日商PC検定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日商PC検定試験
略称 日商PC検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格[1]
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 CBT
認定団体 日本商工会議所
後援 経済産業省
認定開始年月日 2006年(平成18年)4月
等級・称号 1級 - Basic
公式サイト 日商PC検定試験公式サイト
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

日商PC検定試験(にっしょうピーシーけんていしけん、日商PC検定)とは、日本商工会議所及び各地商工会議所が実施する、企業実務に携わる人材を対象としたIT利活用技能の検定試験(商工会議所検定試験)である。 経済産業省後援。

平成18(2006)年4月から、前身となる「日本語文書処理技能検定(ワープロ検定)試験」と「ビジネスコンピューティング(ビジコン)検定試験」を進化・統合したものとして実施されている。

ビジネス文書の作成、取り扱いが問われる「日商PC検定試験(文書作成)」と、業務データの活用、取り扱いが問われる「日商PC検定試験(データ活用)」、「日商PC検定試験(プレゼン資料)」の3分野がある。アプリケーションソフトでいうと、文書作成がWord相当、データ活用がExcel相当、プレゼン資料がPowerPoint相当である。3分野はそれぞれ別々の試験であり、3分野全部の資格がほしい場合は、それぞれ別々に試験を受ける必要がある。

データ活用分野が厚生労働省若年者就職基礎能力修得支援事業(YES-プログラム)の資格取得において選定される(若年者就職基礎能力修得支援事業の認定は2010年に終了した、取得した資格は有効)。

試験内容[編集]

  • 企業実務における文書作成や表計算などのアプリケーションソフトの利活用能力
  • ネットワーク環境下におけるITの利活用に資する知識・スキル
    • 企業実務に必要とされるハード、ソフト等IT関連の知識
    • 企業実務におけるパソコン等IT機器、ネットワークの利活用
    • ネット社会におけるビジネススタイル、ビジネススキル
    • ビジネス文書や業務データについての、作成、保存、管理、検索、活用、流通、再利用などライフサイクル全般
    • ITを利活用した実践的なコミュニケーション能力
    • ネットワーク上での、ビジネス文書、業務データの取り扱い

各級の基準[編集]

1級
企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、ネット社会のビジネススタイルを踏まえ、企業責任者または企業責任者を補佐する者として、経営判断や意思決定を行うか助言する過程で利活用することができる。
2級
企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、部門責任者または部門責任者を補佐する者として、業務の効率・円滑化、業績向上を図るうえで利活用することができる。
3級
企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用することができる。
Basic
基本的なワープロソフトや表計算ソフトの操作スキルを有し、企業実務に対応することができる。

試験科目及び試験時間[編集]

4択による知識と問う試験と、実際にPC操作を行う実技試験に分かれており、両方の合格をもって資格が認定される。

知識
Basicでは行わない。1級30分、2級・3級15分。
実技
1級60分、2級40分、3級・Basic30分。
  • 合格点は各科目70点以上

受験資格及び受験料[編集]

受験資格
特になし
受験料
1級 - 10,290円
2級 - 7,200円
3級 - 5,140円
Basic - 4,120円

(いずれも税込)

試験の実施[編集]

インターネットを利用したCBT方式で実施され、受験したその場で採点、合否が分かる。(2級、3級、Basic)

試験日は1級のみ統一試験日で年2回実施。2級以下は試験会場が随時設定するが、2013年11月より随時試験とは別に統一日(毎月第3金曜日)も設定されている。

科目免除[編集]

日本商工会議所が指定した一部の検定試験の合格者には、日商PC検定の2級または3級の知識科目が免除され、実技科目のみで合否が判定される特典が付く[2]

歴史[編集]

平成18(2006)年4月から、前身となる「日本語文書処理技能検定(ワープロ検定)試験」と「ビジネスコンピューティング(ビジコン)検定試験」を進化・統合したものとして実施されている。

  • 2011年10月6日 日商PC検定(プレゼン資料作成)3級が創設
  • 2012年5月8日 日商PC検定(プレゼン資料作成)2級がスタート[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]