Excel表計算処理技能認定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Excel表計算処理技能認定試験
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 情報処理表計算ソフトMicrosoft_Excel
試験形式 パソコンを使用した実技試験(すべての級)、CBT(1級、2級)
認定団体 サーティファイ
認定開始年月日 1995年
等級・称号 1級 - 3級
公式サイト http://www.sikaku.gr.jp/ns/el/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

Excel表計算処理技能認定試験(エクセルひょうけいさんしょりぎのうけんてい)は、サーティファイ1995年より実施している民間の検定試験。『Microsoft_Excel』の基本操作からレイアウト関数グラフテーブルマクロに至るまで、Microsoft_Excelの操作や機能に関する知識・技能を評価する。

試験科目、区分[編集]

受験級は、1級、2級、3級の3段階でレベル分けされている。

認定基準
  • 1級:Microsoft_Excelを用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。
  • 2級:Microsoft Excelを用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する実践的な技能を有している。
  • 3級:Microsoft Excelを用いてビジネス社会における簡単なワークシートの作成とデータの入力を行うことができる。同時に、パソコン、表計算、ビジネス図表に関する基礎的な技能を有している。

試験形式[編集]

すべての級で実技試験が実施される。1級および2級ではCBT方式の知識試験も実施される。

知識試験

コンピューター上に表示される多肢選択式の試験問題に解答する。全15問。試験時間は15分。

実技試験

コンピューターに表示される仕様や指示に基づき、ワークシートを作成する。試験時間は1級および2級では90分、3級では60分となる。

合格基準

1級および2級では、知識試験と実技試験の合計得点で得点率70%以上で合格となる。3級では実技試験で得点率70%以上の場合、合格となる。

関連項目[編集]