環太平洋戦争 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環太平洋戦争』(かんたいへいようせんそう)は、大石英司の小説。「サイレント・コアシリーズ」の1作で全5巻、続編の『アジア覇権戦争』(あじあはけんせんそう)全5巻と合わせると全10巻。新書版は中央公論新社から、文庫版は徳間書店から発行されている。

登場する兵器などは基本的に執筆当時現役であったものだが、一部架空兵器も登場している。

環太平洋戦争
東南アジア各地で頻発する地域紛争の陰にはCIAの暗躍があった。安保常任理事国となった日本は自衛隊をPKO/PKFとして各地に派遣し、ある国では政府軍と、またある国では反政府武装勢力と干戈を交える。1・2巻はボルネオ海カンボジア、3・4巻は東チモール、5巻はブルネイが舞台。
  1. 発火する(バーニング・エリア)アジア
    ノベルズ版:1994年9月、文庫版:1997年7月
  2. ルビーの泪
    ノベルズ版:1994年11月、文庫版:1997年8月
  3. 神々の島
    ノベルズ版:1995年2月、文庫版:1997年9月
  4. 資源は眠る
    ノベルズ版:1995年3月、文庫版:1997年10月
  5. 南沙の鳴動
    ノベルズ版:1995年6月、文庫版:1997年11月
アジア覇権戦争
ブルネイでの動乱から2ヶ月後、中国は国内の諸問題を解決するため対外強硬策に出る。周辺諸国は当然ながらそれに反発し、自衛隊も中国軍との交戦を余儀なくされていく。1・2巻は南沙諸島、3-5巻は台湾海峡金門島が舞台。
  1. 南沙争奪
    ノベルズ版:1995年11月、文庫版:1998年2月
  2. 深海の覇者
    ノベルズ版:1996年2月、文庫版:1998年4月
  3. 巨象の鼓動
    ノベルズ版:1996年5月、文庫版:1998年6月
  4. 二匹の昇龍
    ノベルズ版:1996年6月、文庫版:1998年8月
  5. 覇権の果てに
    ノベルズ版:1996年7月、文庫版:1998年11月