装甲バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

装甲バス(そうこうバス)とは通常、小火器即席爆発装置から乗客を守るために防護を強化したバスの一種である。


概要[編集]

装甲バスには防弾ガラスなどの装甲を施した商用、民間用バスや、特別に作られた軍用装甲バスなどがある。囚人護送英語版には軽装甲バスが使われる。

LGOC Bタイプ英語版というバスは第一次世界大戦にて、戦線の後方で軍隊を輸送するために厚さ2インチ (51 mm)の厚板を使用して防護を強化していた[1]

1930年台のパレスチナ地域では、ユダヤ人がアラブ人武装勢力の攻撃から身を守る目的で、装甲バスを使用していた。1948年にイスラエルが独立した後も、スコプス山のヘブライ大学など、アラブ系勢力の支配地域に近い所への民間人の通勤・通学の為、1960年台頃まで、アメリカ製の軍用トラックなどを改造したサンドイッチ装甲バスが使用されていた。現在も、一部のスクールバスなどで、装甲化された車両が使用されている。

トルコのバス製造会社であるテム・サは世界で初めて、商品としての装甲輸送バスを開発した[要出典]。そのバスは第9回国際防衛見本市(IDEF'09)で展示されており、またドイツにて爆弾と複数の口径を使用した弾薬を使ったテストを受けている。

脚注[編集]

  1. ^ Livesey, Jack (2007), Armoured Fighting Vehicles of Would Wars I and II, Southwater, pp. p.84, ISBN 9781844763702 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、装甲バスに関するカテゴリがあります。