スペツナズ・ナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
American Styleのスペツナズナイフ
アメリカで製造された模倣品)

スペツナズ・ナイフは、ソビエト連邦特殊任務部隊スペツナズ)が装備・使用していたといわれる、刀身の射出が可能なナイフである。

ロシア語では、「弾道ナイフロシア語: Баллисти́ческий нож)」、または「発射ナイフвпрыскивание нож)」と呼ばれる[1]

概要[編集]

ソビエト連邦特殊任務部隊、通称"スペツナズ"が装備していたとされるナイフで、柄に内蔵したスプリングの力で刀身を射出することができる特殊武器である。

1980年代西側諸国にこの特殊なナイフの存在が知れ渡った。2000年代になり、SP-4(7.62x41.5mm)消音カートリッジ使用の「NRS ナイフ型消音拳銃」が公開されたことから、用の装備品としては旧式化したと考えられているが、そもそもの実在性についての疑問も多い(後述)。

日本では"スペツナズ・ナイフ"の呼称で有名となったが、アメリカでは主に"バリスティック・ナイフ"(Ballistic knife:"弾道(を描く)ナイフ"の意)と呼ばれ、アメリカの武器規制法規に抵触しないようにスプリングを取り除くなどによって規制を免れ、"Ballistic knife"の他、様々な名称で販売されていた[2]。その特異な構造から、模倣品を自作するマニアも存在している。

構造[編集]

ウクライナザポリージャの武器歴史博物館に展示されている"Russian Style"の弾道ナイフ

外観は、円筒形の柄を持つ中小型の短剣である。刀身は柄に固定されておらず、刀身と同程度の長さのある筒状もしくは棒状の茎(なかご)[3]を持つ。刀身形状はその使用目的上「突き刺さる」ことを重視しているために両刃の直剣形、いわゆる「ダガー」形状となっている。刀身中央部に軽量化のためと思われる複数の中抜穴があるものが多い。

円筒形の鞘は金属製で頑丈に作られており、装着したままでも警棒のように使用できる。中空の柄の内部に強力なスプリングを備えており、鞘に収めた刀身の茎を柄に差し込み、鞘ごと刀身を柄に押し込む(もしくは、鞘に収めた刀身に柄を押し込む)ことによりスプリングを圧縮してにあたる位置に配置されたラッチ(留め金)により固定する。使用時にはラッチを解除するレバー、もしくはボタンを押すことで刀身を前方に射出することができる。

有効射程は5m程度、射出された刀身の飛翔速度は時速60kmほどで、周囲に気付かれぬよう離れた標的を倒したり、近接戦闘時の奇襲手段として有効な武器と考えられている。ただし、刀身を射出した後は使用者の手には柄しか残らないために武器としてはほとんど役に立たなくなり、強力なスプリングを縮める必要があり、また、スプリングも射出時に柄外に飛び出してしまう(圧縮しない状態で柄に収まる程度の長さのスプリングでは刀身を充分な速度で射出することができない)ため、刀身の再装填は迅速にはできず、連続しての使用は困難を極める。

最も有名な形状のものは鍔元にあるロック解除ボタン(トリガー(Trigger:引き金)と呼ばれていることが多い)を柄を握った手の親指で後方に引くように押すタイプ[4]で、この他、発射ボタンではなく刀身の鍔元に横に飛び出た棒状の突起があり、これを柄にあるL字形の溝に引き掛けて固定する、より単純な機構(使用時には引き掛けた棒を横に押すことによってロックを外す)[4]のタイプや、鍔元ではなく柄にレバー式の解除装置がある(柄を強く握りこむ事によって解除される)タイプのものが存在している。暴発を防ぐために安全装置のあるものが多く、ロック解除ボタン後方にセーフティーボタン(これを押し込まなければレバーを引くことができない)があるもの、手榴弾のものに似た安全ピンがある(使用前に引き抜かなければ作動しない)ものや、セーフティーボタンに加えて安全ピンのあるもの、ボタン解除タイプだがボタンの両脇に不用意に触らないようにするためのガードがあるだけでセーフティーボタンがないものなど、発射機構と安全装置には多種類のバリエーションがある。

実在性について[編集]

この「スペツナズナイフ(弾道ナイフ)」は、ソビエト特殊部隊スペツナズ)において使用されるために開発された、とされ、"スペツナズナイフ"の呼称もそこから来ているが、実際にの制式装備品として開発・配備されていたかについては確たる証拠がなく、疑問点も多い。ソビエト崩壊後の各種の情報公開や閲覧が可能になった機密文書といった公的資料には一切この"スペツナズナイフ(弾道ナイフ)"は記載されおらず、軍制式の装備品であるならば必ず存在するはずの制式番号や軍事工業生産品統一番号が発見されていないためである。また、「製造工場である」とされていた"Остблок"なる企業体についても実在していないことが確定している[5]

現在では旧東側圏を含む欧州の地下組織、もしくは犯罪組織が独自に製作した「暗器」であるとの見解が一般的だが、日本を始め「スペツナズの特殊武器」としては現在でも有名で、フィクションには「スペツナズの特殊武器」もしくは「特殊部隊・情報組織の秘密武器」として頻繁に登場する。

法律による規制[編集]

「弾道ナイフ」は、アメリカ合衆国の現行法では違法である。また、英国でも法律による規制の対象である。

日本国内では銃刀法に抵触する可能性が高いとして規制の対象であったが、2003年頃まではスプリングと本体を別にし、「ナイフの部品」として規制を免れ、Yahoo!オークションや雑誌などで販売されていた。2009年以降では改正銃刀法により規制されている「刃渡り5.5cm以上の剣(ダガーナイフなど両側に刃がついた刃物)」に明確に抵触するため、所持・販売は違法となる。

登場作品[編集]

映画・TVドラマ[編集]

LOST
ベンジャミン・ライナスが使用している。
コマンドー
主人公のジョン・メイトリックスが、敵地での戦闘時に使用。
『ザ・スペツナズ』
ソ連軍特殊部隊スペツナズ)を題材にした映画。収録された2作品でボリス・スヴェトロフが使用する。実物と内部構造が異なる。
『樹海戦線』
カナダの森林地帯に侵入した「ヴイソートニキ・チーム」(スペツナズ)が装備。

漫画・アニメ[編集]

GetBackers-奪還屋-
「ACT.5 幻の"ひまわり"を奪り還せ!」にて卍V(まんじファイブ)の1人、赤卍が使用。この武器の特性を長々と解説しながら美堂蛮に向けて刀身を射出するも、あっさりと白刃取りされてしまう。
JESUS 砂塵航路
ヤクザの火野が使用。
パイナップルARMY
グリーンベレーと自称するジョー・ハイツマンが使用。
フルメタル・パニック!
長編「せまるニック・オブ・タイム」にて、レナード・テスタロッサが使用。

ゲーム[編集]

コール オブ デューティシリーズ
CoD:BO
マルチプレイで使用可。
CoD:BO2
キャンペーン、マルチプレイで使用可。作中では「B-ナイフ」という名称で登場。
街 〜運命の交差点〜
高峰隆士シナリオおよび青井則生シナリオにて、黒川が隆士に対して使用。
メタルギアシリーズ
MPO
MPO+

小説・ライトノベル[編集]

アイドル防衛隊ハミングバード
フィーバーガールズの1人、細川れいこが隠し武器として使用。アニメ版『アイドル防衛隊ハミングバード'95風の唄』にも登場する。
征途
ソ連軍特殊部隊スペツナズ隊員、アンドレイ・バラノヴィッチ・コンドラチェンコがベトナム戦争で使用。

脚注[編集]

  1. ^ 現在ではロシア語圏で「発射ナイフ'(впрыскивание нож)」といった場合、"ワスプナイフ"(Wasp Knife)と呼ばれる対策用の特殊なダイバーナイフを指すことが通例である。
  2. ^ 国際出版発行、月刊「GUN」1987年5月号の L・A 支局「ワールド・レポート」にて、通信販売されている状況が紹介されている
  3. ^ 刀身のうち柄に収められる部分、英語では"Tang"(タング(※実際の発音としては"タン"が近い)と呼ぶ
  4. ^ a b 通称として、ボタン解除タイプのものは"American Style"、突起引き掛けタイプのものは"Russian Style"と呼ばれる
  5. ^ そもそも、ロシア語で"Остблок"とは単に「東側(諸国)」あるいは「東欧」という意味である

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

武器マニアが自主製作した“弾道ナイフ”の映像