テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験
英名 Information Security Engineer Examination
略称 情報セキュリティ
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
分野 情報処理
試験形式 筆記
認定団体 経済産業省
認定開始年月日 2006年(平成18年)
認定終了年月日 2008年(平成20年)
根拠法令 情報処理の促進に関する法律
公式サイト http://www.jitec.jp/
特記事項 実施は情報処理技術者試験センター(現 IT人材育成センター国家資格・試験部)
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験( -しけん、Information Security Engineer Examination、略称情報セキュリティ、略号SV)は、情報処理技術者試験にあった区分である。

廃止前のテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験合格者は、後継資格の情報処理安全確保支援士RISS)の有資格者となり、支援士制度開始から2年間の経過措置期間に情報処理安全確保支援士登録簿に登録することにより、情報処理安全確保支援士となることができる。

概要[編集]

平成18年(2006年)春期から年一回、情報セキュリティに特化した開発者を対象とした試験として実施。

平成20年(2008年)春期を最後に廃止。後身は情報セキュリティアドミニストレータ試験と統合された情報セキュリティスペシャリスト試験

形式[編集]

午前

試験時間100分。四肢択一式(マークシート使用)で55問出題、全問解答。IRT(項目応答理論)によって、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で合格(午前試験通過)である。

領域は「セキュリティと標準化」「ネットワーク」の2分野が最高レベル3で、出題の中心となる。他にレベル2で「コンピュータシステム」、「システムの開発と運用」、「データベース」が出題される。特にデータベースに関する問題数が平成18年(2006年)、平成19年(2007年)とも多かった。

なお、情報セキュリティアドミニストレータ試験に含まれる「情報化と経営」や「監査」は、この試験では出題されなかった。

午後I

試験時間90分。主題の設定となる文章とそれに対するいくつかの小問からなる大問が4問出題され3問を選択し解答。素点採点で、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で合格(午後I試験通過)である。ただし、午前試験が600点に満たなかった者は採点されない。

午後II

試験時間120分。2問出題され1問を選択し解答。素点採点で、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で最終的に合格である。ただし、午後I試験が600点に満たなかった者は採点されない。

  • セキュアプログラミングは、従前の情報処理技術者試験において出題されたことがなく、様々な憶測を呼んだ。平成18年は午後I、午後IIともにPerlのソースコードを読み解く問題が出題された。コードを記述させる問題は出題されず、問題点や改善方法を文章として記述する形式であった。平成19年(2007年)は午後IのみC++のソースコードを読み解く問題が出題され、午後IIではセキュアプログラミングに関する問題は出題されなかった。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 情報処理技術者試験 推移表 (PDF) (IT人材育成センター国家資格・試験部)

外部リンク[編集]