真・三國無双8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
真・三國無双シリーズ > 真・三國無双8
真・三國無双8
ジャンル タクティカルアクション
対応機種 PlayStation 4
Xbox One(日本など一部地域を除く)[1]
Steam
開発元 コーエーテクモゲームスオメガフォース
発売元 コーエーテクモゲームス
シリーズ 真・三國無双シリーズ
人数 1人
メディア [PS4/XBOne]BD-ROM
[共通]ダウンロード販売
発売日 日本の旗中華民国の旗 2018年2月8日[2]
欧州連合の旗アメリカ合衆国の旗 2018年2月13日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI16
コンテンツ
アイコン
[ESRB]Alcohol Reference,Mild Language,Violence[3]
その他 XBOne版は日本語字幕・音声あり[4]
Steam版はアップデートにて日本語字幕に対応[5]
テンプレートを表示

真・三國無双8』(しん・さんごくむそう8、国外版タイトル:Dynasty Warriors 9)は、コーエーテクモゲームスより2018年2月8日[2]PlayStation 4で発売された真・三國無双シリーズの第8作。

キャッチコピーは「新生。オープンワールド一騎当千!」。

概要[編集]

2016年12月17日に放送された「コーエーテクモ 史上最大のラインナップ特番」において発表されたシリーズの最新作で、ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりとなる[6]

今作では無双シリーズ初となる「オープンワールド」のシステムが採用されている[6]。それに伴い二人プレイは廃止され、ゲーム内ではオンライン要素がほぼなくなった。

基本システム・主な変更点[編集]

オープンワールド
本作ではオープンワールドというシステムを採用したことにより、広大な一枚マップで描かれた中国大陸を自由に動き回ることが可能となっている。一枚マップの中には雪原、砂漠、ジャングルのような地形をはじめ、洛陽・虎牢関などの主要な都市や関、黄河・嵩山などのランドマークなどが描かれている。また、『戦国無双 〜真田丸〜』のような昼・夜の概念や、天候が変わるというシステムも採用されている。
ミッション
従来の無双シリーズでは戦を選択して範囲の定められた戦場マップに移行するという形であったが、オープンワールド化により自らの足で戦場に向かい戦を始めるという形になっている。物語を進めていくには特定の任務を攻略していく必要があり、時代の物語が大きく進行する「主要任務」や主要任務に影響を与える「任務」の他に様々な人からの「依頼」といった多彩なミッションが各地で無数に発生し、これらの選択により状況が刻々と変化していく。その一方で時間制限はなくプレイヤーが何もしなければ戦況は全く変化しないので、難易度が高いと感じた場合は戦場を離れて自キャラを育成してから再開するといったことも可能となる[7]
新アクション
これまでのチャージ攻撃システムを破棄し、敵の状態に応じて変化する「フロー攻撃」、プレイヤーと敵との状況やタイミングによって変化する「リアクト攻撃」、敵の状態を変化させる「トリガー攻撃」の3つを中心に構成された「ステートコンボシステム」が新たに採用された。また、地形や環境に応じた行動が可能となる「インタラクティブアクション」が採用され、「山に登ったり川を泳いで渡る」「鉤縄を使って壁を登る」「油壷を火矢で誘爆させて敵を攻撃する」などその場の状況に応じた多彩な行動が選択できるようになった。これにより、正面から突破する以外に高所から奇襲をかけたり夜間に単身潜入したりと戦略の幅も広がっている(この際に敵に見つかると敵の頭上に「!」マークが出る[8])。アクションの幅が広がったことで、体力ゲージと無双ゲージの他に、特定のアクションにのみ使用する「気力ゲージ」が新たに追加された。
システムの変更点
今作での武器は前作『7』と同様にいずれの武将もすべての武器が装備可能で武器の切り替えも自由だが、武器の所持は一つだけなので武器の切り替えはメニュー画面で行う形になっている[9]。今作でも武将それぞれに「得意武器」があり、得意武器を装備しているとフロー攻撃とトリガー攻撃の一部が固有アクションになる「ユニーク攻撃」を繰り出すことができる(前作までのEX攻撃に近い)[7]。無双乱舞は地上版は『真・三國無双5』までのように○ボタンを離すか無双ゲージが尽きるまで連続攻撃を繰り出し、『真・三國無双6』や『真・三國無双7』のような大技でフィニッシュを決める形に変更された(『戦国無双4』の無双奥義に近い)。空中版は無双ゲージを半分消費し、『7』までと同じく固有の技を放つ。もう一つあった地上版(R1を押しながら発動)は「特殊技」という簡易版無双乱舞的なもの(『無双OROCHI 2』のタイプアクションに近い)に変更され、技自体は無双ゲージを消費せず一定時間後に再度使えるようになる。
居住空間
本作では街や村といった居住空間が存在し、その中で武器や馬、アイテムなどの売買を行える他、料理屋では武将の能力を一定時間向上させる料理を食すことが可能となっている。また、フィールド上にある空き家を購入することでプレイヤー武将の「隠れ処」にすることができ、家具や装飾を自由に配置することができる。居住区にいる際はプレイヤー武将以外の武将は戦闘服ではなく新たに用意された平服を着用している。平服状態では武器を構える事は出来なくなる。
リアル路線
オープンワールド化に伴い「リアル路線」をコンセプトに掲げており、武器も飛翔剣や鉄舟といった非現実的だったり遊び要素の入った武器は排除され、いずれの武将の得意武器もオーソドックスな武器で固められている(故に武器種も減少しており、得意武器の重複するキャラも再び発生した)[10]。また、派手目なアクションや過剰なエフェクトが抑えられたり、武器を出し入れする納刀・帯刀といったモーションが追加されている[7]

登場武将[編集]

本作では以下の武将が追加された[注 1]。また、『真・三國無双7 Empires』までの武将はすべて登場する[6]。「※」のキャラクターは発売当初はNPC扱いだが、有料DLCの追加シナリオパックでプレイアブル化される[注 2][11]

ゲームモード[編集]

ストーリーモード[編集]

本作では前作のような勢力ごとに別れたストーリーを追う形のものではなく、『5』までのような一人の武将の人生を追体験する形になっている。全体的なストーリーは第一章「184年・黄巾平定」から始まる全10章以上で構成されており、各章それぞれに定められた最終目標をクリアすることで次の章へと移行する。最初から選択できるのは曹操、孫堅、劉備の3名で、条件を満たすごとに使用可能武将が増えていく[注 3]。孫堅のように史実で短命だった武将を選択した場合は早い時代でエンディングを迎えることになるなど武将によってシナリオの長さは異なる[7]

フリーモード[編集]

ストーリーモードでいずれかの武将のエンディングを一度見ると解放されるモード。既に使用可能な武将を年代・陣営に関係なくプレイできる。

Steam版の日本語および中国語対応[編集]

発売前から正式にアナウンスされていたが、Steam版『Dynasty Warriors 9』は全世界から購入可能であるものの日本語・中国語はサポートされず、日本語・中国語音声を選択することはできてもユーザーインターフェースや字幕は日本語や中国語が選択できないはずであった。

しかし、配信当初はゲーム内データに日本語版や中国語版の字幕テキストが含まれていたためにレジストリの書き換えを用いれば日本語及び中国語字幕の表示が可能な状態となっており、2月15日のアップデートで「特定の方法でサポートしていない言語を選択できてしまう不具合を修正」されたことで日中の字幕表示は不可能になったが、これが中国人ユーザーを中心に反発を招きSteamの評価欄において85%以上のユーザーが否定票を投じる「圧倒的に不評」ランクとなった[4][18]

これを受け、アップデートで日本語・中国語字幕に対応することとなり[5]、4月12日に配信されたVer.1.06にて対応した。

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新武将の何名かは『真・三國無双ブラスト』で描かれたイラストに準拠したデザインとなっている。
  2. ^ 「真・三國無双シリーズ」では、DLCで無双武将が追加されるのは本作が初である。
  3. ^ タイトルアップデートVer.1.04での条件緩和により、魏呉蜀3勢力のチュートリアルをクリアすると所属する武将が解放されるようになった。

出典[編集]

  1. ^ 『真・三國無双8』海外ではPS4/XB1/Steam向けに発売へ”. Game*Spark (2017年8月3日). 2017年9月14日閲覧。
  2. ^ a b ツイート内容”. 真・三國無双 公式(Twitter) (2017年10月26日0時46分). 2017年10月27日閲覧。
  3. ^ 各言語版の公式サイトより
  4. ^ a b Steam版『真・三國無双8』正式に日本語字幕非対応に。抜け穴となっていた書き換えによる日本語字幕対応をブロック”. automaton (2018年2月15日). 2018年2月17日閲覧。
  5. ^ a b Steam版「真・三國無双8」が“日本語UI”に正式対応へ。今後の無料アップデートにて”. 4gamer.net (2018年2月21日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c 『真・三國無双8』発表&『無双☆スターズ』に新キャラ“周倉”参戦を開発陣に直撃!”. ファミ通.com (2016年12月17日). 2017年9月14日閲覧。
  7. ^ a b c d パンダの近くにはいいものが!? 『真・三國無双8』の鈴木プロデューサーにインタビュー【TGS2017】”. 電撃オンライン (2017年9月22日). 2017年9月29日閲覧。
  8. ^ 日本版実機プレイ映像 真・三國無双8公式ホームページ
  9. ^ 「真・三國無双8」プロデューサー鈴木亮浩氏インタビュー”. GAME Watch (2017年7月30日). 2017年11月4日閲覧。
  10. ^ オープンワールドになった「真・三國無双8」を堪能してほしい。鈴木プロデューサーインタビュー”. GAME Watch (2017年9月26日). 2017年9月29日閲覧。
  11. ^ 『真・三國無双8』新情報が続々発表! 追加DLCや各種コラボ企画、オープニングムービーを公開”. ファミ通.com (2017年1月31日). 2018年2月1日閲覧。
  12. ^ a b 『真・三國無双8』新武将となる“満寵”、“周倉”など、最新情報を公開”. ファミ通.com (2017年7月7日). 2017年9月14日閲覧。
  13. ^ 『真・三國無双8』新参戦の軍師・荀攸はワイルド系! 各章のストーリー概要も【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com (2017年8月8日). 2017年9月14日閲覧。
  14. ^ 『真・三國無双8』曹操の一族から曹休が新たに参戦! 朱然らの新衣装も【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com (2017年9月26日). 2017年9月27日閲覧。
  15. ^ 「真・三國無双8」はPS4で登場。シリーズ最高レベルの爽快感をもたらすという「ステートコンボシステム」や,武将「程普」の参戦などが発表”. 4Gamer.net (2017年5月12日). 2017年9月14日閲覧。
  16. ^ 『真・三國無双8』呉の勇将・徐盛が参戦決定! 王元姫や司馬昭らの新衣装も公開【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com (2017年9月5日). 2017年9月14日閲覧。
  17. ^ 『真・三國無双8』新たな女性武将は辛憲英! 太史慈、徐晃らの新衣装も【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  18. ^ Steam-DYNASTY WARRIORS 9 真・三國無双8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]