水質関係公害防止管理者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水質関係公害防止管理者(すいしつかんけいこうがいぼうしかんりしゃ)は、公害防止管理者国家資格のうちの1つ。経済産業省環境省管轄。

第一種と第二種と第三種と第四種に分かれ、第一種は水質関係有害物質発生施設で、排出水量が1日当たり1万m3以上の工場に設置されるもの、第二種は水質関係有害物質発生施設で、排出水量が1日当たり1万m3未満の工場又は特定地下浸透水を浸透させている工場に設置されるもの、第三種は水質関係有害物質発生施設以外の汚水等排出施設で、排出水量が1日当たり1万m3以上の工場に設置されるもの、第四種は水質関係有害物質発生施設以外の汚水等排出施設で、排出水量が1日当たり1万m3未満の工場に設置されるもの。

国家試験は年1回実施される(実施は全国産業環境管理協会)。

試験科目[編集]

第1種
  1. 公害総論
  2. 水質概論
  3. 汚水処理特論
  4. 水質有害物質特論
  5. 大規模水質特論
第2種
  1. 公害総論
  2. 水質概論
  3. 汚水処理特論
  4. 水質有害物質特論
第3種
  1. 公害総論
  2. 水質概論
  3. 汚水処理特論
  4. 大規模水質特論
第4種
  1. 公害総論
  2. 水質概論
  3. 汚水処理特論