日本オラクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本オラクル株式会社
Oracle Corporation Japan
ロゴ
種類 株式会社
機関設計 指名委員会等設置会社
市場情報
東証1部 4716
2000年4月28日上場
略称 オラクル
本社所在地 日本の旗 日本
107-0061
東京都港区北青山二丁目5-8
オラクル青山センター
設立 1985年10月15日
業種 情報・通信業
法人番号 4010401078085 ウィキデータを編集
事業内容 オラクル製品の販売および関連サービスの提供
代表者 藤森義明(取締役会長)
三澤智光(執行役社長)
内海寛子(代表執行役)
資本金 248億8840万円
(2020年5月31日時点)
発行済株式総数 1億2818万4271株
(2020年5月31日時点)
売上高 2113億5700万円
(2020年5月期)
営業利益 688億6500万円
(2020年5月期)
純利益 476億8500万円
(2020年5月期)
純資産 1913億6200万円
(2020年5月31日時点)
総資産 2941億3900万円
(2020年5月31日時点)
従業員数 2,504人
(2020年5月31日時点)
決算期 5月末日
主要株主 オラクル・ジャパン・ホールディング・インク 74.7%
主要子会社 子会社なし
関係する人物 佐野力(初代CEO)
外部リンク www.oracle.com/jp/index.html
テンプレートを表示

日本オラクル株式会社(にほんオラクル、: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのクラウドサービス、ソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。1999年2月5日店頭市場へ株式公開、2000年4月28日東証一部上場[1]

主な競合にSAPジャパンセールスフォースドットコム日本マイクロソフトアマゾンウェブサービスなどがある。

企業理念[編集]

同社の企業理念は「私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。」[2]。また、2020年12月に三澤智光が社長に就任し、ビジョンとして「Be a TRUSTED TECHNOLOGY ADVISOR[3]」を掲げている。

事業[編集]

オラクル青山センター

旧来からデータベース管理ソフトに強いとされてきたオラクルだが、近年の本社による買収戦略もあり、データベース管理ソフトの企業から、サーバーやストレージ等のハードウェア、OS、ミドルウェア、アプリケーション等、ラインナップを拡充している。

また、オラクルはカスタマー・エクスペリエンスやERPを中心としたSaaS事業を展開している。さらに、PaaS型サービス「Oracle Cloud Platform」およびIaaS型サービス「Oracle Cloud Infrastructure」の展開について、オラクル本社CEOラリー・エリソンが2014年9月に同社のプライベートイベント「Oracle OpenWorld」で公表している。

2009年1月にはエンジニアド・システムと呼ぶ、ソフトウェアとハードウェアを密に統合した製品の投入を開始。当初はデータベース専用マシン「Exadata」からスタートしたエンジニアド・システムは、ミドルウェア・Javaアプリケーション用の「Exalogic」、BI専用の「Exalytics」、ビッグデータの処理に特化した「Big Data Appliance」、小規模システム向けデータベース専用アプライアンス「Oracle Database Appliance」等、各用途に特化したエンジニアド・システムに加え、SPARCプロセッサーにSolarisを搭載した汎用型エンジニアド・システム「Oracle SuperCluster」と、そのラインナップを広げている。

オフィス[編集]

かつて日本オラクルのオフィスはニューオータニガーデンコートにあったが、2008年9月に北青山の新社屋(オラクル青山センター)へ移転。[4]

主要製品[編集]

過去の製品[編集]

  • Developer/2000英語版
    • Developer/2000 R2.1、Developer/2000 Server R2.1:ビジュアル開発ツールとその実行環境。1998年5月6日に発表[5]

社員犬[編集]

日本オラクルでは、社員を癒し、激励することを主業務とする社員犬を雇用している[6]。3代目社員犬としてオールド・イングリッシュ・シープドッグの「ウェンディ」が就任し、Twitterに「!」(エクスクラメーションマーク1文字)と投稿[7]するなどの活動を行っていたが、2010年7月1日に死去したと報じられた[8]

2010年10月1日に、同じくオールド・イングリッシュ・シープドッグの「キャンディ」が4代目社員犬に就任したが、2021年1月7日に死去したと報じられた。[9]

1代目「サンディ」は契約社員扱いだったが、2代目の「ハイディ」から正式社員として社員番号0番となっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 株式情報”. 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ ミッションステートメント - 日本オラクル公式サイト
  3. ^ 2021年年頭所感”. 2021年1月31日閲覧。
  4. ^ 日本オラクル株式会社 オラクル青山センター(本社) 前編 - 三幸エステート
  5. ^ 「Developer/2000の次版 R2.1は今夏に発売」『日経ソフトウエア(創刊号 1998/7)』第1巻第1号、日経BP、1998年6月24日、 10頁。
  6. ^ 働く社員犬ウェンディに密着!--「あったらいいな」を実現する企業:日本オラクル”. ZDNet (2009年9月15日). 2020年10月5日閲覧。
  7. ^ オラクル社員犬ウェンディちゃんもSun買収にびっくり? Twitterで「!」とつぶやく - ITmedia (2009年4月21日)
  8. ^ オラクルの「社員犬」ウェンディ死去 Twitterでお悔やみ集まる - ITmedia (2010年7月1日)
  9. ^ 社員犬キャンディに関するお知らせ - A blog about Oracle Japan News Portal (2021年1月19日)

関連項目[編集]

Oracle Database
米国Oracle社が開発した関係データベース管理システム (RDBMS)。世界のデータベース市場においてトップシェアを占めている。日本国内においては、海外とは異なり、販売代理店経由による販売が主流。
オラクルマスター
オラクルデータベース技術者の認定資格。同社が主催するオラクル認定試験により取得することができる。

外部リンク[編集]