コンピュータの5大装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンピュータの5大装置(コンピュータのごだいそうち)またはコンピュータの5大機能(コンピュータのごだいきのう)とは、コンピュータの主要な装置または機能とされているもので[1]、日本の情報処理技術者試験では入力装置制御装置記憶装置演算装置出力装置とされている。

情報処理技術者試験[編集]

日本情報処理技術者試験では、以下の5種類が正解とされている[2]

  1. 演算装置
  2. 制御装置
  3. 記憶装置
  4. 入力装置
  5. 出力装置

その他[編集]

1945年のジョン・フォン・ノイマンによる報告書The First Draft on the EDVACen:First Draft of a Report on the EDVAC)の第2章 "MAIN SUBDIVISIONS OF THE SYSTEM" は、以下のような構成となっている[3]

  1. 2.2 "First: Central arithmetic part: CA
  2. 2.3 "Second: Central control part: CC"
  3. 2.4 "Third: Various forms if memory required: (a)-(h)" および 2.5 "Third: (Cont.) Memory: M"
  4. 2.6 "CC, CA (together: C), M are together the associative part. Afferent and efferent parts: Input and output, mediating the contact with the outside. Outside recording medium: R"
  5. 2.7 "Fourth: Input: I"
  6. 2.8 "Fifth: Output: O"

また1953年の城憲三・牧之内三郎 共著『計算機械』(共立出版、1953年)の第6章、6.6節の文章中で「2進方式電子計算機」の「構成部分の大別」として、および p. 120 にある第80図「2進方式電子計算機の構成図」の図中には、以下の6部分がある。

  1. 「穿孔機構」(鑽孔テープリーダ)
  2. 「外部記憶回路(低速記憶回路)」(磁気テープなど)
  3. 「内部記憶回路(高速記憶回路)」(主記憶装置およびレジスタ
  4. 「演算回路」
  5. 「制御回路」
  6. 「印刷機構」(プリンター

脚注[編集]

  1. ^ コンピュータの五大装置 - IT用語辞典 e-words
  2. ^ 基本情報技術者試験講座(2):コンピュータの内部を探る - atmartIT
  3. ^ First Draft of a Report on the EDVAC (John von Neumann, 1945) PDF