリカ合衆国の旗 2008年9月29日
日本の旗 2008年9月30日
対象年齢 CERO: A(全年齢対象)
ESRB: E(Everyone)
OFLC: G(General)
デバイス Wiiリモコン
ゲームキューブコントローラ
その他 Mii対応
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示

Wi-Fi8人バトル ボンバーマン』は、2008年9月30日に配信されたハドソンWiiウェア用のゲームである。上記のものから主に対戦要素のみを抽出したタイプ。オンラインのWi-Fi対戦モードだけでなく、オフラインの8人までの通常対戦モードも用意されている。


外部リンク[編集]