C15TA装甲トラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C15TA装甲トラック
COLLECTIE TROPENMUSEUM Militair sleutelt aan een pantservoertuig TMnr 10029126.jpg
性能諸元
全長 4.75 m
全幅 2.34 m
全高 2.31 m
重量 4.5 t
懸架方式 四輪駆動 板バネ式
速度 65 km/h
装甲 14-6mm
エンジン GMC 6気筒ガソリンエンジン
100 hp
乗員 2名、8名輸送可能
948輌生産
テンプレートを表示
画像外部リンク
Photo of the armoured truck[1]
Contemporary photo during its use in WWII[2]

C15TA装甲トラックは、第二次世界大戦中にカナダで生産された装輪装甲車である。

概要[編集]

C15TA装甲トラックは、アメリカ軍が使用したM3スカウトカーの開発コンセプトに属し、ゼネラルモーターズ・カナダで開発された。この車輛はシボレーのC15 CMPトラックの車体を利用している。1943年から1945年の間にオンタリオのオシャワで3,961輌が生産された。車体の装甲はハミルトン橋梁会社が生産、供給した。

C15TAは、北西ヨーロッパイギリス軍カナダ軍の部隊で、装甲兵員輸送車や救急車として使用された。戦争終結後、大半の車両はヨーロッパに残され、後にベルギーデンマーク(M6 Mosegrisと改称された)、オランダ(約396輌が供給された)、ノルウェーなどのヨーロッパの国々の陸軍に使用された。さらに、約150輌がカナダからスペインに売却された。イギリス軍によってベトナムに残された車輛はフランスが購入し、フランス領インドシナで使用された上、南ベトナム軍に譲渡された。多数のC15TAがマラヤ連邦の警察部隊に使用された。1955年ポルトガルはいくつかの車両を手に入れ、1961年に勃発したアフリカ戦争で用いられた車両はグラナデイロス(擲弾兵)として知られた。

少数の車輛は1960年代まで軍務に従事した。

出典と脚注[編集]

  • И. Мощанский - Бронетанковая техника Великобритании 1939-1945 часть 2, Моделист-Конструктор, Бронеколлекция 1999-02 (I. Moschanskiy - Armored vehicles of the Great Britain 1939-1945 part 2, Modelist-Konstruktor, Bronekollektsiya 1999-02)

外部リンク[編集]