マリオ+ラビッツ キングダムバトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリオ+ラビッツ キングダムバトル
Mario + Rabbids Kingdom Battle
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 Nintendo Switch
開発元 ユービーアイソフト
発売元 欧州連合の旗アメリカ合衆国の旗オーストラリアの旗
ユービーアイソフト
日本の旗大韓民国の旗台湾の旗香港の旗 任天堂
ディレクター ダビデ・ソリアーニ
音楽 グラント・カークホープ
シリーズ マリオシリーズ
ラビッツシリーズ
人数 1-2人
発売日 欧州連合の旗アメリカ合衆国の旗オーストラリアの旗
2017年8月29日[1][2]
日本の旗大韓民国の旗台湾の旗香港の旗
2018年1月18日[3][4][5]
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
その他 amiibo対応
テンプレートを表示

マリオ+ラビッツ キングダムバトル』(マリオ プラス ラビッツ キングダムバトル、Mario + Rabbids Kingdom Battle)は、ユービーアイソフトが開発・発売したNintendo Switch専用ゲームソフト。日本を含む東アジアでは2018年1月18日任天堂より発売された。

概要[編集]

マリオシリーズとユービーアイソフトの人気キャラクターラビッツフランス語版[注釈 1]がコラボレーションした作品[6]で、X-COMシリーズに似たターン制のシミュレーションRPG[7]

ラビッツ達が物質融合装置「スーパーマージ」をイタズラしたことで、おもちゃのマリオグッズと融合してキノコ王国に入り込んでしまう。多くのラビッツ達は「スーパーマージ」の悪影響を受け大暴れし、さらに影響を強く受けてしまったラビッツのスポーニーはクッパJr.に無理やり協力をさせられ、彼らの暴走により王国は混乱に陥る。マリオ達やラビッツは3人1組でチームを組み、ラビッツ達と同様にキノコ王国に飛ばされてきたナビゲーターロボ「ビーポ」とともに混乱の収拾に取り掛かる[8]

武器は銃火器となっているが、スライディングによる体当たりや仲間の力を借りるチームジャンプといったマリオシリーズらしい攻撃・移動手段も持つ。Joy-Conによる2人プレイにも対応し、専用ステージで協力プレーや対戦プレイが可能[8]

ダウンロードコンテンツとして、追加武器やチャレンジマップ、ドンキーコングが登場する新しいストーリーが加わる「アドベンチャーパック」がある[9]

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

マリオシリーズおなじみの4人と彼らにそっくりな姿をしたラビッツの合計8人のうち、マリオを含む3人でチームを組む(マリオはリーダーと言う設定なのでパーティから外すことが出来ない)。最初に操作できるのはマリオ・ラビッツピーチ・ラビッツルイージのみで、ストーリーを進めることで残りのメンバーも徐々に仲間にしていくことができる。探索ステージでは、ナビゲーターロボ・ビーポを操作し、マリオ達3人はその後についていく形となる。

マリオ
メイン:ブラスター サブ:ハンマー
相手を踏みつける「ストンプ」など単体への攻撃力が高い。
ピーチ
メイン:ブームショット サブ:アヒルばくだん
範囲攻撃と防御力の高さが特徴。
ルイージ
メイン:シューター サブ:ボムタンク
防御は低いが移動力と射程がある遠距離タイプ。
ヨッシー
メイン:マシンガン サブ:ランチャー
「ヒップドロップ」以外は平均的な性能。
ラビッツマリオ
メイン:ブームショット サブ:ハンマー
射程は短いが範囲攻撃が強い。
ラビッツピーチ
メイン:ブラスター サブ:ボムタンク
「ヒーリング」が使える回復キャラ。
ラビッツルイージ
メイン:ブワーブ サブ:ランチャー
特殊効果やスライディングなどトリッキーな攻撃をする。
ラビッツヨッシー
メイン:マシンガン サブ:アヒルばくだん
バリアスキルを持つ。

敵キャラクター[編集]

ボスキャラクター[編集]

クッパJr.
 ???

その他のキャラクター[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レイマンシリーズから派生したキャラクターで、『ラビッツ・パーティー』などの作品がある。

出典[編集]

  1. ^ Mario + Rabbids® Kingdom Battle” (英語). Nintendo of Europe. 2018年6月5日閲覧。
  2. ^ Mario + Rabbids Kingdom Battle” (英語). Nintendo of America. 2018年6月5日閲覧。
  3. ^ マリオ+ラビッツ キングダムバトル”. 任天堂. 2018年6月5日閲覧。
  4. ^ 마리오+래비드 킹덤 배틀” (韓国語). 한국닌텐도 주식회사. 2018年6月5日閲覧。
  5. ^ 『瑪利歐 + 瘋狂兔子 王國之戰』 銷售店舖一覽” (中国語). 任天堂官方網站(台灣). 2018年6月5日閲覧。
  6. ^ 『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』キノコ王国をもとに戻すためにマリオとラビッツが大冒険”. ファミ通 (2017年12月26日). 2018年5月31日閲覧。
  7. ^ 初代「X-COM」の製作者、「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」開発の誘いを受けていた”. IGN Japan (2017年9月26日). 2018年5月31日閲覧。
  8. ^ a b マリオの戦略バトルは,シェイプされたルール&連携重視でテンポ良く楽しめる。「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」プレイレポート”. 4Gamer.net (2018年1月17日). 2018年5月31日閲覧。
  9. ^ 発売したばかりの「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」のDLC情報が公開!ドンキーコングが登場”. IGN Japan (2018年1月19日). 2018年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]