マイクロソフト認定プロフェッショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイクロソフト認定プロフェッショナル
英名 Microsoft Certified Professional
略称 MCP
実施国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
資格種類 ベンダー資格
分野 情報
試験形式 CBT
認定団体 マイクロソフト
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

マイクロソフト認定プロフェッショナルMicrosoft Certified ProfessionalMCP)は個々のマイクロソフトによる認定と、より広範囲のプロフェッショナルの認定プログラムの両方を指す。

MCPとなるために、その候補者はプログラム中のすべての試験を完了させなければならない。

MCPプログラムは、違う分野の技術的な熟練に基づいた多数の認定を提供している。これらの認定に達するために、候補者はプログラム中の試験のシリーズに合格しなければならない。MCP中の人気のある認定は、マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)、マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー(MCSD)、マイクロソフト認定データベースアドミニストレータ(MCDBA)である。各々の必要条件に関する詳細な案内はマイクロソフトの公式学習サイトで提供されている。

特定の仕事のために、確かなMCP証明を要求したり、好んだりする雇用者が存在する。MCPのカリキュラムは、マイクロソフトのオペレーティングシステムを中心として構成されている。他のベンダーはサン認定資格レッドハット認定オラクル認定試験シスコ技術者認定のように、彼ら自身の認定プログラムを所持している。

日本の場合、各試験には15000円ほどかかる。試験は完成させるのに2-3時間かかり、複数の選択・ドラッグアンドドロップ・回答により構成される50-90問の質問により構成される。マイクロソフトは最近、試験の範囲内でシミュレーションの内容へ回帰することを発表し、受験生は、手近な議題のために適当である共通の管理業務を適切に行うことをも要求された。

2005年10月、マイクロソフトは3層の認定プログラムを立ち上げることによる認定の再構築を発表した。

外部リンク[編集]

MCP プログラム - マイクロソフトの公式学習サイト