UAZ-469

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UAZ-469

UAZ-469は、ロシアのウリヤノフスク自動車工場(UAZ)が製造している4×4輪駆動の小型軍用車両である[1]。主にソビエト連邦軍ワルシャワ条約機構加盟国で使用される。

概要[編集]

UAZ-469は、ゴーリキー自動車工場(GAZ)で開発され、後にUAZで生産が行われたGAZ-69の後継車として1971年に開発された。標準仕様では7名の乗員が搭乗可能である[1]仕様(オフロード仕様)のUAZ-469の最低地上高は300mmであったが、民間向け(オンロード仕様)として開発されたUAZ-469Bは最低地上高が220mmに変更されている。UAZ-469Bは民間だけでなく軍でも使用された他、西側向けには「ツンドラ」の名で販売された。

1985年に大規模な近代化改修が行われ、UAZ-469はUAZ-3151に、UAZ-469BはUAZ-31512にそれぞれ名称変更された。UAZ-3151、UAZ-31512は外見こそUAZ-469と変わらないが最高速度が向上しており、ユーザーの意向に応じて各種のガソリンエンジンディーゼルエンジンを選択できる。選択可能なエンジンには、UAZ製のものだけでなく日本トヨタ自動車製のエンジンも含まれる。

ロシア連邦軍向けの生産は2011年時点では継続されていた。民間向けの新規生産は排ガス規制の関係で終了しているが、UAZ-469B、UAZ-31512の改修パッケージとしてUAZ ハンターが提供されている。

ルーフはキャンバストップになっており、取り外してオープントップにしてKPV 14.5mm重機関銃SPG-9無反動砲を1門搭載することも可能である。

信頼性[編集]

UAZ-469は、シンプルな作りのため簡単なメンテナンスや修理が可能であり、東側諸国からの評判は良い。また、北方の極寒の地での運用を考慮して制作されたため、キャビンの気密性が高く、他の寒冷地砂漠などの乾燥地帯でも評価された。

主要諸元 (UAZ-469B)[編集]

  • 全長:4,025m
  • 全幅:1,785m
  • 全高:2,015m
  • ホイールベース:2,380m
  • エンジン:2,450cc 4シリンダー水冷ガソリン
  • 最高速度:100km/h
  • 使用燃料:76-オクタンガソリン
  • 燃料タンク容量:78リットル
  • 航続距離:620km
  • トランスミッション:4速マニュアル、2段シフト4WD
  • Front axle:Live axle with leaf springs, drum brakes
  • Rear axle:Live axle with leaf springs, drum brakes
  • ハブリダクション
  • タイヤサイズ:215 SR 15
  • ホイールサイズ:6Lx15

運用国[編集]

UAZ ハンター。ベトナムホーチミン市

他、多数(約80ヶ国に輸出されている)

登場作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献・出典[編集]

  1. ^ a b UAZ All-Terrain Vehicles: History, Photographs, and Links”. kitoy.ru. 2013年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]