リチャード・ラシッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リチャード・ラシッド (Richard Rashid) は、2013年まで、マイクロソフトの上級副社長であり、同社の研究統括責任者(chief research officer)[1]であった。

1979年9月からカーネギーメロン大学において計算機科学の教員として勤務し、分散コンピューティングを基とするネットワークオペレーティングシステム人工知能プログラミング言語など、多数の論文と記事を発表した。その中でも、Machカーネルの成果は高く評価されている。

1991年9月には、マイクロソフトに対して、同社の研究所の設立と、その独立性を約束させ転職した。

1994年に役員に昇進し、2000年には副社長となる。 マイクロソフトに於いても、データ圧縮技術やオペレーティングシステム(特にWindows CE)、文書要約技術など、多くの実績を残している。

参照[編集]

  1. ^ Rick Rashid - Researcher Emeritus