ワルサーWA2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルサーWA2000
Walther WA 2000.JPG
WA2000 改良型
ワルサーWA2000
種類 汎用狙撃銃
製造国 Flag of Germany.svg西ドイツ
設計・製造 ワルサー
仕様
種別 セミオートマチック
口径 7.62mmほか
銃身長 650mm
使用弾薬 .300ウィンチェスターマグナム
.308ウィンチェスター
7.5x55mmスイス
.338ラプアマグナム
装弾数 6発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧作動方式
全長 905mm
重量 6,950g
有効射程 1,000m
歴史
設計年 1970年代
テンプレートを表示

ワルサーWA2000ドイツ語Walther WA 2000)は、ドイツワルサー社のセミオートマチック式の狙撃銃。銃がブルパップ方式のレイアウトになっており、バイポッド銃身の上のフレームに繋がって銃身をぶら下げる構造になっているため、独特のシルエットを持っている。

一般的に自動式の狙撃銃は精度が劣るとされるが、WA2000はボルトアクション方式の狙撃銃並みの命中精度をもち、H&K社のPSG1と同様に高性能な狙撃銃として知られている。

前期型と後期型があり、後期型はフラッシュハイダーが付けられている。

開発経緯[編集]

1972年9月5日に起きた、ミュンヘンオリンピックイスラエル選手がテロリストに襲撃された「ミュンヘンオリンピック事件」にて、西ドイツ当局が犯人の狙撃に失敗。その結果、人質が全員死亡という事態を招いてしまった(詳細はミュンヘンオリンピック事件を参照)。このような事態の再発を防ぐために、当局は高精度なオートマチック式狙撃銃を求め、それに応える形でWA2000は開発された。

しかし、高精度な部品のみを使っているため、当時の価格で1丁約7,000ドルとあまりにも高価になってしまった上、本体だけで7kgの重さがあることから、結局正式採用にはいたらなかった(採用されたのは似たコンセプトのH&K PSG1。ただし、PSG1も本銃と同じく価格が約7,000ドルとされ、重量も8,100gと本銃より重い)。そのためか高性能にもかかわらず注目されることが少なく、1985年-1989年までしか製造されなかった。製造数は一説によれば176丁といわれているが、正確なところは不明である。また、これ以降ワルサー社は自社設計の警察向けライフルを製造していない(M4M16ライセンス生産は継続)。

アイアンウッドデザイン SG2000[編集]

SG2000は、アイアンウッドデザイン社が製造したWA2000そっくりの外装キットである。この外装キットはスターム・ルガー社のルガー10/22専用キットである。

登場作品[編集]

関連項目[編集]