サンドイッチ装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラトルン戦車博物館に展示される、
サンドイッチ装甲車の一種

サンドイッチ装甲車Sandwich Armored Car)は、イスラエル国防軍が、イスラエル独立戦争(第一次中東戦争)で使用した、トラックなどを改造して製作した即製戦闘車両英語版の総称である。サンドイッチ装甲トラックSandwich Armored Truck)などと呼ばれる事もある。また、単に、即製装甲車Improvised Armoured Car)と呼称される事もある。

概要[編集]

アラブ人勢力の襲撃で破壊された、ユダヤ人勢力の車両(ハダサー医療従事者虐殺事件

1948年、パレスチナ地域で、ユダヤ人によるイスラエル独立の気運が高まると、周辺アラブ系住民、アラブ国家との対立が激しくなり、アラブ人勢力によるユダヤ人の輸送トラック襲撃が発生するようになった。こういった紛争から輸送コンボイを防衛するため、ユダヤ人の軍事組織であるハガナーが、輸送用トラックを改造した装甲車両を製作した。

当初、第二次世界大戦時にアメリカ軍イギリス軍で使用されていたトラックやジープダッジ ウェポンキャリアのような非装甲の車両に、鋼鉄製の装甲板を装着する方法で製作されたが、充分な防御力を持たせようとして厚い装甲板を取り付けると、自重が増して、機動力が著しく悪化するという問題が発生した。そこで、2枚の薄い鋼板の間に、ベニヤ板のような材料を挟み、中空装甲として、軽さと防御力を両立する案が採られた。そして、2枚の鋼板で木材などをサンドイッチした装甲板を使った、というところから、サンドイッチ装甲車と呼ばれるようになった。これらの装甲車の中には、上面から手榴弾などを投げ込まれる事を防ぎつつ、重量を増やさないために、装甲車の天板に装甲板ではなく、開閉式の金網を装着する例も見られた。そして、金網を上に開けて、装甲車の内部から外に向かって銃撃が行える機構を持たせていた。この、金網を上に開けた状態が""のように見えることから、バタフライ装甲車Butterfly Armored carButterfly Armored Truck)と呼ばれる事もある。

また、イスラエル軍は第一次中東戦争当時、M3スカウトカーM5ハーフトラックのような装甲車も入手し、サンドイッチ装甲車と同様に、ドイツ製のMG34機関銃を装備した装甲銃塔を装着するなど独自改修を行い使用したが、これらの車両も、まとめてサンドイッチ装甲車として扱われる事もある。つまり、元々の「中空装甲を装着したトラック改造の装甲車」という意味だけでなく、「第一次中東戦争でイスラエル軍が使用した改造装甲車」全体の総称(代名詞)としての意味も持つ名称となっている。

バリエーション[編集]

サンドイッチ装甲車は基本的に現地改修車両のため、様々なバリエーションが存在する。多くはイギリス製、アメリカ製の軍用トラックもしくは装輪装甲車からの改造である。

CMPトラック改造車両[編集]

イギリス連邦カナダ)製のCMPトラックに装甲板を装着した車両。天井部は金網で、"バタフライ"構造になっている。

M3スカウトカー改造車両[編集]

アメリカ製のM3スカウトカーに天井装甲板を装着し、装甲銃塔を搭載、MG34機関銃で武装した車両。

ダッジ ウェポンキャリア改造車両[編集]

アメリカ製のダッジ ウェポンキャリアを改造した車両。「ダッジ バンビ」(Dodge Bambi)と呼ばれる事もある。装甲銃塔を搭載し、MG34機関銃で武装している。

アメリカ製トラック改造車両[編集]

アメリカ製の軍用トラックを改造したと見られる車両。天井部の一部は金網で、"バタフライ"構造になっている。

サンドイッチ装甲バス[編集]

サンドイッチ装甲車は主に第一次中東戦争での戦闘やコンボイの護衛で使用されたが、民間人の通勤、通学の安全を守るための装甲バスタイプの車両も製作され、使用されていた。これらの車両はサンドイッチ装甲バスSandwich Armored Bus)と呼ばれ、主に、スコプス山にあるヘブライ大学およびハダサー病院への職員、患者などの移動に使用されていたと見られる。1949年の独立戦争後も、しばらくの間、スコプス山周辺はイスラエル支配地域から切り離された状態にあり、移動は極めて危険であったため、これらの車両は、長ければ、スコプス山が完全にイスラエル支配地域となった1967年頃まで使用されていた可能性がある。

参考文献[編集]

  • Gannon, Tom. Israeli Halftracks Volume One 2009; Barbarossa Books. ISBN 978-1-84768-001-3.
  • 月刊グランドパワー No.131 2005年4月号,シリーズ中東戦争 第一回, ガリレオ出版
  • 月刊PANZER臨時増刊 ウォーマシン・レポート 35 イスラエル陸軍のAFV 1948~2014 , アルゴノート社
  • 月刊PANZER臨時増刊 ウォーマシン・レポート 36 イスラエル-アラブ戦争 独立戦争からレバノン紛争まで , アルゴノート社

関連項目[編集]

  • 第一次中東戦争
  • ラトルン戦車博物館 - イスラエルの戦車博物館。サンドイッチ装甲車をはじめ多数の軍用車、装甲戦闘車両が展示されている。
  • イスラエル国防軍歴史博物館 - イスラエルの戦車博物館。サンドイッチ装甲車の他、第一次中東戦争で使用された即製武器なども多く展示。
  • MG34機関銃 - 第一次中東戦争でイスラエル軍に多用されたドイツ製の機関銃で、サンドイッチ装甲車にも装備された。
  • ジープ - 第一次中東戦争で、サンドイッチ装甲車と共に多用された軍用車両。MG34で武装された例も多い。
  • M3ハーフトラック - 第一次中東戦争で、サンドイッチ装甲車と共に多用された軍用車両。一部は銃塔を装備するなど改造された。
  • ガントラック - サンドイッチ装甲車と似たコンセプトの戦闘車両。軍用トラックに装甲、武器を搭載。
  • テクニカル - サンドイッチ装甲車と似たコンセプトの戦闘車両。民間車両に武器を搭載。
  • C15TA装甲トラック - サンドイッチ装甲車と類似する、CMPトラックがベースの装甲車。
  • オッター軽偵察車 - サンドイッチ装甲車と類似する、CMPトラックがベースの装甲車。
  • クブシュ - 民間トラック改造の即製装甲車。第二次世界大戦中、ポーランドで製造された。

外部リンク[編集]