エンベデッドシステムスペシャリスト試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンベデッドシステムスペシャリスト試験
英名 Embedded Systems Specialist Examination
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
分野 情報処理
試験形式 筆記
認定団体 経済産業省
認定開始年月日 2009年(平成21年)
根拠法令 情報処理の促進に関する法律
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/
特記事項 実施はIT人材育成センター国家資格・試験部
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

エンベデッドシステムスペシャリスト試験( - しけん、Embedded Systems Specialist Examination、略号ES)は、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4(スキルレベルは1~4が設定されている。)に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。対象者像は「組み込みシステム開発に関係する広い知識や技能を活用し、最適な組み込みシステム開発基盤の構築や組み込みシステムの設計・構築・製造を主導的に行う者」。

概要[編集]

システムエンジニアの中で、組み込み(エンベデッド)システム開発基盤の構築、設計・製造を主導的に行う者を対象としている 。

本試験の基となったのは、日本情報処理開発協会(現 日本情報経済社会推進協会)が実施していたマイクロコンピュータ応用システム開発技術者(初級・中級)である。この試験は廃止されるまで上級試験が実施されることはなく、エンベデッドシステムスペシャリスト試験の前身である、マイコン応用システムエンジニア試験が事実上の上級試験として位置づけられていたと考えられる。

特殊な領域を扱うためか、本試験は情報処理技術者試験の各区分のなかで年間の受験者数が最も少なくなっている。

試験の難易度[編集]

本試験の合格率は例年10%台であるが、受験者の大部分は既に下位区分の応用情報技術者試験(スキルレベル3)や基本情報技術者試験(スキルレベル2)に合格できる実力を有している場合が多いため、難易度は相対的に高くなっている。試験の水準は非常に高く、日本国内で実施される組み込み(エンベデッド)システムに関する資格試験としては最難関であると言われ、実務経験者でもしっかり対策しなければ合格するのは難しいとされる。

本試験は情報処理技術者試験の一区分として実施されているものの、電子回路電気に関する知識も要求される。計算問題のパターン(種類)が多いため(例えば、モーター回転数を制御する、時間を計算で求める、など)、数学の能力も重要である。

本試験の最大の特徴としては、合格に有効な参考書を入手しにくいことがあげられる[1]
その理由としては、

があげられる。そのため、高校物理の教科書、電子回路電気モーター等の専門書を揃えてやっと合格したという人も少なくない。近年ではIoT領域からの出題が強化されている。

ちなみに、エンベデッドシステムスペシャリスト試験だけでなく、システムアーキテクト試験ITストラテジスト試験でも組み込みシステムに関する内容は出題される。ただし、こちらはあくまで設計者(上流工程)や経営者の立場から見た組み込みシステムに関する内容である。組み込みシステム自体の専門性はエンベデッドシステムスペシャリスト試験が最も要求される。

沿革[編集]

  • 平成8年 (1996年マイコン応用システムエンジニア試験新設、春期から年一回実施。
  • 平成13年(2001年)制度改正によりテクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験と改称及び形式変更。
  • 平成17年(2005年)午前の試験時間延長及び出題数増加。
  • 平成21年(2009年)制度改正により改称及び形式変更。
  • 令和2年(2020年)シラバスが改訂される。具体的には、情報セキュリティ分野や第四次産業革命関連の新技術(AIビッグデータIoTなど)の活用についての内容の出題が強化される(予定)。

試験の形式[編集]

午前I[編集]

試験時間50分。四肢択一式(マークシート使用)で30問出題され全問解答。他の高度情報処理技術者試験と共通のスキルレベル3相当の問題が出題される。満点の60%を基準点とし、基準点以上で午前I試験通過となる。基準点に達しなかった場合は不合格で、午前II・午後I・午後IIは採点されない。

午前II[編集]

試験時間40分。四肢択一式(マークシート使用)で25問出題され全問解答。スキルレベル4かつ重点分野は「コンピュータ構成要素」「ハードウェア」「ソフトウェア」「システム開発技術」であり、コンピュータシステム系統の問題は殆どが重点分野である。スキルレベル3の中で対象は、「システム構成要素」「ネットワーク」「情報セキュリティ」「ソフトウェア開発管理技術」である。満点の60%を基準点とし、基準点以上で午前II試験通過となる。基準点に達しなかった場合は不合格で、午後I・午後IIは採点されない。

2020年度(令和2年度)の試験より、「情報セキュリティ」がスキルレベル4かつ重点分野に引き上げられるほか、「ビジネスインダストリ」がスキルレベル3として出題範囲に追加される予定である[2]。「ビジネスインダストリ」は、民生機器・産業機器などIoT関連知識を含む領域である。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の午前I試験および午前II試験の出題範囲
分類 午前Iと午前IIの両方で出題される領域
特に午前IIではスキルレベル4かつ重点分野
午前Iと午前IIの両方で出題される領域
スキルレベル3
午前Iでのみ出題される領域(午前IIでは対象外)
スキルレベル3
テクノロジ系
マネジメント系
ストラテジ系
  • ビジネスインダストリ(IoT関連領域):2020年度(令和2年度)より午前IIの出題対象に追加。

午後I[編集]

試験時間90分。エンベデッドシステム製品の設計開発に関する中規模の文章題が3問出題され、問1は必須、問2・問3から1問を選択し計2問解答。満点の60%を基準点とし、基準点以上で午後I試験通過となる。基準点に達しなかった場合は不合格で、午後IIは採点されない。

2020年度(令和2年度)の試験より、問1が必須問題ではなくなり、3題中2題を選択する方式に変更になる。また、第四次産業革命関連の新技術(AIビッグデータIoTなど)の活用についての内容の出題が強化される[3]

午後II[編集]

試験時間120分。エンベデッドシステム製品の設計開発に関する大規模の事例解析問題が2問出題されいずれか1問を選択し解答。満点の60%を基準点とし、基準点以上で合格となる。

科目免除[編集]

下記の試験に合格又は基準点を得れば2年間、午前Iの科目免除が受けられる。

  • 応用情報技術者試験に合格すること。
  • いずれかの高度情報処理技術者試験に合格すること。
  • 情報処理安全確保支援士試験に合格すること。
  • いずれかの高度情報処理技術者試験の午前Iに基準点以上を得ること。
  • 情報処理安全確保支援士試験の午前Iに基準点以上を得ること。

合格者の特典[編集]

他資格の受験資格等[編集]

合格者が他の資格等を受験する場合の科目免除又は任用資格(従前のマイコン応用システムエンジニア、テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)を含む)。

その他[編集]

区分 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
マイコン応用システムエンジニア 1,833 231 12.6
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム) 23,082 2,948 12.4

上記の数値は、統計資料の応募者・受験者・合格者の推移表[4]において、本試験に計上されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]