M163対空自走砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M163対空自走砲
M163 VADS.JPEG
基礎データ
全長 4,86m
全幅 2,86m
全高 2,92m
重量 12,5t
装甲・武装
装甲 29-45mm
主武装 M168 20mm機関砲×1
機動力
速度 64km/h
エンジン ゼネラルモーターズ 6V53
2ストロークV型6気筒液冷ディーゼル
212hp(158kW)
行動距離 480km
テンプレートを表示

M163対空自走砲(M163 Vulcan Air Defense System、略称:VADS)は、1960年代にアメリカ合衆国で開発された自走式対空砲である。

設計[編集]

VADSM113装甲兵員輸送車に搭載して自走式対空砲にした車両である。そのため、対空レーダーM168 20mm機関砲射撃管制装置追尾レーダーのみ装備し、捜索レーダーは装備しない。

運用[編集]

M163は、同じくM113をベースにしたMIM-72 チャパラル地対空ミサイルシステムと併用して運用されてきた。

後継となる筈だったM247サージェント・ヨークが量産配備されなかったため、M163がその後のアメリカ陸軍における唯一の自走式対空砲になっている。しかし湾岸戦争でも見られるように、現在のアメリカ軍は圧倒的な制空戦力で制空権を確保してから地上戦力を投入しており、さらに、低空域目標に対する対空戦闘そのものが、軽便なスティンガーミサイルアベンジャーシステムの役割となっているため、本車のような自走式対空砲が活躍することはあまりなく、そのため後継の自走対空車両は開発されていない。1989年のパナマ侵攻においては、M163は対空戦闘ではなく地上部隊を支援する目的で派遣された。アメリカ軍においてM163が最後に実戦投入されたのは1991年の湾岸戦争である。

イスラエル国防軍はM163を導入し、1982年のレバノン侵攻作戦においてシリア空軍英語版MiG-21の撃墜を記録している他、レバノン南部でのPLOの拠点制圧に水平射撃で威力を発揮した。1990年代にはIAIにより4連装のスティンガー地対空ミサイルランチャーを追加装備した"M163 Machbet"に独自改修されている。

採用国[編集]

M163対空自走砲採用国(青色が現役国、赤色が退役国)

現役国[編集]

退役国[編集]

画像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]