環境計量士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環境計量士(かんきょうけいりょうし)とは、計量法に基づく、経済産業省所管の国家資格であり、環境に関する濃度騒音並びに振動についての計量結果を証明するのに必要である。毎年1回、通常は年度末頃に筆記試験が行われる。計量士の項も参照のこと。

試験科目[編集]

濃度関係
  1. 環境関係法規及び化学に関する基礎知識
  2. 化学分析概論及び濃度の計量
  3. 計量関係法規
  4. 計量管理概論

  濃度関係の平成20年度合格率は13.2%であった。

騒音・振動関係
  1. 環境関係法規及び物理に関する基礎知識
  2. 音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量
  3. 計量関係法規
  4. 計量管理概論

  騒音・振動関係の平成20年度合格率は17.9%であった。

外部リンク[編集]