情報セキュリティマネジメント試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
情報セキュリティマネジメント試験
英名 Information Security Management Examination
略称 SG、セキュマネ、セマネ
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家試験
情報処理技術者試験
分野 情報処理
試験形式 筆記
認定団体 経済産業省
認定開始年月日 2016年(平成28年)
根拠法令 情報処理の促進に関する法律
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/
特記事項 実施はIT人材育成センター国家資格・試験部
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

情報セキュリティマネジメント試験(じょうほうセキュリティマネジメントしけん、Information Security Management Examination、略称: セキュマネ、略号: SG)は、情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が行う国家試験である情報処理技術者試験の一区分である。対象者像は「ITの安全な利活用を推進するための基本的知識・技能を身に付けた者」。試験制度のスキルレベル2(スキルレベルは1〜4が設定されている。)に相当する。

2016(平成28)年度春期に新設され、春期・秋期の年2回実施している。[1]

概要[編集]

情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する」[2]国家試験である。

上位レベルの情報セキュリティスペシャリスト試験(略称セキュスペ、スキルレベル4)は主にシステム開発技術者を対象としているが、当試験はITを利用する全ての人材を対象としている。また、スキルレベル2の試験は、これまでシステム開発技術者向けの基本情報技術者試験(FE)のみであったが、当試験の新設により、ITパスポート試験(スキルレベル1)合格者の次のステップアップ試験としての位置付けが想定される。

本試験(セキュマネ)は2008年(平成20年)度秋期まで実施されていた情報セキュリティアドミニストレータ試験(セキュアド)廃止後以来となる、利用者側(ITを利活用する者)のセキュリティ知識・技能を認定する試験区分となる。

沿革[編集]

  • 2015年(平成27年)10月16日 - 情報セキュリティマネジメント試験を試験区分に追加する「情報処理技術者試験規則等の一部を改正する省令」が公布される(施行日は平成28年4月1日)[3]
  • 2016年(平成28年)情報セキュリティマネジメント試験が春季・秋期の年二回実施。
    • 4月16日 - 4月14日に発生した平成28年(2016年)熊本地震の影響により、九州地区(除:那覇)の試験地において、平成28年度春期情報処理技術者試験を中止[4]。よって、情報セキュリティマネジメント試験の初回は九州地区(除:那覇)の試験地のみ実施しないことになった。なお、前日15日の段階では、熊本試験地のみの中止が発表されていた。
    • 4月17日 - 九州地区(除:那覇)試験地以外の全試験会場で、初回となる情報セキュリティマネジメント試験実施
    • 10月16日 - 九州地区(除:那覇)試験地においては初回(他の試験地では2回目)となる、情報セキュリティマネジメント試験実施

試験の難易度[編集]

2014年度の時点でスキルレベル1と2の間の試験を作るという告知がなされており試験の難易度は当初から、基本情報技術者試験(FE)とITパスポート試験の間を想定している。また、2009年度に廃止した初級システムアドミニストレータ試験(初級シスアド)よりも簡易にするとも告げられている。

試験制度上は基本情報技術者試験(FE)と同じスキルレベル2に設定されているが、基本情報技術者試験(FE)に比べて範囲が狭く、情報セキュリティマネジメントシステムISMSに特化した試験であり、アルゴリズムや開発技術に関する内容は一切出題されない[5]。また、基本情報技術者試験(FE)が開発者側を想定した試験であるのに対し、情報セキュリティマネジメント試験はあくまで利用者側を想定した試験であるため、一般的には基本情報技術者試験(FE)より対策しやすいと言われている。

しかし、範囲が狭いということは、その分、情報セキュリティ分野に関してはレベルの高い内容が出題されるということの裏返しでもあり、基本情報技術者試験(FE)どころか、1ランク上のスキルレベル3の応用情報技術者試験(AP)と同等か、それより上等な内容が出題されることもある。そのため、情報セキュリティ分野に関してはかなり深いレベルの知識まで学習しておく必要がある[5][6]

初回試験(平成28年度春期)合格率88%であり、情報処理技術者試験のみならず、あらゆる国家試験の中でも異例の非常に高いものであった[7][8]。これは、問題自体が簡単だったというのもあるが、応用情報技術者試験や情報セキュリティスペシャリスト試験(現在の情報処理安全確保支援士試験の前身)、ネットワークスペシャリスト試験等の上位試験の合格者が大量に記念受験したからと言われている。

なお、合格率は回を追うごとに低下しており、平成29年度秋期(4回目の試験)では50.4%であった。平成30年度秋期(6回目の試験)の合格率は46.3%であり、試験区分新設以来、初めて50%未満となった。要因としては、合格確実な実力を持ち合わせた応用情報技術者試験や高度情報処理技術者試験の合格者・受験者の流入が減っていることと、試験開始初期の頃と比べて試験問題が難化していることが考えられる。事実、令和元年度後期の午後試験においては合格点の引き下げも行われた(他の試験も含め合格基準点が引き下げられたのは初)[9]

また、合格者の平均年齢が比較的高いことも特徴であり、初回試験では40.1歳、平成29年度秋期でも37.6歳であった[7]。これは、高度試験の一部の区分(ITストラテジスト試験システム監査技術者試験プロジェクトマネージャ試験)を除けば、情報処理技術者試験の中では合格者の平均年齢が高い区分である。上記の通り、上位試験の合格者が流入してきたことに加え、企業内での経験豊富な者が多く受験したことや、資格予備校講師が今後の出題傾向をつかむために受験したこと等が要因とされる。

情報セキュリティアドミニストレータ試験との違い[編集]

  • 本試験(セキュマネ)は平成20年度(2008年度)秋期まで実施されていた、利用者側のセキュリティ知識・技能を認定する情報セキュリティアドミニストレータ試験(情報セキュアド)の簡易版の後継資格と捉えられることがあるが本試験が一般利用者向けであるのに対し、情報セキュアドは午前・午後ともに情報セキュリティスペシャリスト試験(情報セキュスペ)に統合した専門家向けの資格である。そのため、セキュマネの難易度は情報セキュアドと比較すると範囲も異なり大幅に簡易である。セキュマネは一般的なIT利用者が中長期にわたり学習することなく知りえる常識的な出題がベースとなっており、ある程度の学習量が必要な基本情報技術者試験初級システムアドミニストレータ試験初級シスアド)のセキュリティ分野の出題を追加し組み合わせた内容となっている。そのため開始が決定された際にITSSレベル1とレベル2の中間の位置づけとなると予告されている。そのため、基本情報技術者試験か初級シスアドの合格者なら難なく解答できる出題が多い。全日本情報学習振興協会で実施している情報セキュリティ管理士認定試験と難易度的にも位置付けも近く設定されている。
    • 情報セキュアドは午後科目の解答形式が記述式であり、午後Iおよび午後IIに分かれていた。また、合格するためには午前、午後I、午後IIの3科目すべてで基準点以上を獲得する必要があった。
    • セキュマネは午前も午後もマークシート形式である。午後は1科目のみである。情報セキュアドに存在した午前、午後Ⅰ、午後IIは実質、情報セキュスペに後継している。
    • 情報セキュアドは年1回、秋期のみの実施だったが、セキュスペ、セキュマネは共に基本情報技術者試験などと同じ年2回の実施である。

出題範囲[編集]

情報セキュリティマネジメント試験の出題範囲を更に詳細化し、スキルレベル2の知識・技能の幅と深さを体系的に整理、明確化した「シラバス」(情報処理技術者試験における知識・技能の細目)が策定され、公表されている。

本試験は情報セキュリティに特化した区分であり、情報セキュリティ管理の実践規範、各種対策、情報セキュリティ関連法規などに加えて、ネットワーク、システム監査、経営管理などの関連分野の知識が問われる。

なお本試験では、同じスキルレベル2の基本情報技術者試験とは異なり、コンピュータ科学の基礎理論(離散数学応用数学アルゴリズム等)や開発技術に関する問題は出題されない。

※基本情報技術者試験の出題範囲については、

重点分野[編集]

情報セキュリティ[編集]

情報セキュリティ全般
情報セキュリティ管理
セキュリティ技術評価
情報セキュリティ対策
セキュリティ実装技術

法務[編集]

情報セキュリティ関連法規
知的財産権
労働関連・取引関連法規
その他の法律・ガイドライン・技術者倫理
  • その他の法律・ガイドライン・技術者倫理
標準化関連

関連分野[編集]

テクノロジ
マネジメント
ストラテジ

形式[編集]

午前、午後のそれぞれについて、原則、満点の60%を基準点とし、両方とも基準点以上で合格となる[10]

基本情報技術者試験高度情報処理技術者試験とは異なり、午前試験の免除制度は当試験には存在しない。それ故、受験者全員が午前試験および午後試験を受けなければならない。

午前

試験時間90分四肢択一式マークシート使用)で50問出題され全問解答。

主に重点分野である「セキュリティ」および「法務情報セキュリティ関連法規」に関する問題が中心に出題されるが、「システム構成要素」「ネットワーク」「データベース」「プロジェクトマネジメント」「サービスマネジメント」「システム戦略」「企業活動」も出題範囲の対象である[5]。出題比率としては、セキュリティから30問、法務から6問、その他関連領域から14問出題される。

ただし、基本情報技術者試験とは異なり、コンピュータ科学の基礎理論(離散数学応用数学アルゴリズム等)や開発技術に関する問題は出題されない。基本情報技術者試験との出題範囲の違いについては、以下の早見表を参照のこと。

基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験の出題範囲の違い
分類 基本情報技術者試験でも出題されるが、特に情報セキュリティマネジメント試験では重点分野となる領域 基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験の両方で出題対象となる領域 基本情報技術者試験では出題されるが、情報セキュリティマネジメント試験では対象外となる領域
テクノロジ系
マネジメント系
ストラテジ系
  • 法務(特にセキュリティ関連法規)
  • 経営戦略マネジメント
  • 技術戦略マネジメント
  • ビジネスインダストリ(民生機器、産業機器など)
午後

試験時間90分情報セキュリティマネジメントシステムISMSに関連する中規模の問題(本文とそれに関する複数の設問からなる)が3問出題され、全問解答。

基本情報技術者試験と異なり、プログラミング言語表計算ソフトを含む)に関する知識は問われない。

合格者の特典[編集]

その他[編集]

  • 情報セキュリティマネジメント試験の上位の区分として応用情報技術者試験スキルレベル3)がある。2015年(平成27年)度まではスキルレベル2の区分はシステム開発技術者向けの基本情報技術者試験しかなかったため、基本情報合格後に応用情報へとステップアップするというのが一般的なルートであった(一応念のため書いておくと、制度上は基本情報に合格していなくても、いきなり応用情報を受験することは可能である。)が、2016年(平成28年)度からは当試験(セキュマネ)が新設されたため、セキュマネ合格後に(基本情報を経由せずに)応用情報や情報セキュリティスペシャリスト試験(セキュスペ)へとステップアップするというルートも新たに追加された。基本情報は午後のアルゴリズムとプログラミングが必須問題であり配点も大きいため、これらが苦手な人はセキュマネ合格後にいきなり応用情報を受験することを推奨されている(応用情報の午後はプログラミングが選択問題であり回避することが可能である。)。また、先にセキュマネに合格しておくと、応用情報のセキュリティの問題の対策にもなる。
    • ただし、応用情報の午前ではセキュマネになかった基礎理論や開発技術の問題が出題される上に、午後が記述式になるため、注意を要する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ただし、沿革で示すとおり、九州地区(除:那覇試験地)は、他地域から半年遅れ、2016年度秋期から試験が開始された。
  2. ^ 情報セキュリティマネジメント試験とは
  3. ^ 情報処理技術者試験規則等の一部を改正する省令(平成27年経済産業省令第70号、平成27年10月16日付官報号外第237号所収、Wikisource-logo.svg 原文
  4. ^ 平成28年度春期試験の実施について - 情報処理推進機構ホームページ、2016年4月15日
  5. ^ a b c 試験の形式|情報セキュリティマネジメント試験.com
  6. ^ 資格の難易度|情報セキュリティマネジメント試験.com
  7. ^ a b 統計情報|情報セキュリティマネジメント試験.com
  8. ^ ちなみに、同時期の基本情報技術者試験は合格率30.4%であった(ただし、これでも他の回に比べると非常に高い合格率であり、例年は合格率20%台であることが多い。)。統計情報|基本情報技術者試験.com また、平成28年度上期のITパスポート試験の合格率は48.6%だった。ITパスポートの合格率_その他統計資料|ITパスポート試験.com
  9. ^ 令和元年度秋期情報セキュリティマネジメント試験午後問題の難易差補正について
  10. ^ 2019年度(令和元年度)秋期試験では午後の基準点が満点の46%に引き下げられている(午前は例年通り満点の60%である)。当該回の合格率は47.0%であった。 令和元年度秋期 情報セキュリティマネジメント試験 午後問題の難易差補正について IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 2019年11月30日閲覧
  11. ^ IPA_独立行政法人_情報処理推進機構:情報処理技術者試験:大学活用(入試優遇)
  12. ^ IPA_独立行政法人_情報処理推進機構:情報処理技術者試験:大学活用(単位認定)
  13. ^ ただし、比較的新しい試験なので、ITパスポート試験基本情報技術者試験応用情報技術者試験に比べると活用事例は少ない。
  14. ^ このポイントは、実用英語技能検定英検)2級の7ポイントよりも高い。
  15. ^ ジュニアマイスター顕彰に係わる区分表 平成30年度前期

関連項目[編集]

外部リンク[編集]