Nimda Shoet装輪装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nimda Shoet装輪装甲車
Shoet-latrun-2.jpg
基礎データ
全長 6.64m
全幅 2.20m
全高 2.08m
重量 9,700kg
乗員数 12名
乗員配置 クルー2名 + 搭乗兵士10名
装甲・武装
装甲 8mmから14mm
主武装 M2重機関銃×1
副武装 7.62mm機関銃×4
機動力
整地速度 90 km/h
エンジン GMC 6気筒 V-53 ディーゼル
172 hp/ 128 kW
懸架・駆動 リーフスプリング式、6輪駆動
行動距離 400 km
テンプレートを表示

Nimda Shoet装甲車は、イスラエルで開発・試作された装輪装甲車である。

概要[編集]

Nimda Shoet 装甲車は、アチザリット歩兵突撃輸送車の開発で知られる、イスラエルのNIMDA社によって開発された、6輪駆動、オープントップの装輪装甲車装甲兵員輸送車)である。イスラエル国防軍による評価試験を受け、試作車が生産されたが、量産には至らなかった。

Nimda Shoet のデザインは、ソビエト連邦製の装輪装甲車である、4輪のBTR-40、および6輪のBTR-152に強い類似性を感じさせるものとなっている。BTR-40、BTR-152はシリア軍エジプト軍など、イスラエルの周辺のアラブ諸国で運用されており、イスラエル軍でも鹵獲して使用していた。Nimda Shoetは、ちょうど、BTR-40を6輪化したようなデザインになっている。つまり、各部分のデザインはBTR-40に類似し、全体のシルエットはBTR-152のそれに類似している。

Nimda Shoet は、8~14mmの装甲で防御されている。車体上には1廷のM2重機関銃および4廷の7.62mm機関銃(M1919もしくはFN MAG)を装備し、兵員の輸送だけでなく、接近戦に対応出来る様になっている。

Nimda Shoet の試作車は、2015年現在も、イスラエルのラトルン戦車博物館に展示されている。

画像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]