職業訓練指導員 (情報処理科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

職業訓練指導員 (情報処理科)(しょくぎょうくんれんしどういん)(じょうほうしょりか)は、職業訓練指導員免許のうちの1つ。厚生労働省管轄。

受験資格[編集]

職業訓練指導員免許の受験資格と試験免除を参照。 情報処理科においては、システム監査技術者試験、システムアーキテクト試験、アプリケーションエンジニア試験、ネットワークスペシャリスト試験、応用情報技術者試験、ソフトウェア開発技術者試験、第1種情報処理技術者試験、情報処理システム監査技術者試験、特種情報処理技術者試験、オンライン情報処理技術者試験の各合格者は 実務経験が不要。また、システム監査技術者試験、アプリケーションエンジニア試験、情報処理システム監査技術者試験、特種情報処理技術者試験の各合格者は、「系基礎学科」、「専攻学科」の各試験が免除され、「指導方法」の学科試験と「実技」のみでよい。

試験科目[編集]

学科試験
  1. 指導方法(職業訓練原理、教科指導法、訓練生の心理、生活指導及び職業訓練関係法規)
  2. 関連学科
  • 系基礎学科
    • ソフトウェア(言語理論、プログラム言語、オペレーティングシステム、データベース構造)
    • ハードウェア(情報理論、中央処理装置、周辺装置、コンピュータ・アーキテクチャ)
    • 情報工学(情報科学、情報数学)
    • 経営工学(経営管理、生産管理)
    • 安全衛生(安全管理、衛生管理)
  • 専攻学科
    • システム設計(コード設計、構造設計、画面設計、ファイル設計、モジュール設計、運用設計、データベース設計、プログラム設計)
実技試験
  1. システム設計
  2. プログラム設計