ショレフ 155mm自走榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショレフ 155mm自走榴弾砲
Sholef-beyt-hatotchan-2.jpg
種類 自走榴弾砲
原開発国 イスラエルの旗 イスラエル
開発史
開発期間 1980年代
製造業者 IMI/ソルタム
製造期間 1984年、1986年
製造数 2両のみ試作[1][2]
諸元
重量 45 t[1][2]
全長 13.5 m[1]
全幅 3.72 m[1]
全高 3.49 m[1]
要員数 4名[1][2]

仰角 -5°- +70°
発射速度 毎分9発、初発3発は15秒。
最大射程 40km (ERFB BB)

主兵装 52口径155mm榴弾砲
エンジン コンチネンタル AVDS 9AR 1790 ディーゼル[1]
変速機 ホルストマン方式
行動距離 500 km[1]
速度 60 km/h[1]
テンプレートを表示

ショレフ 155mm自走榴弾砲 (Sholef 155mm Self-Propelled Howitzer) は、イスラエルイスラエル・ミリタリー・インダストリーズ (IMI)およびソルタム・システムズが1980年代に開発した自走榴弾砲である[1][2]

IMIによって自国開発されたメルカバ Mk.I戦車の車体に密閉式の砲塔を搭載しソルタム製の52口径155mm榴弾砲を装備した自走砲で、1984年・1986年に計2両が試作されたが量産には至らなかった[1]

名称の"Sholef"はヘブライ語で、英語の"Slammer (Gunfighter)"に相当する語である[1]

概要[編集]

ショレフのベースとなったメルカバMk.Iは、車体前方にエンジンを搭載し後方に戦闘区画を設けるという、他の多くの主力戦車とは異なった特徴を持っている。一方こういった構造は多くの自走砲で広く採用されている。こういった背景もありショレフの車体はベースのメルカバMk.I戦車と構造的にほとんど同じで、これはより多くの部品や整備の互換性を持つことを意味する[1]

ショレフは停止状態から15秒後には発射可能な状態に移行する事が可能で、また15秒間に3発、1分間に9発の連続射撃が可能である[1]。主砲はソルタムM71 155mm榴弾砲をベースに改良されたもので、NATOで標準使用される155mm砲弾を発射可能である。ERFB BB弾を使用した場合、40kmの射程距離を持つ[1][2]。ショレフは75発の砲弾を搭載可能で、うち60発は即使用できる状態になっている[1][2]。車両の移動時には通常トラベリングロックにより主砲を固定するが、主砲にはスタビライザーが装備されており、移動中の直接射撃も可能となっている[1]

車体部分の防御力はベースのメルカバ戦車と同等の強固なもので、砲塔部分は重機関銃の攻撃や砲弾の爆風などに耐えられる設計となっている[1]

このほか、標準的な装備として自動装填装置、与圧式NBC防護装置などを持つ[1][2]

ショレフは性能的には優秀な自走砲であったがイスラエル国防軍は結局本車を採用せず、アメリカ製のM109 155mm自走榴弾砲の改良 (M109A2 "Rochev" から M109A5 "Doher" への改修)を行いこちらの運用を継続している。

ショレフの試作車両はイスラエル砲兵隊博物館に展示されている。

画像[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]